06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.05.11 *Sun*

琴子日記 プライドの高いぞうさんには人妻の貫禄を(※追加イラスト・話あり)



今日は「母の日」ですが、全く関係のない話です。
さらに


注意!下品です!下品なギャグも寛容な方のみ読み進めて下さい。


とうとう「琴子日記」まで・・・。
だけど短く、意味なく、意外に「琴子日記」らしい後味かも?


(5/13 追記)
ぴくもんさんに激萌えイラストいただきました!!ありがとうございます。
そのイラストにぴったりの場所にイラストを挿入させてもらいました。
そしてラストに少しだけ、入江くんのモノローグも追加させてもらいました。
・・・・・・・・・




「入江くん、起きて~!今日も良い天気よ~!」


爽快な五月晴れの朝。
あたしは力強く、あたしたちのベッドの白いシーツをめくりあげる。


「きゃあ///やだもう!入江くん、ちゃんと服着て寝てよ」


するとそこには、入江くんの白いおしりがあった―。


「ふん、しらじらしい。わかってたくせに」

「え」

「おまえだって、起きたときは同じだっただろうに」

「う」

にやりと笑いながら、入江くんは頭をくしゃくしゃとかきあげた。
昨日は休みの前の日で、ちょっとばかり張り切りすぎたのはあたしも重々承知。
だけど夜と朝って、なんとなく別世界な気がするから不思議。
夜は恥ずかしくなかったことが、朝になると急に恥ずかしくなったりして、思わず入江くんの白いおしりにドキンときたのは嘘じゃないよ。

「下着とって」

「あ、うん」

あたしはタンスから、入江くんの新しいパンツを持ってきた。

「昨日、着てたやつは?」

「あ、朝、床に転がっていて」

「別に、それでも平気だけど。いつものことだし」

「いや、それが、あたし気づかないで、それをスリッパにひっかけたまま一階まで行っちゃって」

「その下着、捨ててくれ!」

「洗濯機にいれた・・・」

フンと少し不機嫌そうに鼻を鳴らしながら、入江くんはあたしからパンツをもぎ取った。
ベッドの端に座り、パンツを履く入江くん。



「・・・ぱお~~ん・・・」



「は?」

「え、いや、なんでもない」

思わずあたしは入江くんから目を離す。

「見るなよ」

「見てないよ」

「いや、見てた」

「見てないって!」

「じゃあ、さっきのつぶやきはなんだ?」

「・・・・・」


見てたよ。
ホントはしっかと見てました。
入江くんのぱお~ん。
入江くんのぞうさん。
今日も元気だったね。きゃ///


「ま、いいけど」


いいなら、別に責め立てなくてもいいじゃん。
入江くんったら、相変わらず意地悪ね。

そしてあたしは、初めてぱお~んを見た朝を思い出していた――。


『*@::*#$!!!』

あたしは、意味不明な言葉を叫び、ちょっぴり鼻血を出した。
だって、何が何だか!?
入江くんにこんなぱお~んが!?って、もうたまらなくショックでショックで・・・。
いや、もうすでにこのときは結婚しているから、あたしたちは夜はいろいろ試していた時期だったんだけど・・・。
だけどやっぱり夜と朝との違いは、とんでもないマジック!!
入江くんがこんな戦闘態勢なら、あたしも今日は、学校休まなくちゃいけないんだ!!とか・・・あたしは、本当にパニクったものだ。

だけど今は、よ~~くわかっている。
別に朝から戦闘態勢ではなかったんだね。
焦った自分が、今は恥ずかしい。
今のあたしはこうよ。

ああ、入江くん、今日も元気だね。

目を細めて、あたしは清々しい気持ちで朝を感じる。
入江くん、あたしは今は、ぱお~んだけで、入江くんの健康状態のチェックもできちゃうくらいになったよ。
これがきっと「人妻の貫禄」ってやつなのね。


「変態」

「え?」

「健康チェックとは、マジ変態」

「え?やだ、またあたし口に出していた?」

思わず口を手で覆うあたし。
くすりと笑う入江くん。
入江くんは、あたしの手を掴んで離した。
そして

「おはよう」

と、あたしの唇に甘いキスを一つ。


きゅううううう~ん。


思わず嬉しくって、入江くんの首に手を回して、あたしからも「おはよう」のキスを返した。
すると、また入江くんから「おはよう」のキスが・・・。
やだ、なんか朝から激しいかも///


気づいたら、そのままあたしたちは、またベッドに逆戻りしていた。
どうやら今朝は入江くん、実は戦闘態勢だったのかもしれない。










これで終われば、「清々しい五月晴れの甘い朝の出来事」として、心に残ったのだと思うけど・・・。


「あ、ごめん」

夕飯の片付けをしていたときに、しょうゆを服につけてしまったあたしは、慌てて着替えてそれを脱衣所の洗面台で洗おうと持ち込んだ。
すると、そこにはお風呂上がりの入江くんが。
もちろん入江くんは裸。
でも、あたしたちは夫婦だからこれくらいは平気な出来事・・・なんだけど・・・。


「・・・・・」

「何、じっと見てんだよ?」

「え、いや、見てない」

「見るな、早く出て行けよ!!」

写真
(注!イラストをスクロールしてもこれより下の絵はありません。皆様、想像で補いましょう。)

いつになく、きつい言葉で入江くんに怒鳴られ、さらにタオルまで投げつけられた。
あたしは、そそくさとその場を去った。


見てたよ。
ホントはしっかと見てました。
入江くんのぱお~ん。
ぱお~ん・・・になっていないぞうさん。
久しぶりに見た・・・というか、見たことあったっけ?くらいの記憶・・・。

なんか、なんか・・・

見ちゃいけないもの見たような感覚だった。
これが普通なはずなのに。
これが普通なはずなのに・・・。


そして朝はぱお~んを見られても怒るどころか、「ま、いいけど」とか言っちゃって、さらに甘い感じになっちゃった入江くんが、今は、やたらと怒ったことに気づく。
それに気づいたあたしは、入江くんの男のプライドのようなものを見たような気がした。



きゅううううう~ん。


そしてそんな入江くんが・・・あたしは、たまらなく愛しく思えた。
これも「人妻の貫禄」ってやつかしら?




その夜あたしは珍しく、いつもは着ないような可愛らしすぎて放置していたベビードールを身につけ、入江くんにぴたっとくっついて寝た。
初めは全く無視の入江くんだったけれど・・・だけど、ぱお~んだけは本当に正直者で・・・。

とうとうあたしたちは、「清々しい五月晴れの甘い夜の出来事」も更新してしまった--。



うん。ごめん。
それだけの話。あは。





(追加話)直樹モノローグ




琴子のやつ。
こんな下着着やがって、いったい何がおまえのスイッチを入れるやら・・・。

艶やかな下着を身につけ、今はスースーと横で寝息をたてている琴子の顔をおれはのぞきこんだ。


「『・・・ぱお~ん・・・』か」


今朝の琴子の言葉を思い出し、おれは一人小さく笑った。
何がこいつのスイッチを入れるやら。
しかし今日は間違いなく、夜も琴子の言うぱお~んとやらが見たかったのだろう。
風呂場のおれに何か思うことがあり(なんなんだいったい!?)、琴子のスイッチがOnになったのは違いない。
しかもそれは、本人の自覚はあまりなく・・・。

自覚があったら、こんな大胆なこと、こいつがするわけない。
自覚がないのが怖いが、自覚がないから・・・妙にそそられるのかもしれない。
今夜のおれのように。


琴子の髪を撫でながら、ふとこんなことも思った。


もし、おれたちがおふくろによってこんなに早く強制結婚させられていなかったら・・・?


気持ちが通じ合い、前より距離が近くなったおれたちが、この一つ屋根の下で暮らすのは、かなり難しかったかもしれない。
おふくろたちの目を盗んで、きっと触れあうこともあっただろう。
そのとき・・・。


「・・・ぱお~ん・・・」


気づいた琴子はどうしたか?
今朝のように甘ったるい目でおれを見つけるわけはない。
きっと警戒心、不潔感いっぱいの目でおれを見たに違いない。
もしかしたら、ショックで倒れたかも・・・。
そしておれも、もしかしたら・・・それをショックに不能・・・。
いや、そこまでおれはデリケートでない。琴子もそこまでデリケートでは。

でも、今よりやりにくかったことは間違いない。

まさかの今日一連の出来事で、結婚しててよかったとつくづく思える一日の終わりを迎えられるとは・・・。


「・・・ぱお~ん・・・」

と小さく呟いた、子供のような好奇心いっぱいの甘ったるい目をした今朝の琴子を思いだしながら、おれは今朝と同じように琴子の唇に

「おやすみ」

と甘ったるいキスを一つ落とした。






**********

「人妻の貫禄」というより、「小悪魔琴子ちゃん」な話でしたね(^^;)

次は真面目に「愛妻物語」を更新します!
愛の語り部入江くん復活です。

COMMENT

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by
2014/05/11(日) 17:51 [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by
2014/05/11(日) 18:08 [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by
2014/05/12(月) 11:54 [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by
2014/05/12(月) 12:22 [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by
2014/05/13(火) 11:12 [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by
2014/05/13(火) 15:27 [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by
2014/05/13(火) 17:15 [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by
2014/05/13(火) 18:37 [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by
2014/05/13(火) 18:37 [Edit
コメントありがとうございます

たまちさま

たまちさん、パソ子復活おめでとうございます~(^^)/
やはり新しい子は、お利口ですか。ああ、私もそろそろ・・・と思ってしまいます。
パソ子復活で、いきなりぱお~ん連呼していただき、ありがとうございます(笑)
ここからカクレモモジリも思い出して下さっていたなんて!うれしいっ!さすが私たち(複数形)、入江くんの下半身には敏感ですね(*`▽´*)
確かに入江くんったら、なんで一度はパンツを履こうと試みたのでしょうね?ただでさえ朝から一枚は雑巾化しているのに、さらに新しい一枚もまた床に落ちて雑巾化してしまう可能性あるのに、無駄な行為だったと思います(笑)。

そしてもう一回コメントもありがとうございます。
スクロールしなかったんですか?滝汗かきながらスクロールしなかったんですね。ふ~ん(謎)
しかしもう何に反応したって、「がきデカ」!!これ絶対、ぴくもんさん世代知りませんよ!(笑)私たち(また複数形)の世代の男子は好きでしたよね。私も父親の散髪について行って、散髪屋にあるチャンピオンだったかな?に掲載されているがきデカをこっそり見ていたものです。懐かしいな~。今時代だと、しんちゃんに通じる何かがあったように思えますね。
そして今回、一人何気に笑ったのが、一回目のコメも二回目のコメも、たまちさんと紀子ママさんがほぼ同時刻にやってこられて、ツインズコメを残されたこと!!w二回目なんて、ほんの数秒タッチ差です。すみません。妙にうけました。


紀子ママさま

サイコーに楽しいコメントありがとうございます。
もう今回・・・何に爆笑って、もう絶妙の描写「水飲みゾウさん」・・・。もう、これ読んだとき、三日は笑えると思いましたが、三日どころか今日想像しても爆笑!!
しかも!いずれは水飲みゾウさんしかいなくなることを琴子ちゃんに忠告!(馬鹿受け)さらにすごいのは、これら全てがタイトルの「若いって羨ましい!」に集約されているという神コメでした。非公開で残念なぐらいです。

イラストの方も、想像で楽しんでいただけたかと思います。
しかしあのイラスト、場面的にぱお~んの方でなく、水飲みゾウさんの方なんですよね~!(笑)
ああ、もうたまらなくおかしいです。
さっきたまちさんのレスにも書いたのですが、今回たまちさんと紀子ママさんが、2回ともツインズの如く同時刻に現れて足跡残されていったんですね。それも妙にうけた私ですヾ(@^▽^@)ノ


ぴくもんさま

今回はコメントと、そしてサイコーにセクシーな入江くんのイラスト!ありがとうございます。
イラスト描いてほしい~とレスでリクするつもりだったのですが、それより早くに描いていただき本当に嬉しかったです。
「密恋」読んでから、しばらく私の頭の中は、入江くんのぱお~んでいっぱいになっていました(この変態)。
下品だと思いつつ、だけど琴子ちゃんの視点で少しは可愛く書きたいと書いた話がこれ。下品でなくてキュートと言っていただけて、本当に嬉しかった!少なくとも琴子ちゃんが汚れてなければうれしい。内容が下品なのは隠せませんがね(^_^;)
ベビードールのあたりでは、ぴくやんの話や私も「太陽と月~」を思い出していたのですが、まさか「太陽と月~」でゾウを出していたとは!?すっかり忘れていました。そういや、琴子ちゃん、そんなこと言ってましたよね!(笑)ある意味、すごいリンクです。目もゾウで、下半身も・・・。どんな人間なのか、入江くん・・・。

そして改めてイラストありがとうございます。
スクロールしたかったのは、紛れもなく私自身です。ゾウさんのイラストも可愛いですね。私もちょっと思ったりしました。でもこれしたら、入江くんが余計に・・・ぷるぷる・・・。こんな可愛いゾウでなく、もっと荒々しいゾウにしろ!とか思ってそう(笑)。
入江くん、何気に琴子ちゃんの「ぱお~ん」という言葉が可愛く思ったのでしょうね。そしてつい、自分も呟いて・・・ぴくやんに萌えてもらってよかったです(*^▽^*)


吉キチさま

ちょっぴりお久しぶりです。うれしいですよ~お樹様に反応してコメントいただき・・・もうもう感激です。
吉キチさん節が炸裂のコメントでした。随所にお樹様のすばらしい描写とうまい使い方が書かれていて、ぷるぷる震えながら楽しませてもらいました。吉キチさんのお樹様妄想力は、際限ないですね。
そしていつも吉キチさんが書いているのに、なぜか天敵ガッキーの姿が目に浮かぶんです。だって、ガッキーも言いそうなんだもん・・・。あ、やばい、吉キチさんに怒られる。
しかし、琴子日記だけに、琴子ちゃんが詳細にお樹様の様子を書いていたら・・・もうそれはそれですっごい日記ですね!挿絵は裕樹くんに頼みましょうか?(笑)
送信は、大丈夫ですよ。うちのブログは、最近一応禁止ワード(吉キチさんのために?w)解除しているので。全て読ませていただきたいと思っています。ありがたいコメント、ありがとうございました。


アミキママさま

コメントありがとうございます。
スクロールしかけました?( ̄m ̄*) 私なんて、どれだけ想像力わいたことか!
こちらこそ、いつも読んで下さってありがとうございます。
読者でいて下さる方がいるからこそ、また書こうという気力がわいてきます。
どんなイリコトが1番読みたいですか?またアンケートしてもいいなと思っています。(たいして書けないからどうだろう?と思いつつ(^_^;))
これからもこちらこそ、よろしくお願いします。


ねーさんさま

お忙しいのに気づいて下さって、嬉しいです。ありがとうございます(*^-^*)
ぱお~んが可愛いと言っていただき、ほっとしました。そう言ってもらえるとすっごく嬉しいです♪
すぐにこちらに近いネタと書かれていたのでお邪魔したのですが、たくさんあってどの話なのかわからなくなってしまって(>_<)もうUPはされているのでしょうか?見つけられなくてすみません。でもぜひ読んでみたいです。
琴子日記は、原作の琴子ちゃんというより、もう私の勝手に作り出した琴子ちゃんがすたすたと歩いていってしまっている感があるなと思っています。それが私らしい文章で楽しんでいただけているなら、これもすごくうれしいです。
またねーさんさんに触発されつつ、私もお話考えていきたいです。
by 千夜夢
2014/05/15(木) 14:28 [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by
2014/06/13(金) 13:49 [Edit
コメントありがとうございます

kaotokuchanさま

こちらにもコメントありがとうございます。お返事が遅くなってしまってごめんなさい。
「琴子日記」読み返して下さったのですね!ありがとうございます。本当に最初からどこか変態色強かったように思います(^^;)そして二人の話だけに、ベッドはよくでてきていますよね~。自分で1番思い出すのは「ぎっくり腰」ですが(笑)。あ、そう言えば「ぎっくり腰」でも琴子ちゃんがぱお~んを叩いちゃったという設定だったような!?ぱお~んが日常的な琴子日記だけに、水飲み象さん(=Nママさん命名)を忘れちゃった琴子ちゃんなお話でした。ぱお~んが日常的なのは、琴子ちゃんがいつでも入江くんが大好きで頑張っているからですね(*^_^*)
by 千夜夢
2014/06/17(火) 15:02 [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by
2014/06/24(火) 05:31 [Edit
コメントありがとうございます

九戸ヒカルさま

メッセージありがとうございます(*^_^*)こちらこそ、ご無沙汰してしまってすみません。
お返事も遅れてしまって、ごめんなさい。
私も本当に自分勝手なペースでやっていますので、九戸さんもお気遣いなくご自分のペースで進んで下さいね。
いつも気にかけていただいて、本当に恐縮です。ありがとうございます。

さてさてぱおーんに反応していただいて!(笑)お嬢さん、可愛いですね~。琴子ちゃんの呟くぱおーんも、入江くんには、そのくらい可愛いって感じに思えるかな?いや、さすがに無理かな?(笑)
「山手線」や裏のお話も読んで下さっていて、とても嬉しいです!ありがとうございます。
裏はどこにいきつくのか手探り状態ですし、短編は本当に行き当たりばったりの私です(^_^;)やる気になったり、やる気がなくなったりしながら(おいおい)生息しています。でも、それが九戸さんの妄想にも少しやお役にたてたり、楽しんでいただいているのなら、本当に嬉しいです。
九戸さんの心のこもったコメント、本当に嬉しかったです。ありがとうございます。

そしてそうそう・・・タイミングを逃してずっとお話できていなかったのですが、九戸さんと私は同市在住なので、結構ご近所さんかもしれませんよ♪
by 千夜夢
2014/06/27(金) 16:12 [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by
2014/10/04(土) 09:25 [Edit
コメントありがとうございます

あやみくママさま

お久しぶりです!久々に読んでくださってありがとうございます。嬉しいです~♪
「相変わらず面白いっす!!」の言葉に、にやにやしちゃいました。
入江くんはゾウより確かにマンモスですね!!あやみくママさん、久々ですが冴えておられます!(笑)
お仕事がんばっておられるんですね。忙しいでしょうが、今はイタキス祭り期間ですので、ぜひイタキスサイトをたくさん巡ってみてくださいね(*^_^*)
by 千夜夢
2014/10/06(月) 16:00 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


プロフィール

千夜夢

Author:千夜夢

こんにちは。
素敵なイタキスの二次創作をたくさん読ませていただき、ついつい自身も二次創作なるものを書いてしまいました。
ここは、私の超個人的な妄想話置き場です。

原作者様、出版社様等とは一切関係ございません。
私の勝手な妄想話であるため、原作のイメージを大切にされる方、二次創作が苦手な方、二次創作が理解できない方は、ご遠慮ください。
また、ブログ内の全ての文章・いただきものを含む画像等の無断転載・転用を固くお断りします。

まだまだ拙い文章しか書けませんが、以上の注意をご理解いただき、読んでもいいかな~と思われた方のみ、ご閲覧下さい。
よろしくお願いします☆

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

リンク

●Swinging Heart(ぴくもん様) swingingheart
●のんきもののお家(わさこ様) no banner
●日々草子(水玉様) 日々草子
●kiss shower(幻想夢 影菜様) kiss-shower
●雪月野原~snowmoon~(ソウ様) snowmoon
●初恋(miyaco様) no banner
●HAPPY☆SMILE(narack様) HAPPY☆SMILE
●イタズラなkissの二次創作マナーを考えよう!(イタkiss創作マナー執筆者X様)
●みぎての法則(嘉村のと様) no banner
●Embrasse-moi(ema様) no banner
●φ~ぴろりおのブログ~(ぴろりお様)
●真の欲深は世界を救う(美和様)
●イタKiss~The resident in another world ~(九戸ヒカル様)
●むじかくのブログ(むじかく様) no banner
●つれづれ日和(あおい様) no banner
●Snow Blossom(ののの様) no banner

Copyright © こんぺい糖と医学書 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ( ブログ限定配布版  / 素材:hadashi )    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。