10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.11.12 *Sat*

ワンダーワールド 2



・・・入江くん、お誕生日おめでとうございます・・・(小声)


せっかくの入江くんの誕生日なのに、手持ちがコレしかなくってすみません(>_<)
だけど、もう入江くんの誕生日UPは無理だと思っていたのですが、また臨時で仕事入れちゃって、来週こそ浮上しにくいことになってしまったので・・・。
途中まで書いていたものを、なんとか必死で書き足しました。

で!
余計なエピばっかり書いてしまったので、一話で終わりませんでした・・・。
「寄り道上等!」「斗南大病院の余興歓迎!」って方は、読んでやって下さい。
本当に、本当に、すっごいはちゃめちゃな内容です・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・



「桔梗で予約しています」

「はい。お待ちしておりました。こちらにどうぞ」

病院の勤務が終わり、あたしの「歓迎会」なるものが始まった。
場所は病院近くのカラオケボックス。
やはり忙しい医師や看護師たちだけに、万が一の時には駆けつけられるように近くを配慮したらしい。
このあたりは、さすが医療関係者だと感心しなくてはならない。

今日のメンバーは、桔梗さんの友達関係の人が多い。
今日紹介してもらった鴨狩さん、品川さん、小倉さん、そして琴子さん。
そしてちょっとびっくりしたのが、医師が三名も参加してくれたこと。
しかもそれが全員超ステキな外科医なのだから驚き!
琴子さんの旦那さまの入江先生。
そして付き合っているという西垣先生と、あの有名な如月先生までも!!
こんなゴージャスなメンバーに囲まれて、あたしは本当に幸せ者としかいいようがない。


「へえ~?これがカラオケボックスってとこ?」

「如月先生、初めてなんですか?」

「初めてよ。こんなちんけなところ初めて来たわ」

「ち、ちんけって・・・」

桔梗さんが苦笑している。
やっぱり如月先生は、テレビと同じく歯に衣着せぬ物言いで圧倒してくれる。
でもさすがテレビにでも出ている美人セレブだけあって、カラオケボックスとかには来たことがないんだな。

「でもこの個室って、いろいろ使えそうね?」

「え?いろいろってなんですか?」

と、あたしが聞いてみたら

「そりゃ、セックスとかに決まってんじゃ・・・んぐぐ!」

如月先生の口を、西垣先生が覆ってしまった。

セ、セ、セ・・・!?
ま、また・・・空耳・・・??


「もう、誰がこんな下品な女を連れて来たのよ?ずっとそうやって猿ぐつわしておいてほしいものだわ」

「なっ!あんた、何者!?」

「品川真里奈ですけどっ!お初ですかね?」

「お初ですけど、今、しっかり貴女の顔はインプットされましたよっ!」

「そうですか。それはそれはありがとうございますっ!」

バチバチバチッと火花散らす如月先生と品川さん。
なんだかどこかで見た、暴走族レディースのあいさつに似ているわ・・・。
一緒にカラオケ来た人たちは、みんな仲良しだと思っていたら、どうやら初対面の方もいたようで・・・この歓迎会のメンバーチョイスがちょっとわからなくなるあたし・・・。


「まあまあ、そうみんないがみ合わないで。今日はこの下平乙女ちゃんの歓迎会ですから。みなさん温かく新人ナースちゃんを迎えてあげましょうよ」

桔梗さんがマイクを持って音頭を取ると、みんな一斉に・・・あたしの方を見ることなく、カラオケに歌を入れだした・・・。
ちょ、ちょっと寂しいかな。ま、いいけど・・・。


「よ~し、一番はおれからだな」

そう言って腕をまくって立ち上がったのは、鴨狩さん。
マイクを持って、その場でなくテレビの前に場所を陣取った。
音楽が流れ出す。
あたしは聞いたことのないメロディーだ。

「いよっ!啓太の十八番!『酒/と泪/と男と/女』!」

と、桔梗さんが叫ぶ。

「ちょっとちょっと~、歌といい『十八番』って言葉といい、タイムマシーンにでも乗って昭和行っちゃったの?」

そんな如月先生の声にも反応せず(聞こえていない)、鴨狩さんは歌い出す。
いや歌うというより、熱唱・・・いや、語る・・・?


―飲んで~飲んで~ 飲まれて飲んで~ 飲んで~飲みつぶれて 眠るまで飲んで~


本当に一語一語噛みしめながら、鴨狩さんは語りかけるように歌う。それはとても熱い。
しかもなんだかだんだん声が震えてきて、心なしか鴨狩さんの目に涙のようなものが・・・。


「啓太ったら、琴子に振られたことを思い出してんじゃ」

「ぷっ!歌で当時のこと思い出してんのかも。いつまで引きずっているのやら」

桔梗さんと品川さんからこんな声が聞こえてくる。

えーーっ!?鴨狩さんって、琴子さんの元カレだったのーーっ?
じゃ、じゃあ、入江先生を含めて、もしかして三角関係だったとか・・・。
と思って、入江先生の方をチラリと見て見ると


「・・・ひっ!」


な、な、なに~~!?
入江先生の周りになんだか黒いもやもやした羽根のようなのが舞っているのが見えるんだけど~~!?
腕を組んで、まっすぐに鴨狩さんの方を見つめている入江先生。
なんだかその周りだけ暗い感じがするせいか、入江先生のきれいな顔がいつもより陰影を帯びていて・・・そう・・・例えていうなら・・・


「ちょっと!?入江くん、なんだかモアイ像みたいに厳しい顔になってんけど?どうした?」


と、如月先生が入江先生に話しかけ、「そうだ!陰影を帯びたモアイ像!」と、あたしも納得してしまった。
さすが如月先生、的確な表現だ。
 ※参考画像モアイ像
そしてついでにこの時、如月先生はさりげなく入江先生の太腿に手をおいて、さわさわと触っているのをあたしはしっかりと目撃した。
だけど入江先生は、微動だにしない。
斗南大病院って、セクハラに結構寛容なのかも・・・気をつけなくっちゃ・・・。



―パリン



「はい!入江くんが、コップ割っちゃいました!」

と、如月先生。

「え?大丈夫?入江くん、怪我してない?」

入江先生の隣に座っていたのに、曲の選択に夢中になっていた琴子さんは、今やっと入江先生のことに注目する。
もちろん、入江先生がモアイ像になっていたことも、如月先生にお触りされていたことも琴子さんは気づいていない。
ちなみに入江先生は、コップを落として割ったのではなく、手の中で握りしめてパリンと割ったことを、私はしっかり見ていた・・・。
どうしたんだろう・・・?入江先生って見かけによらず、力が強いのかな・・・?

そんな時にも、鴨狩さんはまだ涙を浮かべながら大熱唱している。
歌はどうやら二番へと進んでいるらしい。


―泣いて~泣いて~ ひとり泣いて~ 泣いて~泣きつかれて 眠るまで泣いて
やがて女は 静かに眠るのでしょう


どうやら二番は女の人の心情らしい。
またこそこそっと桔梗さんと品川さんが話し出す。

「ぷぷっ!琴子もそうだったとか思って歌ってるのかしら、啓太ったら」

「まさか、琴子が啓太のこと思って泣いて眠るなんてね~?」



―プチッ



そんな鴨狩さんの大熱唱の中、いきなり音楽が途切れる。

「だ、誰だ!?今、誰が途中で音楽切りやがった~~っ!?」

大熱唱から、今度は大激怒しだして、身を乗り出してみんなの顔を見回す鴨狩さん。

「名乗り出ろ!誰が音楽切りやがった~~っ!?」

しかし誰も、名乗りでない。

でも、実はあたし・・・また見ていました・・・。
入江先生がモアイ顔で、プチッとリモコンで音楽切っちゃったところ。
だけど・・・そんなこと、怖くてとても言えません。
だって三角関係だったんでしょう~?
怖すぎて言えませんよ~~!!


「しけた歌は、ここいらでおしまいよ」

「は?しけた?如月先生、それはどういう意味ですか?」

「昭和男は、空気読め!ってことよ」

「しょ、昭和男・・・」

真っ青な顔をして愕然とする鴨狩さん。
「昭和男」にショックを受けたのかしら・・・?
しかし、そんな鴨狩さんを気にすることなく、如月先生は隣に座る入江先生に声をかける。


「じゃあ次、入江くん、お口直しに『嵐』でも歌ってちょうだい」

「きゃーー!入江くんが、『嵐』?あたしも聞きたい~~!!」

飛び上がって喜ぶ琴子さん。
しかし入江先生は表情変えずに言う。

「おれはそんなの歌えませんから」

「まっ!ノリの悪い男ね?」

「あ~~ん・・・入江くんの『嵐』聞きたかったよ~~・・・」

がっくり肩をおとす琴子さん。
琴子さんって・・・入江先生の奥さんって言うより、入江先生の大ファンって感じの方が似合ってる感じ・・・。
そんながっくりする琴子さんをさておき、如月先生はまた入江先生に提案する。

「じゃあ入江くん、『X JA/PAN』歌ってちょうだい。もし入江くんが『X JA/PAN』をシャウトしてくれたら、あたしその横でトップレスで頭振って踊ってあげるから」

「ぶーーーーっ!き、如月ちゃん、君なんてこと!?」

如月先生の横で、西垣先生がジュースを噴き出し(※一応万が一の呼び出しのためにアルコールを飲んでいないあたり。アルコール飲んでなくても、みんなこんなノリなあたり・・・)、周りのみんなもやんやと歓声をあげた。
が、誰も入江先生が、そんなものを歌うはずがないとわかってはいると思うけど・・・。


「いいですよ」

「「「・・・えっ!?」」」


い、入江先生からの、まさかのイエス返事――!??


「琴子、適当にそいつらの曲入れて」

「い、い、入江くん、『X JA/PAN』歌えるの・・・?」

妻の琴子さんでさえ声を震わせ、半信半疑で入江先生に問いかける。
すると入江先生は、ニヤリと笑って如月先生の方を見た。

「ああ。歌えるだろう。如月先生が、しっかり公約を守ってくれたらな」

「あらなに?入江くんったら、あたしのトップレスの姿が見たいわけ?ふふふ、これはちょっと意外。でも光栄だわ。トップレスどころか、なんだったら個室だし全裸だってOKよ」

「ど、ど、ど、どうしよう・・・入江くんの『X JA/PAN』が聞けるなんて・・・あたし、手が震えて、手が震えて、曲が入れられない・・・」

ぶるぶると本当に震えている琴子さんに、「あ、あたしが入れてあげるわ!」と、桔梗さんが興奮しながらリモコンを取り上げた。
琴子さんは震えながらも「で、できたらバラードでお願い、モトちゃん・・・」と頼んでいる。
みんな意外な展開に動揺を隠せない様子だけど、ひどく入江先生の『X JA/PAN』に期待している様子でもある。

だけど・・・誰も如月先生の『トップレス』や『全裸』に反応していないのが、なんだか不思議なんですけど?
「入江先生のカラオケ>>>>如月先生のトップレス」って図式かしら・・・??


「ちょっと待ったーーーー!!」

そんな不思議なムードを破ったのが、西垣先生。

「何よ、ガッキー?まさか嫉妬であたしのトップレスが嫌とか言わないでよね!?入江くんのカラオケにこのくらいの代償はお安いものなんだから」

「これは『罠』だ」

「はあ?罠?」

「如月ちゃん、ここで服なんて脱いだものなら、君は速攻逮捕だぞ」

「はあ?逮捕!?」

「やめとけ。君はテレビにも出ているし、なんと言っても医師。入江の変な策にのるな」

「このくらいで逮捕?」

「今はカラオケボックスもいろいろ規制が厳しいんだよ。それに如月ちゃんは顔を知られすぎている。ほら?ドアの窓からも、何人か覗いているじゃないか?通報されたら、如月ちゃん、君マジやばいって」

如月先生は、ドアの外から覗いているお店の人かお客さんかわからない人たちを少し見て、そして入江先生の顔を見た。


「・・・ったく。こういう状況でできないとわかっていて、よくも言ってくれたもんだわ。入江くん」

「どうします?歌っていいですか?」

入江先生は、ふふんと笑いながら如月先生に問う。

「い、い、入江くん、もうすぐ歌始まるよ~。あたし、入江くんの歌声に失神しちゃったら、ちゃんと連れて帰ってね」

入江先生と如月先生との会話を全く聞いていない琴子さんは、両手をぎゅっと握ってお祈りポーズで目を瞑った。
ものすごく入江先生の歌を楽しみにしているんだろう。
琴子さんって・・・本当に入江先生の奥さんっていうより、入江先生の熱狂的な信者って感じだな・・・。


「消して。桔梗くん」

「え?消しちゃうんですか?如月先生・・・」

「悔しいけど、入江くんの勝ちよ。ふん!ったく、ホントくそ可愛い後輩だわ」

そう言うと、如月先生は腕を組んでドサリと深くソファーにもたれかかって、大きくため息を吐いた。
そして、ふと入江先生の方を向くと

「・・・!!」



なんて勝ち誇ったかのようなドヤ顔――!(さっきの陰影を帯びたモアイ像顔とはうって変わって、これはいったい・・・)


そしてその横で、床に座り込んで悔しがっている二人。琴子さんと桔梗さん。

「あああ~~、もうどうして、こういう時だけ、本当に本当にこういう時だけ、西垣先生ったらまともなこと言うのかしら~~!き~~、入江さんのカラオケ聞きたかった~~」

「期待しただけに、気が抜けちゃったよ~~。ああ~~ん、入江くんのカラオケ、『X JA/PAN』のシャウト~~!ああ~~ん、もう、悔しくって今夜は眠れない~~!」

琴子さんと桔梗さんは、涙を流しながら床をバンバン叩いて嘆き悲しんでいる。
もちろんこれは演技ではない。どうやら本気らしい・・・。


その姿を見て、あたしはハッと気づいた―。

鴨狩さんの涙の熱唱も。
如月先生の意味不明の要求も。
入江先生のドヤ顔も。
そして琴子さんと桔梗さんの、異常なまでの入江先生信者ぶりも。
これらはきっと全部、意味のあるものなのだ。

お医者さまもナースも、病院での仕事は本当にストレスのたまる大変なもの。
だからこそオフで、こうしてみんなこんな馬鹿みたいに子どもになってストレスを発散してこそ、またストレスの多い医療現場へと向かう――!
これらはきっと高尚な儀式に違いないわ――!!(深い・・・しみじみ・・・)




**********

なんかもう・・・各地で素敵な入江くんの誕生日エピが繰り広げられているだろうと思うのに、これはいったいなんでしょう・・・?(苦笑)いや(恥)

次回、事件が起きます。
そして、モアイ顔再び――。
乞うご期待(誰も待ってないとわかっているけど、とりあえず・・・)――。

前回のコメレスも、順次していきます。まだできていなくてごめんなさい(>_<)
そしてここでなんですが・・・「裏書庫」の方にも、たくさんのコメントありがとうございますm(_ _)m
これ書き終えたら、またあちらもがんばります!

COMMENT

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by
2011/11/12(土) 10:24 [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by
2011/11/12(土) 14:49 [Edit
いやいや、ここに期待している人間が一人
なんだ~残念!!
入江くんが「X」でも歌おうものならと、Xジャンプの準備をして待ってたのに(笑)
で、バラードとか言われて「Say anything」とかあの元首相のお気に入りの歌とかかなと思ってたら…チッ!!

期待して待ってますよ、モアイ入江!!

しかしこの状況を琴子ちゃんに負けないくらいにポジティブに考えている乙女ちゃん、あなたももうこの変人集団(?)の立派な仲間です(笑)
by 水玉
2011/11/12(土) 23:33 [Edit
ここにも、も一人おりますよ!笑
入江くんの『X Japan』待ってましたよ~、私も!
バンドブームの最中、育った私、当然『X Japan』もド真ん中。「Xジャンプ行っとく?行っちゃうよ!」ってな感じで待ってました!笑
イリコトと同級生なので、彼らもド真ん中!だけど・・・入江くんは、クラッシック派でしたね。聞いた事は有るでしょうが、歌いませんよねぇ・・・笑。
じゃせめて、バラードを・・・ってもう良い?!笑。
入江くん、歌ってる啓太にヤキモチって・・・しかも、選曲にヤキモチ?!って・・・爆笑。
あ~あ~あ~、この人、大事なお手手で、コップ握り潰しちゃったよ・・・苦笑。
如月先生、カラオケボックス内は、モニターされてる所が多いみたいですよ~笑。いくらナイスバディ、自慢したくても見せちゃダメよ~!爆笑。ほんと、公然わいせつでしょっ引かれますよ~笑。
あっ、如月先生、一回ぐらいしょっ引かれた方が良い?!爆笑。
乙女ちゃん、あなただけは、まだまだ初心で居てちょーだい!!微笑。
お忙しいところ、更新ありがとうございました。
今日も、たっぷり笑わせて頂きました。
続きも楽しみに待っています。
by REE
2011/11/13(日) 21:33 [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by
2011/11/15(火) 12:59 [Edit
お返事遅くなっちゃってごめんなさい

またしても遅いコメレスでごめんなさい。
今回はトラブル発生です。
これはまた別記事にてUPします。
楽しいコメント、本当にありがとうございました~♪


コメントありがとうございます


ぴくもんさま

はちゃめちゃの脱線中編でした。なんだか私があれもこれもと書きたくなっちゃって(^^;)イリコトを書いているより、その周りの人物の方が楽しかったりした中編でありました。
「酒と~」は、すみません、どちらも記憶からとんでおります(>_<)莫大な作品からとても探しようもなく、またぜひこっそり教えてもらえれば助かります(^^;)
今回入江くんの大人げない嫉妬をちょっといれたかったので、啓太にもカラオケに参加してもらいました。はい、それだけのために啓太を書いたんです(笑)まだこのくらいで雨宿り的大魔神になってもらっては困るので、その初期段階のモアイに今回はなってもらいました(笑)これって進化形だったのですね・・・?爆!
入江くんのカラオケは、Xジャ○ンか、あやまんジャ○ンか迷ったのですが(笑)、入江くんのシャウトって点でXの方に・・・ってこんなレス聞きたくないですよね~?(苦笑)要らないって!そんな説明!!(>_<)
カラオケのぴくやん話、確かに前に聞いたような他の人から聞いたような?(笑)ですが、密室は本当に無法地帯だと思います。で、最近は取り締まりもうるさいようですね。
寄り道上等のお話に、楽しいコメントいっぱいありがとうございました~(*^_^*)


minminさま

はじめまして!いつも読んでくださりありがとうございます。しょぼい話満載ですが一つでもお気に入りがあればうれしいです♪さて日にち経っちゃって申し訳ないです。もう見つけられたかもしれませんが・・・「裏書庫」は入口が一つだけで存在しています。このブログのカテゴリ>ごあいさつ>「ブログ公開から一年たちました」からご確認ください♪


水玉さま

なんかすっごく濃い話になっちゃってるじゃないですか!?(笑)詳しすぎるだろっ!(笑)
でも私も入江くんの意外な部分とかちょっと見てみたいです。周りがひくほど熱唱するとか、実は音痴だとか・・・朝までマイク離さなかったとか(掛詞ではありません・・・??)。
モアイ入江、かなり日にちたってからになりますが、テンション復活させて完成させますね!
しかし変人には変人が集るものだと・・・この話がいい例ですね。


REEさま

ここにも水玉さんと同じく詳しい方が・・・。こういう方の中に混じれば、入江くんも思わず調子にのって歌っちゃいそうな感じがします~(笑)。
そしてすっかり忘れていましたが、入江くんはクラッシック派でしたね!(忘れちゃダメだろ~と自分でつっこみつつ・・・)でもそれ思い出して、入江くんがエアー指揮とかしてみんなにドン引きされてもよかったなとか思わず妄想しちゃいました(^_^;)
啓太との事件が、まさかこんなカラオケでトラウマとして甦ってくるとは、入江くんも小さな男です。だんだん自分でも入江くんのプチ嫉妬が書きたいのか、かっこ悪い小さい男として描きたいのかがわからなくなってきますが(苦笑)、後半でもまた入江くんにはがんばってほしいと思っています。
本当にこういう話はテンポだけがたよりなのに、こんなぐだぐだ更新になってしまって申し訳ないです(/_;)いつも楽しいREEさんのコメントに癒されております。ありがとうございます。


藤夏さま

またまたコメントありがとうございます~~♪
寄り道しちゃいました・・・ははっ、もうなんで私はこういう無駄な描写に力を入れちゃうというか、ひきのばすのでしょうね?(苦笑)でもイリコトをはじめ、斗南大のメンバーを妄想しながらの創作は、結構楽しいものであります♪
「紅」!!(笑)絶対入江くんが歌いそうにないけど、歌ってくれたら失神ものですよね!?私も間違いなく失神します。さっきREEさんのレスに書いたのですが、入江くんのエアー指揮とかも失神しそうです・・・(笑)。でもあの人思い出しますよね?藤夏さんに、書いてほしい~~!!何度も読んでくださって、本当に涙がでるくらいうれしかったです。
そしてテンポよく後編にすすみたかったのですが、ここにきて大トラブル発生!!かなり時間がかかることになってしまいました・・・(ーー;)すみません藤夏さん、藤夏さんところにも足跡残せていないのに・・・復活のさいは、すぐにご挨拶に参ります!!


拍手コメントありがとうございます


ルルさま

UPして早々のコメントに狂喜しておりました!それなのにコメレスがこんなに遅くなってしまってごめんなさい。
入江くんの誕生日にまさかのモアイ入江・・・こんなのでも楽しんでいただき、本当に感激です☆ありがとうございました!!


紀子ママさま

思いがけずの寄り道中編でしたが、終わってほしくないのお言葉に、うるうるきちゃいましたよ。ありがとうございます。しかしこんなばかばかしい話ほど、なぜか長引かせる傾向のある私はいったいなんでしょうか?(苦笑)
確かに入江くん、かなりブラックですよね!(笑)この大人げないところを素敵という紀子ママさんは、もうさすが!!(笑)
ガッキーが本当に影が薄くて・・・私も気づいているのですが、そこまで手が回らなくて(笑 それ自体ひどすぎっ!)今回は入江劇場で、ラストもしめたいと思いますが・・・しばらくお時間下さいね。復活のさいも遊びに来てやって下さい。


まあちさま

まあちさん、こんにちは!コメントもらってからちょっと日にちたちましたが、元気になさってますか?こんな馬鹿馬鹿しい話で楽しんでくださるのなら、私はずっと妄想続けますよ!(笑)イリコトだけでなく、イタキスのどのキャラの話も妄想は楽しくてたまりません♪
で、今回めっちゃ笑ったのが、またしてもお舅さんが・・・モアイ、いや違う(笑)入江くんとリンクしすぎで、入江くんの将来がまあちさんに見えていそうで怖いです~~!でも笑える!


あけみさま

ここにも寄り道上等のお言葉が!ありがとうございます!
そしてオリキヤラ如月ちゃんの登場を喜んで下さる方がここにも・・・ありがとうございます。本当に創作者冥利に尽きます・・・。
入江くんのカラオケって、確かにアニメではあってもおかしくなかったかも?(笑)アニメの番外編で私も見てみたい気分ですね♪
しかし音楽ぶち切りとか、なかなか物騒なカラオケで・・・このぶち切りは後編でも使いますので、覚えていただいてたらうれしいです。
そしてここでなんですが・・・あちらのコメントの最後の一文に爆笑させてもらいました
by chan-BB
2011/11/17(木) 12:57 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


プロフィール

千夜夢

Author:千夜夢

こんにちは。
素敵なイタキスの二次創作をたくさん読ませていただき、ついつい自身も二次創作なるものを書いてしまいました。
ここは、私の超個人的な妄想話置き場です。

原作者様、出版社様等とは一切関係ございません。
私の勝手な妄想話であるため、原作のイメージを大切にされる方、二次創作が苦手な方、二次創作が理解できない方は、ご遠慮ください。
また、ブログ内の全ての文章・いただきものを含む画像等の無断転載・転用を固くお断りします。

まだまだ拙い文章しか書けませんが、以上の注意をご理解いただき、読んでもいいかな~と思われた方のみ、ご閲覧下さい。
よろしくお願いします☆

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

リンク

●Swinging Heart(ぴくもん様) swingingheart
●のんきもののお家(わさこ様) no banner
●日々草子(水玉様) 日々草子
●kiss shower(幻想夢 影菜様) kiss-shower
●雪月野原~snowmoon~(ソウ様) snowmoon
●初恋(miyaco様) no banner
●HAPPY☆SMILE(narack様) HAPPY☆SMILE
●イタズラなkissの二次創作マナーを考えよう!(イタkiss創作マナー執筆者X様)
●みぎての法則(嘉村のと様) no banner
●Embrasse-moi(ema様) no banner
●φ~ぴろりおのブログ~(ぴろりお様)
●真の欲深は世界を救う(美和様)
●イタKiss~The resident in another world ~(九戸ヒカル様)
●むじかくのブログ(むじかく様) no banner
●つれづれ日和(あおい様) no banner
●Snow Blossom(ののの様) no banner

素材拝借

 ミントBlue様               

Copyright © こんぺい糖と医学書 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ( ブログ限定配布版  / 素材:hadashi )    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。