08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.04.26 *Mon*

お土産 (後)


『HOLIDAY in Kobe 「動物園」編 』の番外編です。

「お土産(前)」を読んで不快に思われなかった方のみ、よろしくお願いします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「そうだ、モトちゃん、これも見て」

「へ?」

興奮するあたしを気にもせず、琴子はからっとした顔で鞄からデジカメをおもむろに出してあたしに渡す。

「動物園での入江くんをいろいろ撮ってみたの」

「ええーーーっ!?そ、そんなレアなものあるなら、さっさと出しなさいよーーーっ!」

まだまだ、こんなものがあったなんてーーーーっ!?
あたしは、きぃーーーっとテンションがあがり、琴子からデジカメを奪い取った。


「・・・・なにこれっ!!」

「珍百景でしょ?ふふ」


こ、こんなの見たことない・・・・。

デジカメに写るっているのは、膝元に何かかわいらしい小動物を乗せている入江さんの写真。
レアだわ!レア!

あれ?あれ?あれ?
・・・・でもなんだろう・・・?
このデジャブ―のような感覚・・・。
こんなレアな入江さんの姿を見たことないのに、どこかあたしの脳内で、こんな入江さんを見たことあるような感覚?

かわいい小動物を抱っこしているにもかかわらず、なぜかぴりぴりしている表情をしている入江さん。
でもこれって・・・、琴子が呆れたことをして、入江さんが一瞬言葉を失いぷるぷると眉間に皺を寄せているという、斗南でよく見かけた光景ともしかしたらデジャブーしてるのかしら・・・?
というと、この入江さんの膝の上に乗ったかわいい小動物は、まるで琴子ってこと・・・?
だから、変なデジャブーを感じるの?

ううーーーーー、こんな哲学みたいなことは、あたしにはよくわかんない。
でも、手は意識とか関係なしに、デジカメの次の写真にコマを進めてしまう。

うわっ!
これもまた珍しいっ!!
かわいい小動物を膝に乗せて、隣の幼稚園児らしき女の子と優しい顔で談笑している入江さん!!
やだ~~~、なんて素敵なの~~~!入江さんの笑顔!入江さんの笑顔よ!!
もう、この女児がうらやましいったらありゃしないわ!!
・・・と思ったら、今度はその女児にひきつった作り笑いなんてしている入江さん・・・作り笑顔なんて・・・入江さんがこんな大人げない・・・レ、レアな写真ね・・・。
で、でも・・・これも見ようによっては、入江さんが琴子に見せる様子にもやっぱりどこか似ているような・・・。


なんだかおかしなデジャブーを感じながらも、また次の写真にコマを進める。
次に。
次に。
次に。


「・・・・って!!これ、いったい何枚あるのよーーー!?」

何度コマを進めても、出てくるのは入江さんが小動物を抱っこした写真ばかり!!

「入江くんとモルモットの写真、108枚も撮ったのよ~」

「108枚~~!?そ、そんなに撮って、なんで全部こんな同じ構図、同じ角度なのよ!?アップやロングさえないじゃない~!」

「だって滅多とない入江くんの写真だから・・・つい興奮しちゃって、そんなことあまり考えてなかったんだもん・・・」

「しかも、他にはないの?他の場所で撮った写真は?入江さんの部屋の写真は?」

「・・・なんだか、それはついカメラのこと忘れてて・・・これだけなの・・・」

「・・・・・・」


もう、この子ったら!!
本当に抜けているというか、なんというか、はっきり言うと、おバカーーーー!!

それでもこの108枚の写真は入江さんファンのあたしにとってはかなりの貴重な代物。
もう一度パパパとコメを進めて、その写真をガン見する。
一見あまり変化のない写真だけど、その108枚にも及ぶ写真はやはり琴子が撮ったものだろうか、いや琴子といるからだろうと思うけど、本当に微妙に全部の入江さんの顔が違うことに気づく。
あたしたちとだけいたら、入江さんってせいぜい数種類くらいの表情しかしてくれないんだけど、なぜか琴子といると入江さんってこんな108枚ものバリエーションのきいた表情をしてくれる。


「ああああーーーーー!!いいこと考えたーーーーっ!!」

その108枚ものバリエーションのきいた入江さんの顔を見て、あたしは思わずあることを閃いて、おっさんみたいな声で雄叫びをあげた。

「な、な、なにーー?モトちゃん、急に大きな声でびっくりするよー」

「琴子!このカメラ一日貸して!これであたし、いいもの作ってきてあげるから」

「いいもの?」

「入江さんの顔の日めくりカレンダー作ってあげる~!」

「日めくりカレンダー?」

そうよ。
日めくりカレンダー。
毎日毎日、少しずつ違う顔の入江さんで、日めくりカレンダーよ。
しかも、この写真108枚!!
あたしたちの国家試験合格発表の日までの日にちと、全く同じ!!
あたしは毎日、ダイアリーに国家試験合格発表日までをカウントしてるから、間違いないわ!!
このカレンダーを毎日毎日めくっていって、そして全部めくりあげると、そこには国家試験合格発表日。
あたしたちが、はれて看護師になれるまで、この入江さんの日めくり写真カレンダーが毎日支えてくれるっていうアイデアよ!!

きっとこれからの108日は、この笑顔の入江さんや、ひきつった顔の入江さん、苦悶するような顔の入江さん、怒った顔の入江さん・・・・まるであたしたちの茨のような道を表してくれてるかのような、それに連れ添ってくれてるような入江さん・・・。

ぐずっ・・・。
きっと、この入江さん日めくりカレンダーが、あたしたちをあたしたちをきっと厳しい合格への道へと導いてくれるような気がする・・・・。


「モ、モトちゃん・・・・・」

「こ、琴子・・・・」

いつの間にか、入江さん日めくりカレンダーの話をしていたら、あたしも琴子もついつい感極まって、涙を流していた。


「あたし・・・このカレンダーがあれば、絶対合格できるような気がしてきた」

「琴子、あたしもよ」

「モトちゃん」

「琴子」

「モトちゃん、ありがとーーーー」


そう言って、琴子があたしに思い切り抱きついてきた。
えええーーーー、それはどうなの?
やっぱ、入江さんの手前、抱きつくのはダメなんでは・・・、あ、いや、入江さんは今は神戸か・・・でもでもでも・・・なんかこの写真見たばかりだから、どこかで入江さんが見ていそうで、あたしなんだか・・・。

琴子のやわらかい身体は女の子特有のとっても気持ちいいもので、あたしも安心するもの。
だけど、どうしても、入江さんの顔がちらついて、あたしはぐぐっと琴子を抱きしめられない。
ついつい、腰がひけて、背中が背中が・・・後ろへ後ろへと反ってしまう・・・ううう・・・こ、琴子、あんた、意外と重たいんだけど・・・・。


「こ、琴子・・・・重い、重いから、ちょっと~」

「モトちゃん・・・あああああーーーー、きゃああああーーーーー」

「ひゃああああああーーーー」


とうとう反ってる背中が限界になって、あたしは琴子の重みに耐えられず、イスから落ちてしまった。

どすーーーん。
ガシャーーーン。

二人の身体が床にぶつかり合う音と、イスがひっくり返って出す音が同時に食堂に響く。


「いたい~~~・・・」

「もう、琴子!あんた、体重かけすぎよ!あいたたたた・・・もう!腰がおかしくなっちゃったわよー」

「ご、ごめん・・・・モトちゃん大丈夫?」

「あんたこそ、大丈夫な・・・・の・・・・・・ひぃ!!!!」

「うん、あたしは大丈夫」

「こ、琴子っ!!」

「へ?」

「ス、スカート!!」

「ええ?・・・・きゃ、きゃああああああーーーー///!!」


食堂中に琴子の悲鳴が響き渡る。
なんと琴子は、ひっくり返った時にナース服のスカート部分がめくりあがって、見るも露わな格好になっていた。
琴子も慌てて、めくり上がったスカートを下ろして、そしてすぐに立ち上がった。


「モ・・、モトちゃん・・・あたし・・・見えてた・・・///?」

顔を赤くして琴子があたしの耳元に聞いてくる。

「だ、大丈夫よ。なんとかパンツまでは見えてなかったから」

「そ、そう・・・よかった」

ちょっと安堵の表情をする琴子。
ホント、こんな光景をもし入江さんに見られたら!!?

・・・・間違いなく、あたしは半殺しよね・・・。
琴子に抱きつかれたあげく、一緒にそのまま倒れて・・・、そして琴子のスカートはパンツ見える寸前までめくりあがり・・・。
あああ、もう、考えただけで恐怖!!


い、入江さんが、神戸でよかったーーーーーーーっ!!


「モ、モトちゃん、あたし、昼からまた実習なんで、そのカメラ預けるから、日めくりカレンダーよろしくね」

「も、もちろん」

「できたら、入江くんにも送るから」

「ダ、ダメよ!!ダメ!!」

「なんで?」

「こ、これは合格祈願の秘密のお守りみたいなもんなんだから・・・・入江さんに話したら・・・、御利益半減になっちゃうわよ・・・」

あたしは思わず、適当なことを琴子に向かって言ってしまう。
ちょっと琴子の目は見ることできないけど、入江さんにこんなもの送ったら、元のカメラや取り込んだパソコンごと没収されるの目に見えてるわよ!
妻の琴子がそれに気づいてないのが、不思議でしかたないけど。
まあ、こんな琴子だからこそ、こんな108枚に渡るさまざまな表情の入江さんの写真を撮れたんでしょうけどね?


「うん、わかった。でも何部かちょうだいね。お義母さんとかにもあげたいし。じゃあ、モトちゃん、あたし行くね。バイバイ」

琴子が荷物を持って、食堂から出て行く。

「バイバイ。また終わったら一緒に真理奈たちと帰りましょう」


さて・・・と。
あたしも、昼からの実習がんばろうっと!



・・・・・なんて・・・。
もう、あたし午後からは集中して何もかもできないかもしれない・・・。
だって・・・。
だって・・・。


あ、あんな強烈なものが・・・あんなところに・・・・仕込まれてたなんて~~~~~っ!!


入江さーーん!!
さっき転んだ時見えた、琴子の内腿にあった無数の赤い花びらは、いったいなんなんですかーーーーーっ///!?



きゃああああ。
もう、ダメ。ダメ。
夏より強烈すぎる~~~~///。
「動物園」「肉食動物」「ポイント」「充電」「内腿の赤い花びら」・・・もう、もう、なんだか今!!
すべてがつながったような気がするんですけどーーーーーーーっ!!
もう、それはそれは・・・あたしの脳内では、想像を絶する変態プレイなんですけどーーーーっ!!?


はあはあはあ。

それでも昼からの実習が始まるから、あたしも荷物をもって、息を荒げながらよたよたとふらつき、教室の方へとなんとか向かおうとする。
途中何度も足がもつれて、膝をついてしまう・・・。
そしてなんだか、浮遊感がずっとあるんですけど・・・。
目的の教室に・・・あたし・・・辿り着けるのかしら・・・。

午後から介護実習なのに、このままだと人を介護するどころか、あたしが要介護になりかねないじゃないーーーっ!?


はあはあはあ。

でも、でも、でも・・・・。


入江さ~~ん、今回も、素敵なお土産ありがとうございま~~~す!!!




**********

いや、モトちゃん・・・直樹は別にモトちゃんにお土産をくれたわけでは・・・・(^_^;)

ここまでこのバカバカしいお話を読んでくださってありがとうございます。
実はこの後に、「超おまけ」として「お土産 直樹編」(=超ショート話)を付け足していたのですが・・・、それがこれ以上にバカバカしくて、さらに下品!!直樹のイメージ悪い!!
・・・ということで、思わず切り取りました。

でも、これもまたせっかく書いたことだし(^_^;)、夜中にコソッと別記事としてUPしておきます。

COMMENT

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by
2010/04/26(月) 23:05 [Edit
ふともも
chan-BBさん、こんにちは。
後編、とっても面白かったです!!
今回も完全、モトちゃん気分で。カメラを操る所なんてもう…自分がその写真を見ている錯覚に陥ってました。カレンダー、私も欲しい。
あと、モトちゃんは本当、このお話のとおりパソコンとかに詳しそう…きっとチャチャッと短時間でカレンダーも制作したんでしょうね。
それにしても…それを入江くんに送っちゃう琴子ちゃんが(笑)さすがの入江くんも自分カレンダーは驚いたことでしょう(笑)
そして、途中まで私も「モトちゃんへのお土産~』と思っていたので…太ももにはやられました!!
いや~そう来たか!!と思わず膝叩いてました。
すごいです!!話の展開が…面白すぎる!!
あと、動物園のお話で「なんだか、肉食動物さんがやさしいね」のセリフ、これ、本当に琴子ちゃんが口にしそうだなあと思いました。
本当、chan-BBさんの書かれるお話はリアルに原作の絵が浮かびます♪原作からみんなが抜け出してきたみたい♪
また遊びに来させて下さい^^長々と失礼しました!!
by 水玉
2010/04/27(火) 15:27 [Edit
コメントありがとうございます(*^_^*)
りきまるさま

こんにちは。モトちゃん、粘り勝ちで、なんとかお土産メッセージ解読できました(^^;)しかし、ホント・・・直樹は琴子がそんな捜査の対象になってるなんて思ってもみないと思うので、しかも場所が場所だから・・・、こんなことが斗南で横行されてることを直樹が知ったら、恐怖漫画になってしまうかもしれませんね(笑)。こんなわけのわからないお話でしたが、りきまるさんに楽しんでいただき、しかもモトちゃんみたいに萌えていただけたなんて、うれしくってたまりません( ̄m ̄*) ありがとうございました♪


水玉さま

こんにちは。後半も読んでいただき、本当にありがとうございます。しかし水玉さん、またコメタイトルが強烈ですよ!(笑)「ふともも」って・・・(爆)。こんなコメタイトルだけでも、一際目立つ存在感!!もうさすがの水玉さんとしか言いようがありません<(_ _)>
モトちゃん気分で読んでいただいて、本当にうれしいですが、もう最後に・・・まさにふともも・・・下品で申し訳なかったです(>_<)それでも、水玉さんが膝叩いておられるところとか想像させてもらったら(笑)、思わず私も口元が緩んでしまって・・・また調子に乗ってしまうかもしれません(^^;)自分の欠点も実はよくよくわかっていながらも、いつも暴走してしまう私・・・、それでもこうやって水玉さんにも優しいお言葉かけていただいて、本当にありがたくて、うれしくて、そして感謝しています♪
お忙しい中(今水玉さん、「創作書きたい病」ですよね 笑)来ていただき、ありがとうございました(^^)/
by chan-BB
2010/04/28(水) 12:41 [Edit
拍手コメントありがとうございます(*^_^*)
ぴくもんさま

こんにちは。後半も読みに来てくださって、ありがとうございます~♪「モルモットと直樹」、「キティと直樹」を同じくらい不釣り合いってのに、笑いました。そういや、直樹はキティやらマリオやら・・・いろんなものとコラボしてましたよね?(ってここでだけだ!爆)直樹ってなぜ、印残すんでしょうね?(質問?)でもぴくもんさんのコメントで思ったんですが、もしかして印残すのは、あとあと琴子にいろいろ思いだしてほしいからかもしれませんよ~( ̄m ̄*)どちらにしても「独占欲が強い直樹」って言うのは、原作の中でも私たちを魅了してくれて、そしてこうして妄想やみませんよね♪


maroさま

こんにちは!(自重しました)maroさん・・・モトちゃんが私の生き写しって~~!?(笑)興奮の仕方とかって・・・知ってるですか?(爆)笑わせないでくださいよ~(*`▽´*) でも、この前友達とランチしてた時に、知らんオッサンに「うるさいわっ!」って怒鳴られたのも、そんなこんなのモトちゃんぽいのが関係してるのでしょうか?それはさておき、琴子が帰った後の直樹はそうでしょうね、きっと一人「悲しみのラプソディ」を歌い、薔薇を咲かせて、3日気を失ってたかもしれませんね・・・す、すみません・・・もうこれ以上無理です・・・負けました・・・笑い震えて打てません(>_<)またもや完敗です(T_T)こんなコメレスでごめんなさい(>_<)


まあちさま

こんにちは。うわ~うれしいです~まあちさんのこんなかわいいお声が聞けるなんて~♪モトちゃんの代わりにお礼言っていただき、さらにうれしいです(笑)。そしてモトちゃん、本当にいい子です。あれ?まあちさん、ちょっとオッサンみたいに叫びましたよね?(笑)大丈夫です。私、かなり萌えましたから♪ふふふ。でも、まあちさんに大好きなモトちゃんをなんとか嫌悪なく(?)最後まで読んでいただけて、本当に安心しました(^^)ありがとうございます。


繭さま

こんにちは。前回の文字化けは最後の方だけだったので、すみませんでした。いつもうれしいコメントいただくので、100%私が読みたかったということで、失礼しました(^^;)今回もモトちゃんになってくださって、繭さんが興奮してくださるなんて、もうめちゃくちゃうれしいですよ♪そして天才直樹のすることは、凡人では計り知れないとのことで、太ももOKなんですね( ̄m ̄*)そしてモトちゃんの経験!!(爆)気になりますよね・・・いったい彼なのか彼女なのか・・・(≧∇≦)直樹のカレンダー、きっと販売したらモトちゃんかなり収入になりそうな気がしますね(笑)。でも、いろんなことの保証はできないですけれど。


藤夏さま

こんにちは。今コメレスしてたら、藤夏さんのコメントが入ってきました~♪もう、私、藤夏さんのテンションがあがってくれただけで、うれしくてお腹いっぱいですぅ(*/∇\*) 大丈夫です。藤夏さんが変態だったら、書いてる私はいったいどうなるんですか?(爆)そして、コメントでみなさん結構テンション高くって(笑)お仲間いっぱいですよ。私も幸せです~♪でも、本当にモトちゃんが登場してくれたおかげで、琴子のキャラも一際魅力的に、そして引き立ててもらってる気がします。そしてモトちゃんも間違いなく、入江夫妻に刺激的な生活を与えてもらってますよね(笑)。




by chan-BB
2010/04/28(水) 13:31 [Edit
拍手コメントありがとうございます(*^_^*)
まあちさま

再びこんばんは。ひ~~~、まあちさん、もうコメ自体がツボだらけです~。いやもう、反応していただいてありがとうございます!オッサンの叫び・・・失礼しました(^^;)しかしだんだん性別がボーダレスって!!(爆)非常に同意しますよ。ちなみに私は若い頃から、オッサンでしたけど(笑)。で、そこからモトちゃんを出してくるのですね?な、なんてうまい導きでしょうか~(≧∀≦)♪これを深い話を言われる天然のまあちさん(笑)。こちらこそ、毎度調子に乗って失礼なコメレスなのに、お相手していただき、感動です。ありがとうございます♪
by chan-BB
2010/04/29(木) 00:03 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


プロフィール

千夜夢

Author:千夜夢

こんにちは。
素敵なイタキスの二次創作をたくさん読ませていただき、ついつい自身も二次創作なるものを書いてしまいました。
ここは、私の超個人的な妄想話置き場です。

原作者様、出版社様等とは一切関係ございません。
私の勝手な妄想話であるため、原作のイメージを大切にされる方、二次創作が苦手な方、二次創作が理解できない方は、ご遠慮ください。
また、ブログ内の全ての文章・いただきものを含む画像等の無断転載・転用を固くお断りします。

まだまだ拙い文章しか書けませんが、以上の注意をご理解いただき、読んでもいいかな~と思われた方のみ、ご閲覧下さい。
よろしくお願いします☆



カテゴリ



FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



最新記事



最新コメント



リンク

●Swinging Heart(ぴくもん様) swingingheart
●のんきもののお家(わさこ様) no banner
●日々草子(水玉様) 日々草子
●kiss shower(幻想夢 影菜様) kiss-shower
●雪月野原~snowmoon~(ソウ様) snowmoon
●初恋(miyaco様) no banner
●HAPPY☆SMILE(narack様) HAPPY☆SMILE
●イタズラなkissの二次創作マナーを考えよう!(イタkiss創作マナー執筆者X様)
●みぎての法則(嘉村のと様) no banner
●Embrasse-moi(ema様) no banner
●φ~ぴろりおのブログ~(ぴろりお様)
●真の欲深は世界を救う(美和様)
●イタKiss~The resident in another world ~(九戸ヒカル様)
●むじかくのブログ(むじかく様) no banner
●つれづれ日和(あおい様) no banner
●Snow Blossom(ののの様) no banner



素材拝借

 ミントBlue様               



Copyright © こんぺい糖と医学書 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ( ブログ限定配布版  / 素材: ふわふわ。り )     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。