10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.01.28 *Mon*

ハッピー



今年になって初めての創作。
でもちょっと異色です。そして短編。
その理由は、あとがきで。
・・・・・・・・・・・・・・・



「えー!なんで琴子がBなの?あたし、すっごい自信あったのにCだったよ」

「あたしなんてDだよ。金ちゃんはEだったし」

じんこと理美が、今返ってきたばかりの国語の「詩」の判定について口を尖らせてあたしに文句を言う。
でもあたしは・・・

「あたしはBでもちょっと納得いかない。すっごくうまく書けたと思ったのにぃ~」

と、じんこや理美以上に口を尖らせて呟いた。

「図々しいよ!何が納得いかないよ?」

「ホントだ。この詩のどこがB判定なの?」

じんこと理美が左右からぎゅうぎゅうとあたしの身体を押してきて、「きゃあ痛い」とあたしは悲鳴をあげた。

「ねえ、琴子、この『詩』、入江くんにあげたら?」

「バカだなじんこ、あの入江が受け取るわけないじゃん。琴子のラブレターだって受け取らなかったんだよ」

「ま、そうだな。受け取るわけないか。受け取ってもビリビリって破いちゃいそう」

「そうそう」

キャハハハと、人をネタにして高笑いする二人。

「もう!そんなこと言わないでよ!!」


あたしはその場を離れて、一週間ぶりに返ってきた自分の書いた「詩」をもう一度読んだ。
読んで思わずにっこりする。
ああ、上手く書けたな。自分の思っていることを珍しく文章に表せたなと、自分で自分を褒めてあげる。
先生が赤ペンでコメント書いてくれている。
そのコメントもちょっとうれしかった。

ちょっと内容は偏っているけれど、先生もハッピーな気持ちになったよ!

へへっ、そりゃそうでしょう。
だって本当に愛情こもってるもん。



「ハッピー」  3年F組 相原琴子


さびしいとき
入江くんのことを考えるとさびしくなくなる
好きな人がいるって、心があったかくなるもんだなあ

おちこんだとき
入江くんのことを考えると少し復活できる
好きな人がいるって、やる気になるもんだなあ

ねむれないとき
入江くんのことを考えていると、いつの間にか眠っている
でもときどき入江くんのことを考えすぎてドキドキして
余計眠れなくなるときもあるけれど(笑)
でも、夢の中でも、朝までも入江くんの姿が頭に浮かんでいるっていうだけで
しあわせだなあって思う

入江くんは、こんなに毎日入江くんのことを思ってばかりいる人をどう思うのかな?
気持ち悪いかな?それともうれしいかな?

あたしは、あたしのことをこんなに考えてくれている人がいたら最高にハッピー!!

だって想像してみて?
この世にあたしのことを思ってくれている人がいるなんて
それでしあわせを感じてくれる人がいるなんて
なんてわくわくするの!
なんてハッピーなの!

あたしが入江くんのことを思うくらい
あたしのことを思ってくれる人がこの世界に現れたらいいな
そしてその人が入江くんだったら・・・最高に最高にハッピー!!





おれが、琴子の書いたこんな「詩」を見たのは、結婚して何年もたってからだった。

その頃おれは、担当患者の治療方針が決まらず悩んでいた。
手術に踏み切るのが医師としてベストなのか、それとも患者の意思を尊重して現状維持することが患者にとってベストなのか。
おれも患者も、どこかその治療方針を決めかねていて堂々巡りの日々だった。
おれは、ここ数日寝付きが悪くなっていた。
そんなおれの様子を知ってか、琴子が「いいね。入江くんにそんなに真剣に考えてもらえる患者さんはしあわせだね」と言った。

「はあ!?考えるだけで病気を治すこともできないのに、何がしあわせだ!?言葉を選べ!」

おれはきつく琴子を叱った。
いや・・・本当は思うように進まない治療方針にいらつき、琴子にあたっただけにすぎなかったのかもしれない。
琴子はしゅんとして「ごめん」とだけ言って、それ以上は何も言わなかった。


次の日、おれは遅くに家に帰った。
風呂に入り、部屋にもどると、おれの枕の上にこの「詩」が置いてあった。
いっきに読んで・・・おれは大きく息を吐いた。

琴子はベッドですやすやと眠っている。
昨日おれに怒鳴られ、いやあたられ、琴子は少なからず落ち込んだに違いない。


―それでもおまえは、今日もおれのことを思って眠りについたのか?
―おれは今でも、おまえをしあわせな気分にさせているのか?


おれが患者の治療方針で悩んでいるときも、琴子は、そのおれをじっと見ていたに違いない。
仕事のことには口を出さず、ただじっとじっと見守っていたのだろう。
おれの寝付きが悪いことも気づいていたに違いない。
だから琴子は、こんな「詩」を・・・。

ゆっくりと掛け布団を持ち上げ、おれはベッドへともぐった。
すでに琴子の体温で温かく湿ったような蒸気が布団の中にはある。
少し顔を近づけると、琴子の寝息がおれの頬にあたった。
それもまた温かく湿った、なんともいえない心地よさだった。

自分のことを誰かが必死で考えてくれている。
そんなことを、琴子に出会うまではおれは想像したこともなかった。
そうだ。これは患者に対しても言える。
せめて一人苦しむことなく、医師も必死で貴方のことを考えていますという姿勢を見せるだけでも、少しは安堵してくれるかもしれない。
そうすればおれを信頼して、本当の自分の意思を伝えてくれるかもしれない。



「琴子」



小さく愛しい名前を呼び、その頬に軽くキスを落とした。
おれは琴子のように、いつもその存在の愛しさを確認して生きているわけではない。
だけど・・・おれの心や身体には、その愛しさは知らず知らずに染みついている。
おまえがおれのことを思い、しあわせな気持ちになっているとき、おれは、それを空気のように当たり前のように受け入れていた。
受け入れたものがあまりに心地よすぎて・・・、そして気づいたらおまえと一緒に居たんだな。
それが、しあわせの形だということにもよく気づかず・・・。



「琴子」



もう一度その愛しい名前を呼び、今度は額にキスを落とした。
そして、頭の中で昼間の笑顔いっぱいのおまえの顔を思い出す。
ああ、なんでもうまくいきそうな安堵感があふれてくる。


―入江くんは、こんなに毎日入江くんのことを思ってばかりいる人をどう思うのかな?



最高にしあわせだろう。




ちょっと内容は偏っているけれど、先生もハッピーな気持ちになったよ!

先生の朱筆のコメントが、何度も頭の中に出てきて、おれはそのたびに笑った。
たしかにそうだ。おまえは周りをハッピーにさせてくれるとおれは珍しく大きな声で叫んだ。
それはどうやら夢のはじまりだったらしい。

おれは、久しぶりにすぐに眠りに落ちていたのだから――。





**********

子供の進路を一緒に悩み、眠れない日々を過ごしている友に贈ります。

・・・って友達は、私がこんなブログしていることは知りませんが(^_^;)
イリコトを利用して書かせてもらいました。
なので少し内容が・・・すみません。



COMMENT

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by
2013/01/28(月) 16:31 [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by
2013/01/28(月) 19:19 [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by
2013/01/28(月) 21:14 [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by
2013/01/28(月) 23:41 [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by
2013/01/29(火) 00:49 [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by
2013/01/29(火) 15:19 [Edit
コメントありがとうございます

YKママさま

こんにちは。琴子ちゃんの詩を素敵といっていただきありがとうございます。
稚拙ですが、入江くんへの想いがこの時期から本物であったことが伝わればうれしいです。そして琴子ちゃんの気持ちって、どこか「母」に通じるものもあるような気がしますね。
誰かが自分のことを本当に心配してくれたり、想ってくれたりって気づかないことが多いですが、とてもありがたいものだと思います。
YKママさんもこの時期はいろいろと大変だと思いますが、最終的にハッピーな道が開けることを祈っています(*^_^*)


紀子ママさま

今年はじめてのお久しぶり更新でした。
琴子ちゃんの詩も、私の文章もどこか稚拙でしたが、いろいろ感じてくださってありがとうございました。私の方がコメントに感動しましたよ!!
昨年は、寂しいお別れがあったのですね。でも残してくださったメッセージに私も涙です(T_T)まさに想っている気持ちを何かに残されたかったのではないでしょうか。寂しいけれど、気持ち温かくなりますね。私こそうまくまとめられませんが(^^;)、こういうコメントのやりとりでもしあわせを感じます。ありがとうございます。


たまちさま

ちょっとうまくまとめられなかったなと感じていた話だったのですが、素敵と思っていただきありがとうございます。ホッとしました。
琴子ちゃんに、この頃から深く想われている入江君は、本当にしあわせですよね。あまりにずっと身近すぎて感覚が麻痺しちゃっていることはあるかもしれませんが、いざというときにしっかり感じてくれる入江くんだと信じています。
たまちさんにも、ハッピーな気持ちが伝わってうれしかったです♪


ベリーさま

こんにちは。ちょうどその友達とランチをした夜に思いついた話です。
気持ち分かるよという思いと、応援しているよという思いから、こんな形になりました。
しかし「受験」って子だけでなく、親もストレス感じるものですね(^^;)
入江くんは、ストレス感じても琴子ちゃんに癒やしてもらえそうですね~(*^m^*) そしてますます惹かれていくんですね。
こちらのお気遣いもありがとうございます。ストレスためないように、なんとか乗り切りたいと思います。


みゆっちさま

こんにちは。ちょうどタイムリーに「誰かを幸せにしている」話をされていたのですね!!わ~すごい~と思ってしまいました。
誰かをしあわせにして、そして誰かを本気で心配するって、かなり労力がいるものですよね。
琴子ちゃんは、それを毎日さらりと当然のように入江くんに与えているからすごいです(^^;)
いろんな場面で悩んだり、過ぎれば懐かしかったり、そうやってみんな成長していくのだと思います。
悩める人々が、悩んだ分だけ、良かったと思える道がみつかることを私も祈ってます。そして私もそうであってほしい(笑)。素敵なコメント、ありがとうございます。


88さま

はじめまして!いつも読んでいただきありがとうございます。
うれしいです。この話でいろんなことを感じて泣いていただけたなんて・・・。
人間ってそれぞれに悩みを抱えていますね。大小かかわらず、それがストレスになったり、でもそれが糧になったり・・・。
最終的には、みんなハッピーになってほしいと思います。
またぜひ遊びに来てやって下さい(^^)/
by 千夜夢
2013/01/31(木) 16:08 [Edit
拍手コメントありがとうございます

kaotokuchanさま

すごく素敵な言葉をありがとうございました。母の存在についてのkaotokuchanさんのコメントは涙ものでした。ぜひ私も、肝に銘じたいと思いました。何度も読んでは身に染みています。ありがとうございます。
無償の愛を与え続ける琴子ちゃんは、本当に入江くんにとってかけがえのない妻であり、そして母としての愛も与えてくれているように思います。原作で、母になった琴子ちゃんもつくづく読みたかったな~と思います(^^;)


butapankoさま

お久しぶりです。
そして久々に泣いていただきありがとうございます。
この寒い冬に温かい気持ちになってくださればとてもうれしいです。琴子ちゃんの「詩」にA評価くだされたと、琴子ちゃんに伝えておきますね(笑)。


yukatさま

はじめまして!
yukatさんにもハッピーが伝わったことに、私もとてもうれしいです♪
ちょっと稚拙な文章ではありましたが(^^;)、いろいろ感じていただき感激です。ありがとうございます。


あけみさま

怒濤の1月でしたね!!お疲れさまでした。
私も数年前に、20数年ぶりにインフルになりましたよ。あれは本当に・・・しんどいですね。そして最近体調不良になると、全て「更年期?」と思うのは私も周りの友達も同じです(笑)。
でもあけみさんは、コメントから復活されていることがしっかりわかりました。男目線も健在ですし(爆!)楽しませいただきました。
琴子ちゃんの詩を読んで、入江くんは改めてその存在の愛しさに気づいたでしょうね。
あけみさんの癒やしになれたなら万々歳。どうぞまだまだ寒い日が続きますので、ご自愛下さいね。
by 千夜夢
2013/01/31(木) 16:11 [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by
2013/02/01(金) 13:00 [Edit
素敵です
とても素敵なお友達ですね。
そしてそのお友達への感謝をこんな風に表現できるなんて
素敵過ぎて
最後の解説?コメント?を読んで
感動して涙が出ました。


いつも楽しく拝見しています。これからも楽しみにしてます。
by ayakamama
2013/02/01(金) 20:42 [Edit
コメントありがとうございます

ぴろりおさま

こちらこそご無沙汰してしまってごめんなさい(>_<)
本当に更新ができていないのに、気づいてくださって感激です♪ありがとうございます。
この時期、子供も親も本当に大変ですよね・・・(^_^;)
琴子ちゃんの詩は、琴子ちゃんらしかったでしょうか?琴子ちゃんだけに、すばらしい技法で書かなくていいので(琴子ちゃん失礼!)気を楽にして自由に書かせてもらいました。
入江くんは、本当に琴子ちゃんに出会えて幸せだと思うし、これだけ天才の足りない部分を補ってくれる女性に出会えたのも、神様のプレゼントですね(*^m^*)
ぴろりおさんにも、春に本当のハッピーが待ってますように♪祈っています。
by 千夜夢
2013/02/03(日) 20:17 [Edit
コメントありがとうございます

ayakamamaさま

「素敵」なんていっていただき、ありがとうございます!!
いつもとっても元気ではつらつとした友達ですが、いろいろと思うところがあることを知り、ついつい同調しちゃったんです。そしてこんな話がつい浮かんじゃいました。
入江くんと琴子ちゃんの関係は、また親子とは違いますが、感動していただいて本当に嬉しかったです。
こちらこそ、これからもこんなまちまち更新ですが、遊びに来てやって下さい。
by 千夜夢
2013/02/03(日) 20:20 [Edit
拍手コメントありがとうございます

ayakichiさま

琴子ちゃんの詩が心に響いてくださってありがとうございます。私も感想読んでとてもうれしく思いました。
そうですね。琴子ちゃんは、入江くんLOVE全開でこの詩を書いたと思うので、これは恋愛の詩であるととらえられた方が最適だと思います♪
励みに感じてくださったなら、本当によかったです(*^_^*)
どの世代であっても、女性は琴子ちゃんのように真っ直ぐで純粋でありたいですね。
by 千夜夢
2013/02/10(日) 08:52 [Edit
拍手コメントありがとうございます

おんぷさま

いえいえ何時でも感想いただくのはうれしいです♪ありがとうございます。
親子で思うところがあり作った話ですが、イリコトをモデルにしているので、やはり恋愛にも当てはまる話になったかと思います。褒めていただきありがとうございます♪
琴子ちゃんの果てしない包容力に、当然のように浸りきっているからこそ、入江くんは啓太のときは余計にいらだったのでしょうね!(笑)もっと自分というものを知るのだ!って感じでしょうか?(*^m^*) 啓太事件のあたりも、いつか書いてみたいなと思いました。ちょっとバタバタしていますが、もう少ししたら時間とれそうですので、たまにのぞきにきてやって下さい(^^)/
by 千夜夢
2013/02/11(月) 13:55 [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by
2013/02/15(金) 10:42 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


プロフィール

千夜夢

Author:千夜夢

こんにちは。
素敵なイタキスの二次創作をたくさん読ませていただき、ついつい自身も二次創作なるものを書いてしまいました。
ここは、私の超個人的な妄想話置き場です。

原作者様、出版社様等とは一切関係ございません。
私の勝手な妄想話であるため、原作のイメージを大切にされる方、二次創作が苦手な方、二次創作が理解できない方は、ご遠慮ください。
また、ブログ内の全ての文章・いただきものを含む画像等の無断転載・転用を固くお断りします。

まだまだ拙い文章しか書けませんが、以上の注意をご理解いただき、読んでもいいかな~と思われた方のみ、ご閲覧下さい。
よろしくお願いします☆

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

リンク

●Swinging Heart(ぴくもん様) swingingheart
●のんきもののお家(わさこ様) no banner
●日々草子(水玉様) 日々草子
●kiss shower(幻想夢 影菜様) kiss-shower
●雪月野原~snowmoon~(ソウ様) snowmoon
●初恋(miyaco様) no banner
●HAPPY☆SMILE(narack様) HAPPY☆SMILE
●イタズラなkissの二次創作マナーを考えよう!(イタkiss創作マナー執筆者X様)
●みぎての法則(嘉村のと様) no banner
●Embrasse-moi(ema様) no banner
●φ~ぴろりおのブログ~(ぴろりお様)
●真の欲深は世界を救う(美和様)
●イタKiss~The resident in another world ~(九戸ヒカル様)
●むじかくのブログ(むじかく様) no banner
●つれづれ日和(あおい様) no banner
●Snow Blossom(ののの様) no banner

素材拝借

 ミントBlue様               

Copyright © こんぺい糖と医学書 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ( ブログ限定配布版  / 素材:hadashi )    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。