06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.10.29 *Sat*

王様の耳はロバの耳 (前)


思いがけず長くなったので、また前後編に。
前編は短めですけど、よろしくです☆

この人の視点は、お初です。
・・・・・・・・・・・・



「あ」

「あ」


この狭い地域の人しか知らないような私道で、特に話したこともないけれど、顔はしっかり知っている人に出会ってしまったなんともいえない空気、わかる――?

お互いに顔はよく知っているので、思わず「あ」なんて声をあげてしまったけれど、そのあと続く会話は想像つかない。
だって顔は知っているけど、本当に今まで面と向かって話したことがないんだもん。


「琴子ちゃんのお友達だよね」

「あ、うん」

思いがけず向こうから話しかけてくれたけど、これはこれでなんともいえない空気。
だってその人は異性で、さらにその人自体は別に嫌と思っていたわけではないけど、どちらかというと立場的に「敵」っぽい位置にいた人で・・・。
しかし話しかけてこられたからには、返事をするしかないし、さらに一旦立ち止まるしかない。
だってこの狭い私道、今、あたしたち以外には、誰も周りにいないんだよ・・・?

「あ、こっち?」

「あ、こっち」

「あ、おれも」

どうやら進行方向も同じらしい。
これはしばらく、話しながら歩いて行くしかないな・・・。
ま、いっか。
別に悪い人じゃないし。直接あたしに関係していた人でもないし。


「おれ、渡辺って言うんだけど、知ってた?」

「うん、知ってる。あたしは、石川。『理美』って琴子に呼ばれていたのを、聞いたことあるんじゃないかな?」

「うん、知ってる。確かに琴子ちゃんがよく『理美』って呼んでいたような気がする」

「へへっ・・・。あたしたち、よく琴子と入江くんがらみで、A組にも乗り込んで行っていたから・・・」

「だよね。ははは」


・・・やっぱ、そんなイメージが残っていたんだな・・・。


「入江と琴子ちゃんと、同じ斗南大だよね?」

「うん」

「じゃあ、今もよく二人を知っているんだ?」

「まあね。相変わらず、結婚したとはいえ、あの二人は結婚前と変わらないような主従関係だけどね」

「そう?」

「そうだよ。琴子が今も、入江くんを好きで好きで追いかけているって感じ。結婚前から同じだよ」

「ふ~ん」

狭い路地を二人で歩きながら、琴子たちの話をするあたしたち。
だってこの渡辺くんとあたし、共通の話題が琴子と入江くんくらいしかないんだもん。
でもまあこの渡辺くん、入江くんとは正反対で、かなり癒し系で、穏やかだ。
あまり異性を意識することなく、今まで個人的にしゃべったことはないけど、話しやすいのはすごく助かる。


「この前さ、夏休み」

「うん」

「偶然、入江と琴子ちゃんに遭って、一緒にお茶したんだ」(※「青い夏の恋愛数式」参照)

「へえ~~」

そんな話は琴子に聞いてないな。

「入江があまりに変わってて、びっくりした」

「入江くんが?どう?」

別にあたしには、入江くんは結婚前から何も変わっていないような気がするけど。
特に相変わらずツンとした顔で、あたしたちを見下したような目で見るところとかねっ!

「とにかく、入江は琴子ちゃんに過保護」

「か、過保護??」

「可愛くってしかたないんだろうな~ホント」

「・・・はあ?」

「そう思わない?入江って、琴子ちゃんに過保護すぎるくらい過保護で、まあ言ってみれば、可愛がりすぎって感じだよね!?」

と、渡辺くんはキラキラした笑顔であたしの方を見た。
それは間違いなく「だろ?だろ?」と同意を求めてきている眼。

「え、いやちょっと・・・。あたしには、それはわからない」

ぶんぶんと顔を横に振るあたし。
だって入江くんって、あたしが見る限りは、結婚後も琴子に意地悪モード全開だよ?
確かに「結婚」をしたくらいだから、入江くんが琴子のことを好きだというのはよくわかる。
だけどそれを人前で見せるほど、入江くんは馬鹿じゃない・・・というか、人前で見せないからあの入江くんなのだと思うけど・・・。

「いや、でも絶対!入江は、わかりやすく琴子ちゃんLOVEを見せているよ!」

「はあ?」

急に大人しいと思っていた渡辺くんが、鼻を膨らませながら強く断言する。
何それ?“琴子ちゃんLOVE”って・・・何?
しかもその絶対自信ありって態度何?


「確かにさ、入江くんって、前々から琴子のドラ//もんって感じで、なんだかんだでいろいろ助けてくれたけど、だけどわかりやすく『琴子LOVE』なんて見せるタイプじゃないよ」

「ぶっ!入江が、琴子ちゃんのドラ//もん!!?石川さん、君、すっごい発想力だね?」

「え?」

「ひゃははは、入江が『琴子ちゃんのドラ//もん』!それサイコーに的確な表現だよ!あはははは~~」

渡辺くんは、お腹を抱えて声をあげて笑った。


・・・そんな笑うこと・・・?
やっぱA組の人って、変わっているよね・・・。


「いやでも、それだけ二人のことがわかっているなら、おれの言っている、入江の『琴子ちゃんLOVE満載の過保護っぷり』も、絶対わかるはず」

「はあ・・・」

難しいなあ~・・・『琴子ちゃんLOVE満載の過保護っぷり』って表現だけでも、意味わかんないし・・・。

「でもまあ、同じ大学で、琴子ちゃんとも仲が良いだろうし。これから視点変えて二人を見てごらんよ。絶対、おれの言うこと正しいってわかるからさ」

「はあ・・・」

「だって、すでに石川さんは入江が『琴子ちゃんのドラ//もん』って気づいているくらいだから・・・ぶーっ!やっぱ、これうけるーーっ!」

「・・・・・」


やっぱ微妙・・・。
A組の人って、どこか微妙だよね・・・。


ともあれ、少し一緒に歩いたら、渡辺くんは「おれこっちだから」と別の道を指差した。
なんとなくホッとするような、だけどまだもやもやが解決しないあたし。
だって渡辺くんの話と、あたしの話って、どこかつじつまがあっていなかったんだもん。
よく知っているはずの琴子たちのことだからこそ、変なもやもや感が残っちゃってる。
そしてそんなあたしに、渡辺くんは再度言う。


「入江たちをよ~く見て、おれの言ってたことが間違いないって気づいてほしいな。注意ポイントは、入江の悪言、悪態に戸惑わされないことかな?」


そんな琴子と入江くんの関係に一生懸命になるなんて、どこかさすがA組って感じ・・・。


「じゃ、また」

「あ、うん」


“また”って言われても、また会うとは限らないし。
でもまあ、入江くん以外でA組の人と話したのって初めてだから、これはこれでいい機会だったかも。
入江くんの『琴子ちゃんLOVE満載の過保護っぷり』ってのは、さっぱりわからなかったけどね・・・。




・・・・・・・・・・・・



「あれ?琴子、今日は学食食べるの?お弁当は?」

「ああ、もうそれは、入江くんに完全拒否されて、今日からやめた」

「あっそ」

また三日坊主か。
というか、結婚してから何度か入江くんと自分にお弁当を作ってきていた琴子だけど、入江くんがそのお弁当に三日ももたずリタイアしたのは一体何度目?
それでもまた繰り返し、忘れた頃に、琴子は入江くんにお弁当を作り出すのだろうけど。

「学食の方がやっぱおいしいね」

「自分でも自覚あるんだ」

「・・・・・」

学食のテーブルで、まるで自分のお弁当から解放されて弾けたかのように、琴子はボリュームいっぱいの斗南大定食のトンカツと、さらにラーメンまでも食べている。

「琴子~・・・太るよ?」

と、一緒のテーブルでダイエット中で小さなおにぎりだけを食べているじん子が、琴子に眉を顰めて提言する。

「大丈夫!この前のお弁当で・・・ちょっと日にちたってたものがあったみたいで・・・お腹壊して2キロほど減っていたから」

「「ええーーーーーっ!!」」

そ、そんな危険な弁当を入江くんも・・・。
そりゃ、入江くんも今回は「完全拒否」するわけだわ・・・。


「琴子おまえ、それ食い過ぎだろっ!!」

「あ、入江くん」


出たなドラ//もん―――!!




**********

前にmiyacoさんのお話を読んでそこから勝手に想像しちゃった「入江くんはドラ//もん説」(笑)。
一人で妄想してうけてコメントしたことを覚えています(^^;)

で、そこから派生した話なのですが、話は思いがけない方に進んでいきます。
それはまた後編で・・・すでにこれのカテゴリが怪しいですよね(*^m^*)

COMMENT

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by
2011/10/29(土) 22:58 [Edit

ひろりんさま

冒頭からちょっと異色の二人の初顔合わせって感じでした♪原作をちょっと確認してみたのですが、やはり渡辺くんと理美って直接関係はないようですね。でも、絶対に顔見知りではある!との確信で設定しました。
食いついていただきありがとうございます(笑)。たいした展開はないのですが、こういうのもいいな~って思いついた話です(*^_^*)後編UPしてますので、またどうぞ☆


紀子ママさま

琴子ちゃんのお弁当にツボっていただき、ありがとうございます~♪本当に毎度チャレンジャーで、そして見えないところで努力(?)愛を見せている入江くんですが、きっと入江くんのことだから臭いとかでお弁当もギリギリのところで回避できたと思います。というか、慣れていて危機反応も過敏のような気がします(笑)。
そうなんです。琴子ちゃんと同類の理美ちゃんは、どこか観点がやはりF組で(笑)。渡辺くんの伝授をどれだけ素直に受け入れるかが後編になってきます。ぜひぜひじっくり読んで・・・下さいましたね☆うれし~♪また後編のレスもいたします(*^_^*)
by chan-BB
2011/10/31(月) 07:57 [Edit

みほさま

後編楽しみにしていただき、ありがとうございます♪
もうUPしましたが、読んでいただけてたらと思います。
みほさんの期待通りの展開かどうかわかりませんが、理美ちゃんはしっかり渡辺くんの期待以上の体験をしてくれているとは思っています(*^_^*)
by chan-BB
2011/10/31(月) 08:00 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


プロフィール

千夜夢

Author:千夜夢

こんにちは。
素敵なイタキスの二次創作をたくさん読ませていただき、ついつい自身も二次創作なるものを書いてしまいました。
ここは、私の超個人的な妄想話置き場です。

原作者様、出版社様等とは一切関係ございません。
私の勝手な妄想話であるため、原作のイメージを大切にされる方、二次創作が苦手な方、二次創作が理解できない方は、ご遠慮ください。
また、ブログ内の全ての文章・いただきものを含む画像等の無断転載・転用を固くお断りします。

まだまだ拙い文章しか書けませんが、以上の注意をご理解いただき、読んでもいいかな~と思われた方のみ、ご閲覧下さい。
よろしくお願いします☆

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

リンク

●Swinging Heart(ぴくもん様) swingingheart
●のんきもののお家(わさこ様) no banner
●日々草子(水玉様) 日々草子
●kiss shower(幻想夢 影菜様) kiss-shower
●雪月野原~snowmoon~(ソウ様) snowmoon
●初恋(miyaco様) no banner
●HAPPY☆SMILE(narack様) HAPPY☆SMILE
●イタズラなkissの二次創作マナーを考えよう!(イタkiss創作マナー執筆者X様)
●みぎての法則(嘉村のと様) no banner
●Embrasse-moi(ema様) no banner
●φ~ぴろりおのブログ~(ぴろりお様)
●真の欲深は世界を救う(美和様)
●イタKiss~The resident in another world ~(九戸ヒカル様)
●むじかくのブログ(むじかく様) no banner
●つれづれ日和(あおい様) no banner
●Snow Blossom(ののの様) no banner

Copyright © こんぺい糖と医学書 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ( ブログ限定配布版  / 素材:hadashi )    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。