10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.12.31 *Thu*

琴子日記⑫   カウントダウン


「何、見てるんだよ」

「入江くん」

「・・・・」

あたしは、ベッドに横たわる入江くんの横に正座して、上から入江くんを見下ろしている。
片手には時計。
あと、2分で今年が終わる。

「年が変わる時の入江くんの顔を見ていたいの」

「さっきから血走った目で見られて、気持ちわりーんだよ」

あからさまに不機嫌な顔をして、ぷいっとわざと顔を横そらす入江くん。
あたしも、負けずと入江くんの顔を向けた方に、顔を近づけて、覗き込む。

「やめろよ」

今度は入江くんががばっと身体を起こして、ベッドの上に座ってしまった。
そして立ち上がって、ベッドから下りようとするから。

「もうっ、移動しちゃダメよ!顔見てたいの!」

「そう言ってる間に、新年きちゃってるんじゃねーの?」

「え・・・え!?」

あたしは慌てて手元の時計を見る。
時刻は23時59分・・・50秒!!

「ひゃあああ、カウントダウンよ入江くん!!ほらっ、ほらっ、じっとして!」

あたしは入江くんの腕を掴んで、ベッドから下りないように必死で固定する。

「5  4  3  2  1 」



----------!!!


「しっかり見たか?」

「・・・・///////」

「どうだった?」

入江くんが、眉をくいっとあげて、口角をあげながらあたしの顔を覗き込む。

「ひ、ひどいよ!////何も見えなかった!!////」


入江くんにキスをされて、あたしは突然のことと、顔が近すぎて、本当に何も見えなかった。
言うならば、真っ白ってやつだ。

「ひどいな、琴子」

「ひどいのはどっちよ!もうすっかり新年になっちゃったわよ!年が明けた瞬間の入江くんの顔が見たかったのに!!」

「俺は、おまえの愛玩動物か?」

「・・・・へ?」

「見ただけが、俺ってことか?」

入江くんが、あたしの唇に指をすうっと這わして、とんとんとあたしの唇をたたく。

「どうだったんだ?」

入江くんの澄んだ眼が、あたしの眼をしっかりと見ている。
そして、とんとんとまたあたしの唇をたたく。

「・・・・柔らかかったよ・・・・//////」

・・・こんなこと言うなんて、恥ずかしくって、あたしは目線を下に落として、入江くんから目をそらす。


入江くんの手が、あたしの方に向かって動いてくるのが、下を向いているあたしの視界にも入る。
その手が、あたしのほっぺたに添えられる。
入江くんが、あたしのほっぺたを親指ですりすりと撫でてくる。
そのすりすりした感触がとても気持ちよくって・・・あたしは、目を瞑って、入江くんの指の動きをじっと感じている。

入江くんの手があたしの頭に乗せられる。
くるくるっと頭を撫でられ、髪の毛を指でゆっくり梳かしていくのがわかる。
何度も何度も、入江くんがあたしの髪を梳く。
髪を梳く入江くんの指が、あたしの地肌に触れると、あたしはびくっと身体を震わせてしまう・・・。

そしてすうっと身体が軽くなって・・・今、温かいものに包まれているのを感じる。


・・・・・あたし、今、入江くんの胸の中なんだね。
あたしは目を瞑ったまま、入江くんのトクトクという胸の音を聞いて、世界一の安堵を感じる。



入江くん・・・・今年もよろしくね。




***********

23時59分50秒に予約投稿しました(*^_^*)

ほんと、さっき!23時頃に思いついて、10分ほどで書いてしまいました。
今、紅白で絢香歌ってますから(笑)。
あとで、修正かけるかもしれませんが・・・とりあえず、この時間にあげておきます。








COMMENT

>Pさま

あけましておめでとうございます。
こちらこそ、今年もよろしくお願いしますね♪
予約投稿しました!でも、私は確認してなかったので、この記事ちゃんとこの時間にあがってたのか、私は知らないんですぅ・・・(T_T)大丈夫だったのかな?
突然、ラブラブな感じの2人を書きたくなって、慌てて書いたものです(^_^;)
修正すると言いつつ、一度書いたらほとんど読み直さない私なので・・・そのまんまです。はい。
by chan-BB
2010/01/04(月) 09:03 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


プロフィール

千夜夢

Author:千夜夢

こんにちは。
素敵なイタキスの二次創作をたくさん読ませていただき、ついつい自身も二次創作なるものを書いてしまいました。
ここは、私の超個人的な妄想話置き場です。

原作者様、出版社様等とは一切関係ございません。
私の勝手な妄想話であるため、原作のイメージを大切にされる方、二次創作が苦手な方、二次創作が理解できない方は、ご遠慮ください。
また、ブログ内の全ての文章・いただきものを含む画像等の無断転載・転用を固くお断りします。

まだまだ拙い文章しか書けませんが、以上の注意をご理解いただき、読んでもいいかな~と思われた方のみ、ご閲覧下さい。
よろしくお願いします☆

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

リンク

●Swinging Heart(ぴくもん様) swingingheart
●のんきもののお家(わさこ様) no banner
●日々草子(水玉様) 日々草子
●kiss shower(幻想夢 影菜様) kiss-shower
●雪月野原~snowmoon~(ソウ様) snowmoon
●初恋(miyaco様) no banner
●HAPPY☆SMILE(narack様) HAPPY☆SMILE
●イタズラなkissの二次創作マナーを考えよう!(イタkiss創作マナー執筆者X様)
●みぎての法則(嘉村のと様) no banner
●Embrasse-moi(ema様) no banner
●φ~ぴろりおのブログ~(ぴろりお様)
●真の欲深は世界を救う(美和様)
●イタKiss~The resident in another world ~(九戸ヒカル様)
●むじかくのブログ(むじかく様) no banner
●つれづれ日和(あおい様) no banner
●Snow Blossom(ののの様) no banner

素材拝借

 ミントBlue様               

Copyright © こんぺい糖と医学書 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ( ブログ限定配布版  / 素材:hadashi )    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。