FC2ブログ
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
< >
--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | edit | top

2016.07.19 *Tue*

如月事件簿 「真夏の夜の夢」2






下品な言葉が含まれています。下ネタも大丈夫な方のみ読み進めて下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・


しくしくしくしく――


ベッドで私の顔をした琴子ちゃんが涙を流して泣いている。
自信満々なナイスバディの私が、こんなめそめそしている姿を見たことがない。
なかなか興味深い光景ではないかと、私はしばらくその様子を眺めていた。

あれから、周りに居た人には外にでてもらった。
自分たちの身体は大丈夫だということを示し、少し休みたいと申し出たのだ。
仕事もあるので、みんなは一旦外に出て行った。

入江くん。
桔梗くん。
細井師長。
ガッキーがその場には居た。

意外にもガッキーが、私の身体に抱きついて「待子さ~~ん」と泣いていたのにビックリしたけど、中身の琴子ちゃんがパニックになって「いや~ん、やめて!入江くん~!」と叫びだしたので、周りのみんなこそがパニック。
そりゃ、普段の私は「いや~ん」とか言わないし、なぜに入江くんに助けを求める!?
慌てて琴子ちゃんの身体をした私が、みんなにうまく言って外に出したのだ。

入江くんは、最後まで眉を顰めて不審な顔をしていた。
そうでしょう。
琴子ちゃんが仕切って、みんなを外に出すなんて、ちょっとないことだと思うから。




「琴子ちゃん・・・」

私は琴子ちゃんのベッドの端に座り、彼女の肩に手を置く。

「如月先生~~」

「大丈夫よ」

「大丈夫じゃないです、こんなこんなことがあるなんて」

「よくあることなのよ」

「え?よくあることなんですか?」

「そうよ。よくあることなの。心配ないわ」

そう。ドラマや映画、小説では、この身体が入れ替わるパターンはあまりによくあることよ。
実生活ではあるわけないけどね・・・。

「しばらくしたら元に戻るわ。臨床(※ドラマなど)でもそれがわかっている」

「そうなんですか?」

「そうよ」

「よかった~~~」

琴子ちゃんが、私に抱きついて涙を流しながら笑顔を浮かべた。
あら、私って、泣きながら笑うとなかなか可愛い美人じゃないの。
でも本当の私は、こんな根拠のない適当な説明で納得するわけないけど。
琴子ちゃんが単純でよかった。
非常事態だけど、なんとか私のペースでいろいろ画策できそうね。

こんな医学や科学をもっても証明できない摩訶不思議なことが起こってしまった以上、じたばたしたって何も解決にはならない。
正直成るようにしかならないのよ。
それならば、今はこんな貴重な体験をそれなりに楽しむしかない。
ほんのわずかな時間のことかもしれない。
いや、多分わずかなことだと思う。
そうでないと、私と琴子ちゃんの身体が一生入れ替わりなんて、そんな不釣り合いなこと、万物創世の神が許すわけがないじゃないの!?


「如月先生、とりあえず入江くんには二人の身体が入れ替わってしまったこと言っておいた方がいいですよね?」

琴子ちゃんが言ってくる。

「ダメよ!それは言っちゃダメ!」

「どうして?だってそうじゃないと、私はどこに帰ったらいいんですか?」

「少しの間だけ、入れ替わりの生活をしましょう」

「なんで!?」

興奮してきた琴子ちゃんを落ち着けるために、私は琴子ちゃんの手を握って目を見つめた。

「入江くんに話したら、きっと入江くんはパニックになって、必死に二人の身体を元に戻そうとするわ」

「入江くんなら戻せるかも」

「ええ。戻せるかもと入江くん自身も思っちゃって、私たちを手術するかもしれないわ」

「え?手術?」

「そうよ。世にも恐ろしいオペが決行されるのよ。入江くんなら、私たちの身体にメスを入れて、身体を入れ替わらせようとするかも!愛する妻がこんなことになって、尋常な精神状態でなくなってるもの。狂気の人体実験が行われるんだわ!!こんなことしたら、私たちの身体もどうなるかわからないし、入江くんだって医師の免許剥奪よ!」

「そんな・・・」

・・・なわけないけど!
でも言いながら、入江くんなら琴子ちゃんのことなら狂ってやりかねないかもと本気で思ってきた。
おー、こわっ。

「だったら・・・、どうしたらいいんですか?入江くん・・・、入江くん・・・」

琴子ちゃんは項垂れて、またしくしくと泣き始めた。
ちょっと可哀想。
でもここで周りを混乱させるのも、やっぱりよくないことだと改めて私は思う。

「とりあえず、しばらくの間、生活を入れ替えて生活してみましょう。周りがびっくりしないように」

「そんなこと?あたし、如月先生の代わりなんてできませんよ?先生は、外科医じゃないですか!」

「大丈夫。琴子ちゃん、その私の右足を見て。あなた、全く気付いてないようだけど」

「右足・・・、あっ、痛っ」

私の本当の身体は、あの階段を落ちるときに右足をひどく捻っていた。
多分重傷の捻挫になってるはず。

「如月先生、足がすごく痛いです。気付いてなかったけど、ちゃんと固定されて処置されています」

「捻挫よ。多分靱帯がかなり伸びてる。しばらく杖なしでは歩けないと思うわ。それに階段落ちたときに、手も少し捻ってると思うから、とても外科の処置もできそうにない。それらで診断書取って、しばらく私はお休みすることにします。だから琴子ちゃんは、特に仕事に関しては何もしなくていいの。ここで数日入院していてもいいし、私のマンションで生活していてもいいわ」

「あ、あたしはどうなるんです?あたしの身体の如月先生は?」

「私は、いつもの琴子ちゃん通りナースのお仕事くらいできるわよ」

「そうじゃなくて、どこで生活するんですか?入江くんと?」

「そうね。混乱させないためにも、琴子ちゃんとして入江くんの家で生活するわ」

「ダメです!」

「どうして?」

「あたしと入江くん、一緒に寝てるんですよ?ダブルベッドなんです。そこに如月先生がなんて、そんなのダメです!」

「もしかして、琴子ちゃんの身体の私が、入江くんと愛の確認をしたら困るとか?」

「そ、そうです・・・。それは絶対ダメです・・・。キスだってダメですよ・・・」

ベッドの上で、琴子ちゃんが上目遣いで私を睨んでくる。
拗ねたような表情が可愛い。
やはり入江くんへの愛情は格別ね。

「大丈夫よ。絶対大丈夫」

「何が大丈夫なんですか」

「だって前に言わなかった?私、絶対不倫とかしない主義だから。確かに私は、自他共に認める肉食系だけど?だからって、倫理に反することは絶対しないわ」

「本当ですか?」

「不倫はしません」

琴子ちゃんは、まだ不安そうな顔をしている。

「先生・・・。お風呂だって入るから、あたしの身体見ますよね?」

「え?お風呂?ああ、女同士だからそれはいいんじゃないの?琴子ちゃんだって、私の身体見ることになるし」

「みじめです・・・」

「え?」

「先生とあたしの身体・・・、あまりに落差がひどすぎて、先生びっくりしちゃいます」

「しないわよ。私、外科医よ?オペのときやらなんやらで、どれだけの女性の裸も見てきたと思うの?何にも感じないわよ」

因みに私の専門は小児外科医だから、さらに琴子ちゃんのような幼児体型は見慣れているけど。
さすがにこれは言わない方がいいわね。

「この入れ替わりの身体、入れ替わりの生活、本当に少しの間だけですよね?」

「あたりまえよ。神様がきっと気付いて、すぐに元通りにしてくれるはず。そうでないとおかしすぎるじゃないの」

「そうですよね。そうでないとおかしすぎますよね。きっとすぐに元に戻りますよね」

「そうよ!」

私たちは、手を取り合った。

「入江くんと少し離れるのは寂しいけれど・・・、先生、入江くんのことお願いしますね」

「任せておいて。いつもの琴子ちゃんのようにお世話するから。気付かれないようにね」

「はい・・・」

琴子ちゃんはベッドの上で自分に言い聞かせるかのように、首を縦に振ってうんうんと頷いた。
いじらしい。
入江くんの混乱を避けるために、敢えて身を引いたようなものなのだから。



でも~~~!
私の心は、いつも一貫して真っ直ぐに進んでいる。
私は不倫はしない主義。
だから入江くんにだって・・・、何もしないで今まできたのよ。(※股間を握ったり、お尻を触ったりしたことはあるが)


でも、今、私、誰――?


私の身体、入江くんの愛する琴子ちゃんなのよ?
これって、不倫になるの?
愛する妻の身体を抱いて、入江くんは不倫になるの?

いいえ。ならないわ。
少なくとも私はそう思っている。

ふふふふふふふふ。
思いがけず訪れたこんなチャンス。
ごめんね、琴子ちゃん。いや、謝ることないか、だって入江くんが琴子ちゃんの身体を欲し、琴子ちゃんの身体を入江くんを欲しているなら自然の成り行き。
成るようになるしかないんじゃないの~?



――良心よりも好奇心は勝るもの それが人間    BY 如月待子



**********

さて、どんな風に書こうかな。

COMMENT

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/07/19(Tue) 18:37 | [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/07/19(Tue) 19:49 | [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/07/19(Tue) 22:42 | [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/07/20(Wed) 12:44 | [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/07/20(Wed) 18:31 | [Edit
拍手&拍手コメントありがとうございます

吉キチさま

なんかもうすごくって!タイトルが戦隊ヒーローもののようになってて!(爆)
確かに野獣の操がヤバイ回でしたね。野獣の操って!(笑)
そしてそうですよね。野獣と性獣(?w)が関係をもったら、野獣はガッキーと兄弟?的な問題も発生してしまい、でも二人を比べることができる性獣(だから誰?w)はすっごく役得かもしれませんよね。
そしてこの場で1番マシなのが、男の心も女の心も持ち合わせている普通だったら1番異色であるはずのもとちゃん!!
なんかすごい絵図だったんだ・・・と吉キチさんのコメントから気付きました。
続きも楽しんで下さっていれば嬉しいです♪


りょうママさま

2話分のコメントありがとうございます。
入江夫妻を知る人々は、きっと二人のベッド事情を一度は気にしたことがあるように思います。だって、どんなのなの?って思わせるような夫婦ですものね。
でもそこを徹底的に追求する人間はそうそうおらず・・・。唯一、ズバリ入り込めそうな如月先生をターゲットにしてみました。
如月先生の浮かれ具合~、想像していただき楽しいです~♪


マロンさま

なんだかマロンさんのドキドキがこちらにも伝わってきます。
如月先生も、書き手の私も、申し訳ないですが楽しんでいました!すみません(>_<)
いつもと違う琴子ちゃんであることは入江くんも承知しているようです。
ただいくらなんでも入れ替わりが現実あり得るとは思っていないことでしょう。
如月先生は、とにかく先に進みたいので常に正当化・・・。
ドキドキさせてごめんなさいね。


たまちさま

変則三段論法!うけました!
論説風にいろいろと説明しながらも、なんとか自分の都合の良い方向に向かわせようとしている如月先生です。
琴子ちゃんは簡単にだませますよね。問題は入江くんですが、非科学的なことはあまり信用しないタイプですが、非科学的なことの典型例の妻を持っているだけに・・・。
何気にスゴイ病室でした。中性的(中立的)なもとちゃん以外は、いろいろ深い関係のある四人・・・。
琴子ちゃんの方の様子も書こうかな~と思っていたのですが、長くなりそうなので断念しました。


玉子さま

如月先生の好奇心と行動力に感心していただき感激です☆
琴子ちゃん、さすがに身体が如月先生だから、いつもみたいに「入江くんはあたしの旦那さまです!」と強引に守れない様子ですね。・・・って私がそう都合良く描いているのですが、琴子ちゃんって変なところに遠慮するときはありますよね。(と正論化したりして)
思うままに書いてと言っていただき、ええ、もう好きに書かせていただきました!背中を押して下さりありがとうございます!


Yunさま

本当に珍しく連日更新でした。連日コメントありがとうございます。
むちゃくちゃな理論で入れ替わり生活を強行した如月先生でした。琴子ちゃんは慣れない巨乳にいつもと違う自分を感じていたのかしょんぼりですよね。
琴子ちゃんの身体なら不倫にならない・・・?いやいや、ホント勝手なすり替え理念であります(^^;)
Yunさんの妄想話もかなり面白いですよ。あくまでお嬢がショックを受ける話なら、それもありありであります! ( ̄m ̄*)

2016/09/26(Mon) 14:00 | 千夜夢 [Edit

Comment Form


秘密にする
 



プロフィール

千夜夢

Author:千夜夢

こんにちは。
素敵なイタキスの二次創作をたくさん読ませていただき、ついつい自身も二次創作なるものを書いてしまいました。
ここは、私の超個人的な妄想話置き場です。

原作者様、出版社様等とは一切関係ございません。
私の勝手な妄想話であるため、原作のイメージを大切にされる方、二次創作が苦手な方、二次創作が理解できない方は、ご遠慮ください。
また、ブログ内の全ての文章・いただきものを含む画像等の無断転載・転用を固くお断りします。

まだまだ拙い文章しか書けませんが、以上の注意をご理解いただき、読んでもいいかな~と思われた方のみ、ご閲覧下さい。
よろしくお願いします☆



カテゴリ

二次創作 (332)
短編 (55)
前(中)後編 (39)
中編 (58)
企画 (6)
キリリク (23)
お題 (22)
いただきもの (10)
琴子日記 (35)
イタKISS期間 2010 (7)
イタKISS納涼祭り 2011 (11)
イタkiss祭り 2014 (10)
オムニバス (4)
野獣シリーズ (18)
入江直樹ナルシスト劇場 (4)
愛妻物語 (6)
直樹 愛の情熱詩集 (13)
如月事件簿 (11)
ごあいさつ (9)
未分類 (55)



FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



最新記事



最新コメント



リンク

●Swinging Heart(ぴくもん様) swingingheart
●のんきもののお家(わさこ様) no banner
●日々草子(水玉様) 日々草子
●kiss shower(幻想夢 影菜様) kiss-shower
●雪月野原~snowmoon~(ソウ様) snowmoon
●初恋(miyaco様) no banner
●HAPPY☆SMILE(narack様) HAPPY☆SMILE
●イタズラなkissの二次創作マナーを考えよう!(イタkiss創作マナー執筆者X様)
●みぎての法則(嘉村のと様) no banner
●Embrasse-moi(ema様) no banner
●φ~ぴろりおのブログ~(ぴろりお様)
●真の欲深は世界を救う(美和様)
●イタKiss~The resident in another world ~(九戸ヒカル様)
●むじかくのブログ(むじかく様) no banner
●つれづれ日和(あおい様) no banner
●Snow Blossom(ののの様) no banner



素材拝借

 ミントBlue様               



Copyright © こんぺい糖と医学書 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ (ブログ限定配布版  /素材: ふわふわ。り  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。