04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>


スポンサーサイト

--.--.-- *--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋愛告白推進週間(後)

2014.10.17 *Fri*


イタキス期間2014

後編です♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・


「入江くんは、どのバッジにする?」

琴子は大きなかごを持ってきて、その中にあるバッジをおれに選ばそうとする。
どれもこれも桔梗や鴨狩や琴子がつけているバッジばかりだ。
なんでこんなバッジ?
なんでこんなキャンペーン?

「誰の陰謀だ!?」

「は?陰謀?」

「病院でこんなキャンペーンだなんて意味がわからない。つーか、こんなキャンペーン自体、何の意味でやってるんだ?」

「何って、最近は草食男子が増えているから、それじゃあダメだって」

「なんでダメ!?それが医療に何の関係がある?」

「でも一方で『壁ドン』とか流行ってるから、やっぱり女子は男子に強く出てもらわなきゃってことで。ちなみに入江くんは、『傘ドン』だったけど」

「『傘ドン』・・・?意味わかんねー。だから、それらが何の関係があるんだ!?」

「関係って・・・そんなに関係性や意味が大切なの!?」

「は?」

琴子は、まっすぐにおれを見つめた。
真摯で汚れのない瞳。
いつになく神妙な顔だ。

「入江くんが一番わかっているでしょ?恋愛に意味や理由なんてないの」

「琴子?」

「それをもう一度思い出そうって意味のキャンペーンなの!元祖なの!気づきなの!」

「琴子・・・大丈夫か?」

元々琴子の話はいつもわけがわからないが、今日は特に話が飛びすぎてますますわからない。

「入江くんこそ大丈夫?この缶バッジの台詞、みんな入江くんが発した愛の言葉なんだよ」

「「「ぶーーーーーっ!」」」


琴子がそう言うや否や、周りから笑いが漏れた。
そういう周りの奴らは、桔梗や鴨狩をはじめ、みんなおれの発した言葉缶バッジをつけている。

「いやあ~愉快、愉快。すばらしいキャンペーンだね」

と、いつの間にかその場にバッジをした西垣もいた。



もう数えなくていいよ



あいつはこんなバッジを選択したのか。
おまえこそ、琴子にちょっかいだしてはおれに虐げられた回数、“もう数えなくていいよ”って感じなんだが。

「お兄ちゃん~盛り上がっていて、嬉しいわね~」

「お、おふくろ」

おふくろまでが、病院に来てやがった。
朝、ちらちらとアピールしながら隠していた缶バッジが、今はしっかりおふくろのスーツの上で光り輝いている。



こいつ以外考えられなくなったんだ



堪忍してくれ・・・ホントに・・・。
と、力抜けて目線を下げると、おふくろのスカートの裾部分にもバッジがついていた。



おまえには降参したよ



・・・まさに今のおれの心境だ・・・。


「さあ、入江くん、この缶バッジたち持って、各病室回るわよ」

「は?」

「患者さんたちに、入江くんから缶バッジをプレゼントしてあげてね。要望もしっかり聞いてあげてね」

「何言ってるんだ?」

「何って、それが『恋愛告白推進週間』の親善大使のあたしたちの仕事じゃない?」

「意味わかんねーこと言うなよ」

「意味や理由なんて必要ないって言ったよね!」

「琴子」

いつになく強気な琴子に、おれは思わず圧倒される。

「さあ、入江くん、行くわよ」

おれはむんずと腕をつかまれる。

「入江さん、がんばれ」

「入江、見せつけてやれ~、くくく」

周りに人が集まり、そしてみんながおれの身体を進めとばかり押し始める。

「やめろ!やめてくれ!」

なんなんだこのキャンペーンは!?
だいたい病院にはやはり何にも関係ないことじゃないか。
これは、おれと琴子の・・・、おれと琴子の・・・・・・

「「「みんなで盛り上がろうぜ~~」」」

士気あがる周りの人達。



やめろーっ!
これは、おれと琴子だけの、大切な思い出なんだーーーっ!












「・・・りえくん」

「・・・・・・」

「入江くん、朝だよ。そろそろ起きなくっちゃ」

これは間違いなく琴子の声。
おれはすぐに身体を飛び起こし、目を見開いた。

「わ~、すっごい良い目覚め。さすがだね」

目の前には、琴子の愛らしい笑顔があった。
そして胸元には・・・、何もつけていない。
缶バッジなど存在していなかった。

「・・・夢か」

「何?夢見てたの?どんな夢?」

「なんでもないよ」

おれはふうと小さくため息をついた。ホッとした。
そんなおれを琴子はにこにこと笑顔で見つめる。

「何?今日は、朝から機嫌いいな。つーか、おまえがこんなに早く起きているとは」

なんだかいつもの琴子と様子が違う。
いつもよりかなり嬉しそうだ。

「ふふふ」と一人で思い出すように笑いながら、琴子はおれに近づいてきて、目の前でこう囁いた。

「入江くん、今日って何の日か知ってる?」

「今日・・・」

多分今日のスケジュールなどの確認ではないと、その琴子の満面の笑みから推測する。
きっとこれはおれたちだけに関係したことだろう。

ああ・・・そうか。

おれは気づいた。
おれがあんな夢を見たのは、きっとこの琴子からほとばしるエネルギーからに違いない。


「おまえはオレが好きなんだよ」

おれは、ぽつりとそう呟いた。
普段ならこんなこと言いやしない。
しかしおれに夢を見させるくらい琴子が願っていることなら。

「い、入江くん・・・覚えてくれて・・・」

琴子の顔がみるみる紅潮し、そして目に涙さえ浮かび始める。
おれはその顔を見て、胸が高揚する。
そして続けて言ってやった。

「オレ以外の男 好きなんていうな」

「きゃああーーっ!入江くんーーーっ!」

琴子がものすごい勢いでおれに飛びついてきた。
おれの首に手を回しながら、至近距離で琴子が涙を浮かべながら言う。

「そうよ。今日は、入江くんが雨の日に告白してくれた日。入江くんが傘ドンしてくれた日」

「傘ドン・・・?」

そういや、夢の中でも「傘ドン」とか言ってたな?なんだそれは?

「覚えてくれていて、あたし、もうもう最高に幸せ~~!」

琴子はおれに大きく抱きつく。

「最高の告白記念日だよ~。入江くん、ありがとう」

「告白記念日なんかじゃねーよ」

「え?」


琴子が少し顔を引き、おれの目をきょとんとした目で見つめる。
おれはその目をじっと見つめながら言う。

「今日は、おまえが一年に一回再確認する日」

「へ?」

「おまえはオレが好きなんだよ」

「あ」

「オレ以外の男 好きなんていうな」

「あ」

「しっかり確認しておけよ」

「入江くんーーーーーっ!」

琴子は再びおれに激しく抱きついた。

「もちろんよ、入江くん!あたしは入江くん以外の人なんて好きにならない!あたしが好きなのは一生入江くんだけ!」

琴子は大きな声で宣言する。
そしておれの両頬を両手できつくつかみ、そのままぶちゅう~~。

なんて肉食系女子だ。
そりゃ草食系男子も増えることだろう。
負けてはいられない。
おれは琴子の身体をそのまま反転させて、ベッドに組み敷いた。
そして両肩をベッドに押しつけ、そのままぶちゅう~~。



バン--



「お楽しみのベッドドンのときに失礼。でも、二人とも早くしないと病院のキャンペーンに間に合わないわよ」

いきなりドアが開き、おふくろが入ってきた。

「お義母さん・・///」

「『恋愛告白推進週間』の親善大使なんでしょう?琴子ちゃん、早く行かなくっちゃ」

「はい」


・・・は?
これは、夢でない・・・?
現実にそんなキャンペーンが・・・?


「お兄ちゃんも早く」

そう言うおふくろの胸元を見ると、きらりと光る缶バッジ。



オレ以外の男 好きなんていうな



まさか・・・おれが、再確認させられる日・・・・・・?




**********

どんな話だ!?って感じですが、これは一部リアルです。
缶バッジ存在するんですね~~!きゃあああああ~~~っ(≧∇≦)ノ彡 バンバン!

写真

「マーガレット展」に行かれた水玉さんから画像をお借りしました。
ああ、もう、こんな缶バッジ、うらやましいし、たまらないし!
ってことで、缶バッジを拝見したとたん、こんな話が浮かびました。
水玉さん、どうも素敵なネタの提供をありがとうございましたm(_ _)m

COMMENT

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by
2014/10/17(金) 16:59 [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by
2014/10/17(金) 18:50 [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by
2014/10/17(金) 20:04 [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by
2014/10/17(金) 22:09 [Edit
私も!!(≧∇≦)ノ彡 バンバン!
素敵なお話をありがとうございます。
まさか、あのバッジでお話が浮かぶなんてさすが千夜夢さん!どんなお話になるかと思ってすごく楽しみにしてたんです。
途中まで読んで夢だったのか、残念!って思ってたのですが、まさかの現実(笑)
ぜひとも、恋愛告白推進大使の働きぶりが読みたいところであります。
西垣先生…虐げられた回数「もう数えなくていいよ」って(笑)
本当、数えきれないくらいなんでしょうね。ぷぷぷ。
なにげに西垣先生の情けない姿を仕込むところが千夜夢さんのいいところ!

それにしても、俺以外の男好きなんて言うなって、本当、どんだけ上から目線なんでしょうか。でもそれってずっとずっと片想いしていた琴子ちゃんにとっては至上の告白ですよね。これから一生、入江くんだけ好きでいいんだってお墨付きをもらえたようなものだし。
原作でもあの場面はうっとりしたものです。ええ、それはもうずっと探していた10巻が見つからなくてようやく見つかって、待ちきれなくて電車の中で読んで一人にやけていた頃が懐かしい。

こんな面白いお話が読めただけで、私、マーガレット展へ行った甲斐がありました。一発目で引き当てた運の強さを褒めたいです(笑)

本当にありがとうございました!
by 水玉
2014/10/17(金) 23:18 [Edit
コメントありがとうございます

ねーさんさま

なんだかとても楽しんでいただいたようで、すっごく嬉しいです♪ねーさんさんのお好みの系統の話だったのかなと思います(*^_^*)
雨の日のシーンを原作を片手に使える台詞はないかと探していたら、あるわあるわ(笑)、単独で聞くとかなり怪しい台詞、だけどイタキスファンの私たちにはたまらない入江くんの珠玉の言葉がたくさんありました。
フライング壁ドンも、入江くんだったら、ロケットみたいにできそうですね!(笑)
きっとこの缶バッチの一つ一つを、琴子ちゃんなら言葉を噛みしめながら大切にしそうですね。ま、今回は他の人も巻き込んで、えらい迷惑な話でしたが(^^;)
楽しんでいただき、本当にありがとうございました。


紀子ママさま

大爆笑していただきありがとうございます(*^_^*)
本当にこんな缶バッジが存在するなんて!見せていただきた時から、私は興奮していました。
ちなみにこれは、ガチャガチャで出てくるらしいです。マーガレットのいろいろな名台詞があるようなのですが、水玉さんがこれを一回で当てたのが本当に奇跡!!感謝します。
琴子ちゃんの妙な思い込み思考(笑)!そうそう「真夏の夜の夢」のお供えエピをよく思い出して下さいました。あれはなかなかの琴子ちゃん思考で自分も設定できたと思っています(^^;)
夢オチかと思わせて、実は現実・・・?な話でしたが、ああ~ん、このオチで「ザマアミロ」を使えばよかった~~とコメ読ませてもらって思いました。もう、紀子ママさん、冴えてます。「ザマアミロ」をここで!でしたね。


Yunさま

ふふふ、本当にまさかの二段落としでした!(笑)はっきりリアルかは伏せましたが、入江くんにはちょっと辱めにあってほしいのが、いつもの私のパターンであります(*^_^*)
振り返ると珠玉の入江くんの台詞シリーズ、堪能していただきありがとうございます。
私もマーガレット展に行きたかったけれど、あまりに遠くて行かなかった組です(T_T)地方でもやってくれたらいいのにな~と、缶バッジの写真を見せてもらいながらの創作でした。その話で楽しんでいただけたなら幸いです♪ありがとうございます。


たまちさま

いきなりの笑い声で、紀子の偽ウェイクアップ!に爆笑!すごいネーミングですね。実の母だけど、起こしてもらっただけで不快になるという謎の親子(笑)。
ひゅうひゅう~知ってました?紀子世代は使いそうだと思いません?(笑)
もはや病院という機能が麻痺している斗南大病院。医師やスタッフが個性的だけに、キャンペーンも意味がわかりません。
本当にあの素敵だと誰もが思っていた台詞たちが、こうやって缶バッジに活字化されると、なんともたまらん笑いもこみ上げてきます。言った本人は、どれだけ恥ずかしかったことか!?
結局夢だったのかリアルだったのかをあやふやにはしましたが、今後入江くんには恥ずかしいことがいっぱい起こってほしいという願いは込めて仕上げました(笑)。
もはや本当にホラーです(爆!)


水玉さま

このたびは、素敵な情報とアイテムの提供をありがとうございました。
もう、あの缶バッジを見せていただいた瞬間に、ドドドと入江くんが困る、辱めにあう妄想が浮かびました(笑)。
さすがに病院で缶バッジ促進運動は無理あるだろうな~と夢オチにしたのですが、でもそれじゃあ入江くんに辱めを与えられないと、まさかのリアル疑惑!?(笑)
ガッキーは、たとえ夢の中でもそのままの姿で、誰より違和感なく存在しますよね。ほんまに使いやすい!
缶バッジの台詞を集めると、ちょっとどうよ?と笑っちゃうような台詞にもなっちゃいますが、漫画で読むと本当にどんだけあの台詞たちに胸を熱くされたことか!多くの女子がこう言って欲しいって思ったと思います。
水玉さんは、雑誌ではなくコミックでイタキスを読んだ派でしたか?私はリアル雑誌で読んでいたのですが、この雨の日の号を読んで、イタキスをもう一度最初から読み直そう!と思った派でした。(どんな派だ?w)
マーガレット展でこの缶バッジを一発で当てた水玉さんは、やはりあれだけイリコトの素敵なお話を書いていたからこそのイタキスの神からの(何?w)プレゼントだったのかもしれないと思いました。
思い出深いこの缶バッジを見せていただき、そして私のおかしな妄想を許諾していただき、本当に感謝します。ありがとうございました。
by 千夜夢
2014/10/20(月) 15:35 [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by
2014/10/27(月) 08:00 [Edit
コメントありがとうございます

みゆっちさま

こちらも本当にありがとうございます。
大きな告白、届きました~(笑)。
「うれしいです~~!」(大声)w
傘ドンって、もう本当に無理矢理って感じですが、とりあえず原作の絵を確認したら、傘を背景に入江くんがかなり迫っていたのでいけるかなと思いました(^^;)
バッジは私も欲しいですよ。全部そろえてにやにやしたいです。
さすがに病院で配るのは難しいでしょうが、紀子ママなら大量にバッジ作って配りそうですよね。なので、この話はリアル?かもしれません。
by 千夜夢
2014/11/04(火) 16:26 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


プロフィール

千夜夢

Author:千夜夢

こんにちは。
素敵なイタキスの二次創作をたくさん読ませていただき、ついつい自身も二次創作なるものを書いてしまいました。
ここは、私の超個人的な妄想話置き場です。

原作者様、出版社様等とは一切関係ございません。
私の勝手な妄想話であるため、原作のイメージを大切にされる方、二次創作が苦手な方、二次創作が理解できない方は、ご遠慮ください。
また、ブログ内の全ての文章・いただきものを含む画像等の無断転載・転用を固くお断りします。

まだまだ拙い文章しか書けませんが、以上の注意をご理解いただき、読んでもいいかな~と思われた方のみ、ご閲覧下さい。
よろしくお願いします☆

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

リンク

●Swinging Heart(ぴくもん様) swingingheart
●のんきもののお家(わさこ様) no banner
●日々草子(水玉様) 日々草子
●kiss shower(幻想夢 影菜様) kiss-shower
●雪月野原~snowmoon~(ソウ様) snowmoon
●初恋(miyaco様) no banner
●HAPPY☆SMILE(narack様) HAPPY☆SMILE
●イタズラなkissの二次創作マナーを考えよう!(イタkiss創作マナー執筆者X様)
●みぎての法則(嘉村のと様) no banner
●Embrasse-moi(ema様) no banner
●φ~ぴろりおのブログ~(ぴろりお様)
●真の欲深は世界を救う(美和様)
●イタKiss~The resident in another world ~(九戸ヒカル様)
●むじかくのブログ(むじかく様) no banner
●つれづれ日和(あおい様) no banner
●Snow Blossom(ののの様) no banner

Copyright © こんぺい糖と医学書 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ( ブログ限定配布版  / 素材:amu*ca )    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。