08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.01.22 *Fri*

琴子日記⑮   ハードワーク(前)


シクラメン③」の続きです。
注意 これは、激しく直樹のキャラが崩壊しています。
しつこいですが、本当はパスつけたいくらい直樹のキャラ崩壊しています。(特に後半)
さらっと読み流せる方のみ、よろしくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


バタン!


いきなりドアが開いて、びくっとするあたし。

「い、入江くん!」

戻ってきてくれたんだ~~。
なんと入江くんが、いろんな道具を持って、部屋に戻ってきてくれた。
やっぱりあたしのために、植え替えを手伝ってくれるのね!
あたしはうれしくって、うれしくって、思わず入江くんに向かって両手を広げる。

「どけっ!」

新聞紙の上に置いたシクラメンの鉢の前で、まだ勇気を出せずもたもたしていたあたしを、ちょっと小突いて横にどかす入江くん。
ちょっと行き場をなくした、あたしの両手・・・ま、いいか。
新聞紙の前に座るやいなや、入江くんはいきなりガシッてシクラメンの茎を持って、鉢から中身をかきだす。

ザザザザ~ってシクラメンの鉢の中の土が、音をたてて新聞紙に落ちる。
入江くんが指でその土を、さらにザラザラってかき落とし、どんどんシクラメンの根っこから土を落とす。

うわ~~、すごい速い!!
さすが、入江くん!
あたしは尊敬の念をもって、入江くんを熱く見る。

入江くんは、あたしが拡げていた「家庭の園芸」をちらちら見ながら、さらにどんどんとシクラメンの根っこから土を落とし、そしてだんだんとシクラメンの根っこがしっかりと形を成して見えてくる。
あたしは、そのシクラメンの根っこを「おお~、すごく長い~~」と感心しながら、そして入江くんの顔を「わ~~、なんて真剣で素敵な顔~」と交互に見比べては、かなり興奮してきている。

こんな入江くんの迅速スピーティー、かつ無駄のない的確な作業は、昔入江くんに料理を作ってもらった時にも見た。
料理、園芸!
こんな分野にも、入江くんは天才を見せつけてくれる。


「すごいすごい!しっかり根っこ見えてきたよ~!やっぱり入江くんって天才!!」

「洗ってこい」

「え?」

「この根っこに残った土を水で洗ってこいよ」

「わ、わ、わかった!」

入江くんに頼まれて、思わず責任重大とばかりぐぐっとつばを飲み込み、あたしはシクラメンの茎と根っこの部分をしっかり持って、洗面所まで持って行ってしっかりと洗ってやる。



「で、で、できたよ」

きれいに洗ってきたシクラメンを入江くんに渡すと、入江くんはそれを掴んで、そして鋭い眼光で。

シャキッ!

根っこをとまどいなく、入江くんが持って来たハサミで切った。

うわあ!
すごい~っ!
必殺仕事人みたい~!!

あたしは目を丸くして、パチパチと拍手をしながら、その入江くんの作業をドキドキと見守る。
そして休むことなく素早い入江くんは、もう鉢にシクラメンを入れて、そしてどんどん土を入れていき、詰め終わってあたしの前にそのシクラメンをバンっと置いた。


「よし。あとは、こいつの生命力しだいだな」


「うわ~~~~!!す、す、すごい~~~!」
やっぱり入江くんはお医者さんだ!

もう一度パチパチと大きく拍手をしながら、あたしは今、ものすごくドキドキと興奮している。
見える、見えるよ!
今、あたしには入江くんの背後に「手術室」って背景が見えるよ―――!

「ありがとう、入江くん!!」

思わず、入江くんの首にぎゅうっと抱きついて感謝するあたし。

「シャワー浴びてこいよ」

「へ?」

「汚れてるだろ、浴びて来いよ」

「手しか汚れてないけど・・・?」

「じゃあ、手洗ってこいよ」

「う、うん・・・」

入江くんに促されて、あたしは洗面所に行くために立ち上がった。
ふと上から入江くんを見下ろすと、入江くんはものすごい勢いで、新聞紙に落ちている土を手で掻き集めて、その土を新聞紙を折ってゴミ箱に流し入れ、そして新聞紙をしゃきしゃきとたたみ出している。
そして少し床に散らばった土を、入江くんが持ってきていた、携帯用のクリーナーでシャーーーッと掃除する。

「これ、資源ゴミ!ついでに片付けてきて」

渡された新聞紙。
なんて素早い!!
入江くんって、お掃除まで完璧スピーディー!!

「す、すごいね!入江くんって!」

あたしはまたまた息を荒げて興奮し、羨望のまなざしで入江くんを見る。

「何やってんだ!早く、手、洗ってこいよ!」

「やん!」

そう言って入江くんに手をひっぱられて、結局二人で一緒に洗面所に向かうことになった。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

二人で部屋に戻って、あたしは出窓に置いたシクラメンを見る。
入江くんが手術してくれたから、きっと今度はきれいに花が咲くわよ。
シクラメン、がんばってちょうだいね。

温かい日差しが入る部屋で、今日は暖房も要らないし、このまま夜までシクラメンは部屋に置いておこうかな。
あ、そうだ、水をまだやってなかったな。
じょうろ取ってこないと・・・。

「もう、これでやることないだろ」

あたしの背後から入江くんの声がする。
振り返ると同時に、入江くんがバサッとTシャツを脱ぐのがわかる。

「ええええ!?な、なに?////」

「いい加減に察しろっ!!」

「ええ!?////」

そう言うと同時に、入江くんに抱きしめられる。
咄嗟のことで、あたしは目を大きく見開いて、そして頭の中は一瞬にしてフリーズする。
なに?なに?なに?

入江くんの表面は冷たいけど、中から温かい体温が伝わってくる素肌を感じながら、ちょっとずつじわじわと何かが浮かび上がってくるのがわかる。
入江くんのあの一連の素早い動き―。
そして、その意味―。

そうなんだ・・・そういうことだったんだ・・・////。
お義母さんたち、夕方まで帰ってこないって言ってたね、確か・・・。
ようやく、今、入江くんの言動の意味がわかった。
あたしは思わず先ほどまでの自分の無神経さに、あちゃーという気分で恥ずかしくなり、目を瞑る。

はっ!・・・でも、気になるシクラメンの水やり・・・。
思わず、また目を開けて入江くんの肩越しに顔を傾けて、ちらっとシクラメンを見る。

「なに?まだ何かあるのか?」

入江くんの掠れた低い声が、あたしの耳の後ろから聞こえてくる。
ちょっとのあたしの行動までも、すぐに察知する敏感な入江くん。
もう、これは完全に逃れられない・・・。

ああ、シクラメンの水やり・・・。
でも、さすがのあたしもここまで来て、空気を読むことができないほどひどい人間ではない。

「カ、カーテン・・・カーテンだけ閉めて」

恥ずかしいけど、小さくそう呟く。
入江くんが顔をあたしからそっと離して、少し口元を斜めにあげて目を合わせる。
そしてあたしの身体を少し突き放すと、窓の方に向かい、またすごい勢いで、シャーーーッとカーテンを全部閉めた。

「これ以上何か言うなよ」

ちょっと薄暗くなった部屋で上半身裸の入江くんが、ピンクのカーテンの色をちょっと身体に浮かび上がらせながら、静かにあたしに諭すように念を押す。


はい。
もう言いません。
あたしは、覚悟を決めたという証拠のように、ゆっくりと目を瞑る。


そして入江くんの重みを感じながら、二人一緒にベッドへと沈んでいった――――――。



**********

忙しいと言っておきながら、蓋を開けてみれば、まださほど忙しくない、大嘘つきの私です。
また、書いちゃいました。ごめんなさい(>_<)
この程度の文章なこともあり、とにかく私、書くの速いので・・・。

これUPしてもいいかとちょっと悩みつつ・・・、やっちゃいました(-_-)
理由は後半読まれたらわかると思います(^^;)
パスつけるような内容ではないですが、直樹の人格の問題で・・・。



COMMENT

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by
2010/01/23(土) 11:42 [Edit
コメントありがとうございます
>Nさま

こんばんは。
やっちゃいました、直樹・・・。シクラメンがライバルなんて、こんな直樹情けなくって、私、本当にこんなのUPしちゃって大丈夫だったのかと、昨日今日と一人問答して疲れてました(-_-)
そして、なぜか前後編!!
後半、ある意味直樹のイメージがた崩れで、ブーイングおきそうで恐いですが、妄想ブログと自分で開き直ってUPしてみたいと思います。
とりあえず、読んでみてください(^^;)よろしくお願いします♪

by chan-BB
2010/01/23(土) 19:58 [Edit
拍手コメントへのお返事です
>Maさま

こんばんは。
そして、ごめんなさいね~・・・(^^;)『シクラメン』の①②も読み返してもらったのに、この『ハードワーク』の直樹とのこの差!!
後半ある意味、もっと情けない直樹を見ることをここで予告しておきます。ごめんなさい(>_<)
でも、直樹のシクラメンの手術?をする姿に、琴子は萌えていたとは思います(笑)。
だから、やっと察してくれたのかもしれないですね♪うん、これはいい解釈をありがとうございます(*^_^*)しっかり読んでいただいて、本当に感謝します。

>Rさま

こんばんは。また更新しちゃってました(^_^;)読んでいただいて、ありがとうございます♪
『シクラメン』で思いっきり、肩すかしくらった直樹だけど、目標(?)に向けて、がんばっちゃいました。
続きはあまり意味のない展開ですが、一応タイトルの『ハードワーク』らしく終わりたいと思っています。
ラブラブはすこ~しだけ、あるかも!?(*^_^*)です。
by chan-BB
2010/01/23(土) 20:09 [Edit
拍手コメントへのお返事です
>mさま

こんばんは。まだ書いてました(笑)!気づいてもらえてよかったです。
私、mさまのコメでめちゃくちゃ萌えさせていただきました!!そしてめちゃくちゃうれしいです!!
そこに~そこに萌えていただいて~、ううう・・・本当にうれしいです・・・(T_T)
私も同じくmさまが度ストライクなんです!!前からちょくちょく言っておりますが。
脳内の直樹が同じなんでしょうか・・・私にとってはこれはこの上ない幸せですが(*^~^*)
私の描く直樹は、優しい言葉のひとつもかけませんが(^^;)どうかそれもありと思っていただけたら、幸いです。
こんなキャラ崩壊の話を書いて、もうドキドキもんでしたが、どうもありがとうございました(*^_^*)
そして、私こそ、このまま暴走させてもらいます・・・。
by chan-BB
2010/01/23(土) 22:38 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


プロフィール

千夜夢

Author:千夜夢

こんにちは。
素敵なイタキスの二次創作をたくさん読ませていただき、ついつい自身も二次創作なるものを書いてしまいました。
ここは、私の超個人的な妄想話置き場です。

原作者様、出版社様等とは一切関係ございません。
私の勝手な妄想話であるため、原作のイメージを大切にされる方、二次創作が苦手な方、二次創作が理解できない方は、ご遠慮ください。
また、ブログ内の全ての文章・いただきものを含む画像等の無断転載・転用を固くお断りします。

まだまだ拙い文章しか書けませんが、以上の注意をご理解いただき、読んでもいいかな~と思われた方のみ、ご閲覧下さい。
よろしくお願いします☆



カテゴリ



FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



最新記事



最新コメント



リンク

●Swinging Heart(ぴくもん様) swingingheart
●のんきもののお家(わさこ様) no banner
●日々草子(水玉様) 日々草子
●kiss shower(幻想夢 影菜様) kiss-shower
●雪月野原~snowmoon~(ソウ様) snowmoon
●初恋(miyaco様) no banner
●HAPPY☆SMILE(narack様) HAPPY☆SMILE
●イタズラなkissの二次創作マナーを考えよう!(イタkiss創作マナー執筆者X様)
●みぎての法則(嘉村のと様) no banner
●Embrasse-moi(ema様) no banner
●φ~ぴろりおのブログ~(ぴろりお様)
●真の欲深は世界を救う(美和様)
●イタKiss~The resident in another world ~(九戸ヒカル様)
●むじかくのブログ(むじかく様) no banner
●つれづれ日和(あおい様) no banner
●Snow Blossom(ののの様) no banner



素材拝借

 ミントBlue様               



Copyright © こんぺい糖と医学書 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ( ブログ限定配布版  / 素材: ふわふわ。り )     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。