10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.06.27 *Mon*

秘密の花園 ①


333333のキリ番を踏んでくださった、吉キチさんのキリリクであります~♪

詳しいキリリクの内容は、最後にお知らせすることにして。
簡単なリクエスト内容だけ、はじめにお知らせしておきます。

吉キチさんの西垣先生への深く歪んだ愛情(?)から発生したこのリクエスト。
「とにかくガッキーにみじめな目に遭っていただきましょう!」ということで(^^;)
数回に渡ってその模様を送りたいと思います。

そして、これは吉キチさんのご要望でないことを強調しますが、私が勝手にとあるオリキャラを作ってしまったために、このお話、全編にわたってかなり下ネタ満載になっています(>_<)
吉キチさん、ごめんなさい。注意書きを許していただき、ありがとうございます。

具体的な性描写はありませんが、全編にわたって会話に下ネタがはいっています。苦手な方は、ご注意下さい
・・・・・・・・・・・・・・・



――今日むかついたこと――(by 西垣 東馬 )


○ 先日提出した論文を、野村教授にダメだしされた件―。

まあこれに関しては、ちょっと仕方ないと思っている。
とにかく準備するのに時間がなかったんだ。だからもう一つつっこんで結論をまとめきれていなかったっていうのは、僕にもわかっていたからな。
問題は、野村教授が模擬的に提出した入江の論文を絶賛したこと!!
あいつ、研修医だぞ?なんで僕と同じように模擬的といって論文提出してたんだ~!?
だいたい研修医は、経験もないのだから、所詮机上の空論を述べているに違いないのだから、経験豊かな僕の論文を上回ることなんてことは、あってはならない!あるわけない!!
・・・なのに野村教授は、ダメだしされた僕の論文と、入江の論文とを比較して、大勢の前でまるで「ビフォー(=僕の論文)アフター(=入江の論文)」のように説明をし始めた。
・・・僕の立場は・・・僕の立場はいったい・・・。


○ 秘密の花園で、入江に邪魔をされた件―。

今日はじめて、いややっと!耳鼻科のキャサリン妃(似)真由子ちゃんと昼休みを一緒に過ごすことができた。
昼休みなので、病院内でのデートスポットと言えばやはりここ!「秘密の花園」でしょう!(病院中庭にあるちょっとした庭園。ここは密かに病院職員、そして患者たちのカップルが集まる場所でもある)
しかしそこに行ったらただならぬ先約がいた。入江!そしてその妻の琴子ちゃん!
入江はベンチに座って、昼休みにもかかわらず嫌みったらしく医学書を読んでいる。
ったく、このガリ勉め!そこまでして教授に気に入られたいのか?(根に持っている)
その本ばかりに目をやっている入江の横で、琴子ちゃんはお弁当を広げ、そしてそのお弁当を母鳥のように入江の口に運んでやっている。

「はい、入江くん、あ~ん」

入江はそれを合図に口を開け、そこに琴子ちゃんがおかずを放り込む。なんやらその手作りらしいお弁当は、茶色と黒色のものしか入っていないという非常に不気味なものだったが、その怪しげな褐色物を、入江は何の表情もなく本を読みながらもぐもぐと食べていた。

「わ~、入江先生、愛妻弁当なんですね~。なんだか素敵」

なにが素敵なのかよくわからないが、真由子ちゃんが目を輝かしてやつらを見る。そして

「実はあたし、彼氏いるんですよ。つい西垣先生に誘われてここに来ちゃいましたけど、やっぱここは入江先生みたいに夫婦や恋人が来るところですよね?あたし、彼氏に悪いんで、ここで帰らせてもらいます」

ええ――っ!?

「西垣先生、さよなら~~ごめんなさい~~・・・」

よりによって真由子ちゃんが大きな声で“さよなら”“ごめんなさい”を言って去るものだから、この「秘密の花園」にいるカップルたちが、みんな僕の方を振り返って!!
そしてずっと本にばかり目をやっていた入江も、バチッと僕の方を見て目を合わせた。そして

「琴子、卵焼き」

それだけ言うと、琴子ちゃんから茶色の物体を口に運んでもらい、むしゃむしゃとロバのようにいつもの無表情で僕の方を見て食べ続けた。
これはいったい・・・・!?どういう挑戦だ・・・・!?






とかく医者という職業は、非常にストレスをためこむものである。
そのため、僕は医者になってから「今日むかついたこと」をノートに記すようにしている。
それを吐き出すだけで、また明日はすっきり!人間、その切り換えが大切なのさ!
しかし以前は、一日数行ですんでいたこの「むかノ」(※「今日むかついたこと」ノートの超省略形)が、最近は一日数ページにも及んでしまっていることに僕は気づく。
そしてこのノートの大半が、「入江直樹」で占められていることにも――。



「は~~、すっきりしたわ~、やっぱセックスのあとのシャワーは、生き返るわ~」

「待子(まつこ)さん」

僕はベッドに座って書いていた「むかノ」をパタンと閉まった。
彼女がシャワーを浴びている時間を利用して、「むかノ」を書いていたのだ。

「はあ?今なんて呼んだ?下の名前で呼ばないでって言ったでしょう!?」

「え、あ、はい・・・すみません」

「如月(きさらぎ)ちゃんって呼んでちょうだい。如月ちゃんよ」

「如月ちゃん・・・相変わらず何も身につけないんですね」

「シャワーのあとは裸に決まってるじゃない!」

今、僕の目の前でバスタオル一つ羽織ることなく堂々と全裸でシャワー室から出てきた彼女は「如月待子」、僕と同い年のA病院の外科医だ。
頭脳明晰、前途有望な外科医であり、その容姿は女優ばりの美人、モデルばりの長身細身のナイスバディで、しかもFカップである(注目)
その医者らしからぬ派手なキャラクターから、最近はテレビにも進出していて、とある番組のコーナーを担当していたりもする。
「待子」と言う名の字が、「待つ」「子」なんて自分のイメージと違うから呼んでほしくないというちょっと変わり子ちゃんではあるが、確かに彼女は「待つ」なんてイメージから激しくずれている。
「一時も待たずに前に進む!」むしろそっちの方が彼女のイメージにぴったりって感じだろう。

そして少し前から僕は彼女といわゆる「セフレ」の関係だ―。
こんな完璧な女性とベッドを共にできる僕は、本当にいい男なんだな~とどこか優越感に浸りながらも、超肉食系女子の如月ちゃんとのHは、かなりヘビーで・・・さすがの僕も2週間に一回くらいでないと身体がもたなかったりする・・・。
これさえなければ、久しぶりに付き合ってもいいと思える女なんだけど・・・。


「来週から行くわよ」

「え?もう来週から?」

全裸のまま、ストレッチ体操をしながら如月ちゃんが言う。
チラリズム主義の僕としては、全裸よりかわいい下着をつけて体操してくれた方が好みなのだが・・・そんなこと如月ちゃんにアドバイスしようものなら、平手打ちが飛んできそうなので言うことはできない。

実は彼女は、来週から週一で斗南大病院外科に勤務予定になっている。
彼女の専門は外科の中でも小児外科。その分野の医師が不足している斗南大の外科に、野村教授の教え子ということもあって、週一だけ勤務することが決まっているのだ。


「斗南の外科に、IQ200の入江先生っているらしいじゃないの?」

「え?」

思いがけず如月ちゃんの口から入江の名前が出て、僕は慌てて「むかノ」を枕の下に隠した。

「かなり優秀らしいわね。その上えらくイケメンだって聞いたんだけどホント?」

「入江はまだ、ぺーぺーの研修医だっ!!」

僕は怒気を帯びた声で、訂正する。

「・・・研修医なの?」

すると、如月ちゃんがストレッチ体操を止めて、また僕の座っているベッドの上に上がってきた。

「研修医なのに噂が流れるって、相当な男よね?しかし、研修医だったら、私よりかなり年下か・・・。でもIQ200の研修医ってのがいいわね。医学バカだけど、まだまだ青くてかわいい男の子って感じか・・・」

「ぶっ!入江が青くて、かわいい!!?」

思わず僕は噴き出した。

「なによ?」

「全然かわいくねーぞあいつは!指導医の僕を敬うこともなく、僕が指導する前に勝手になんでもやってるは、それどころか平気な顔して僕が間違ったことを顔色一つ変えずに冷血な目で指摘する!!あんな生意気な研修医、この医学界に他にいないと言ってもいいくらいだ!!」

「つまり、相当生意気だけど、相当優秀ってわけね」

「なっ!」

僕の顔を見て、如月ちゃんがにやりと笑う。
しまった!あいつをこきおろすつもりが、反対に如月ちゃんに興味を持たせてしまったのかもしれない。
さらに如月ちゃんは、目を爛々とさせ話を続ける。

「その入江くんってのは、夜の方はどうなのかしら?かなりのイケメンらしいけど、女遊びも盛んなの?ま、やりたい盛りの年齢でしょうけど」

「ふんっ!毎日やってんじゃねーの!?病院では、全く女に興味ないってすました顔してるが、ああいうやつに限って結構お盛んだからな」

僕は吐き捨てるようにそう言う。
だってたまに琴子ちゃんが、“今朝は足腰立ちません~”って感じのわかりやすい様子で出勤してくるからな。
入江はああ見えても、相当しつこいむっつりスケベだと僕は確信しているのだ。


「へ~、一見女には興味ないって顔してるけど、結構やってるんだ?」

「まあな」

「ますます乗ってみたいわ」

「は?・・・の、乗る?」

さすがの如月ちゃん、「寝る」じゃなくて「乗る」って表現を使うところが、その辺の女の子とはひと味違う。
しかし、「乗る」って如月ちゃん、さっきまであんなに僕の上に乗って、良い声上げていたのに・・・くっ・・・。
その僕の目の前でまだ全裸でありながら、他の男の上に乗りたいだなんて、失礼すぎるのではないか?
しかも、その相手が入江――!?

くーーーーー!またしても、「むかノ」に書き足す項目が増えるばかりだ!!


いや・・・待てよ?
もし、如月ちゃんが、本当に入江のやつに乗っちゃったらこれは・・・。


「如月ちゃん!まさか入江の奴、食っちゃうつもり?」

「え?そのつもりだけど?」

「おおっ!そうなんだ!!」

「だって、気になるじゃない~?どんないい男かは、やはり一回交わってみないことには」

そう言って、如月ちゃんはふふふと笑った。
言ってることは大胆極まりない放送コードぎりぎりのところだが、如月ちゃんのその顔は、まるで大輪の薔薇のように美しく、そして気高い。
そしてそれは、とても今寝たばかりの男の目の前で、他の男と寝たいなどという肉食動物とは思えないほどでもある。
しかもまだ如月ちゃんは今、全裸だしな・・・ふっ。

僕は考えた―。
あの琴子ちゃん以外には、なぜか女に全く興味なさそうな入江が、この肉食動物如月ちゃんになら、もしかしたら堕ちるのではないだろうか?
いや、堕ちないという選択は、かなり難しいかもしれない。
なんせこの如月ちゃんは、入江が将来希望している「小児外科」の若手ホープ!!
入江が、如月ちゃんに、いや初めは如月ちゃんのその医師として興味を沸かないわけはない。そして、先輩の如月ちゃんにそうそう逆らえるはずもない。
まずは尊敬の念を持って、如月ちゃんとの距離は縮まることだろう。

そしてなんといっても!!
如月ちゃんは、このように超肉食系女子!!狙った獲物は、絶対逃さない!!
いや、逃げ出そうものなら、その尻尾をつかんでも引きずり込んで、自分のものにしてしまうようなアマゾネスだ。
さらに美人で、ナイスバディ。いくら琴子ちゃんしか目のない入江だと言っても、この目が眩むような美女の肢体を見せつけられて、平常でいられようか?・・・いや、いられないはずだ(反語)
そして一旦如月ちゃんの手中に入ってしまうものなら、経験豊富な如月ちゃんは、きっと入江の知らない世界も見せてくれるに違いない。


これは本当に・・・あの完全無欠の入江のやつ、食われてしまう、そして如月ちゃんに、溺れてしまう可能性大ではないだろうか――!?


そしてもし入江が如月ちゃんの手に堕ちてしまったら、すでに如月ちゃんと関係のある僕とは「兄弟」の関係。
ぷっ!これは笑える!
しかもあいつの方が、関係があとからだから「弟」の位置に違いない!そうだ!あいつは、このまま一生僕の「弟」の位置にいればいいんだ!
がはは!なんか、非常に愉快になってきたぞ~~~!


「あ~~~、もうそのまだ見ぬ入江くんの話してたら、またしたくなってきた」

「え!?・・・ああ・・・如月ちゃ~・・ん・・・ああっ」

如月ちゃんがシーツの中に潜り込んできて、僕の脚の間に入り込んでくる。

「き、如月ちゃん・・・うれしいけど、もう今日何回目・・・僕さすがに・・・」

「疲れてるなら、寝ててもいいよ。私、乗るだけだから」

シーツの中から顔を出して、僕に向かってペロリと舌を出してそう言うと、また如月ちゃんはシーツの中に潜ってしまった。


合うかもしれない・・・。
いつもこの僕の足腰まで立たなくさせるような如月ちゃんと、そしていつも琴子ちゃんの足腰を立たなくさせる入江。
本当にこの二人は、出会ってしまったらとんでもない事件が起こるかもしれない。
そしてこの僕の送り込むこの「最強の刺客、肉食動物如月ちゃん」なら、いつもえらっそうな入江をぎゃふんと言わせて、「むかノ」から入江の名前を無くしてくれるかもしれない!!


ぶぐぐぐぐ・・・ひひひひひ~~~あの生意気な入江を陥れることができるかと思うと、なんだかもりもり元気になってきたぞ~~~!!



「ガッキー・・・今日えらく回復早いよね」




**********

入江くんに、超肉食系女子の刺客が放たれました~~!

しかし多くの方が思っておられるでしょう。
「ガッキー・・・無駄な努力を・・・」(泣)

まだまだ導入部だけで、イリコトも出てきてなくてすみません。
でも私、書きながら、すでにこの「むかノ」の内容だけで、十分ガッキーみじめじゃないかと思うのですが・・・( ̄▽ ̄;)
いやいやこれくらいでは、やはりまだまだリクエストを満たしていませんよね!もう少しがんばりたいと思います♪

COMMENT

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by
2011/06/27(月) 20:27 [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by
2011/06/27(月) 23:37 [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by
2011/06/28(火) 00:49 [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by
2011/06/28(火) 12:50 [Edit
コメントありがとうございます

narackさま

narackさん、コメントありがとうございます~♪
なんだか・・・narackさんところとはえらくムードの違う、注意書き必要な話になっておりますが(苦笑)、この系統の話にもムフフな妄想働かせてくれてありがとうございます~(*^_^*)
ガッキーは・・・立ち向かうことに意義を感じているのかもしれません(笑)
だって周りからみたら勝算ないですもん!(^д^;)
わかっていながら続くこのガッキーお話・・・キリリクだけにがんばってみたいと思います(^^)/


ぴくもんさま

こちらこそ!どんな系統のお話でも、いつも広い懐で読んで楽しんでくださって、本当にうれしいです!!ありがとうございます♪吉キチさんらしく、ガッキー愛のこもったキリリクでありますよ(笑)
肉食系女子如月ちゃん、気に入っていただき何よりです~(*^m^*) 彼女に関しては、私の中ではモデルはいないのですが、かなりしっかり人物像を妄想しながら最後まで描いていきたいと思っています。
そしてすでにガッキーのみじめさ、悲惨さを感じてくれてありがとうございます(^^;)
だいたいこんなバカバカしい「刺客計画」をたてるあたりが、みじめでたまんないですよね~~・・・。入江くんと「兄弟」になりたいとか、足腰たたなくなるまで如月ちゃんに付き合っているとか・・・なにをどう見ても、「負け」って感じにしか思えませんもんね(T_T)ついでに入江くんの顔が「ロバ」に見えるってところは、「末期」って感じしますよね(笑)
とにかく吉キチさんのガッキー愛(?)に応じるために、今山場の部分を頑張って妄想しています!・・・が、なかなか進まない・・・(>_<)私もがんばりまっすね!


スヌ―リーさま

はじめまして!いつも読んでいただいてるのですね~うれしいです!ありがとうございます~♪
今回西垣先生には、痛い目にあってもらうのがキリリクでもあるのですが、もうすでに結構痛い目にあっているので、私も「どのくらい?」と模索しながら絶賛検討中であります。そしてみなさん、安心して見ておられるんですよね~入江くんは絶対琴子一筋って!(笑)もうそれだけで、西垣先生みじめなんですけど・・・(^^;)
西垣先生目線ですが、意識してイリコトの描写も入れていこうと思っています。
またこれからもぜひ、遊びにきて読んでやって下さい(^^)/


吉キチさま

今回は本当にキリ番のご連絡とリクエストありがとうございました。
しかも今回朝の8時過ぎという忙しい時間で、吉キチさんも外出中だったというのにGETしていただき!!本当に感激です。そしてこんな私の好きそうな(笑)話をリクエストしてくださってありがとうございます(^^)/
で、今回のこのコメント!!もう、なんで公開にしてくれないんですか~~!(笑)
大爆笑ですよ!声出して笑いました!吉キチさん版「むかノ」と「ハピノ」!!(爆!)
ちょっと「ハピノ」はどっかで使えないかな?なんて思っていますが、吉キチさん的にはガッキーには「ハピノ」は必要ないと思っておられることでしょう(^^;)
もうね、みなさんよくわかっておられると思っているので、あとがきにも書いてしまいました。
入江くんに刺客なんて送り込んでも、「無駄な努力」。誰もがわかっていながら、このお話は展開していきます。
でも吉キチさんのキリリクは、かなり難題ですよ~~。だってまだまだ私の「愛情」加減は甘いと思っていますから(笑)。吉キチさんの要求レベルまで持ってこれるかが相当難しいですが、がんばっていきたいと思います。
とりあえずお約束どおり、各話ごとに多かれ少なかれガッキーの「みじめ」さは入れていきたいと思います(*^m^*)
by chan-BB
2011/06/29(水) 15:40 [Edit
拍手コメントありがとうございます

紀子ママさま

ふふふ、吉キチさんはキリ番ゲッターですよ♪ぴくやんところだけでなく、部長のとこでもゲットありましたもんね(*^m^*) 私も吉キチさんに宝くじ売り場についてきてほしいです!(笑)
もうこの話のガッキー・・・笑うしかないですよね?「無駄だ」って!!ある意味誰もが安心して、今後の展開を見守ってくれることでしょう。「入江くんが浮気?」って誰もコメントで心配してくれてなかったです(爆!)


カルピスさま

確かにタイトルは可愛いですよね!?でも中身は・・・下ネタ満載なんですこのお話(^^;)
オリキャラ如月ちゃんを気に入ってくれてありがとうございます~!でもカルピスさんは、この手のオリキャラは好きだと思っておりましたよ!(*^m^*) 今回の「むかノ」の入江くんとお弁当を食べる琴子ちゃんの光景は、私自分でかなり気に入っているんです~♪無表情であるけど、しあわせを見せつける入江くんってところが好きだったりします(*^_^*)
如月ちゃんは、最後まで使わせてもらうので、ぜひ見届けてやって下さい☆


あけみさま

入江くんに肉食系女子って「肉食VS肉食」になっちゃいますよね?(笑)基本的になぜかドロドロものが書けない私なので、非常にバカバカしい展開で進んでいくと思います(^^;)
しかしあけみさんのコメントに、また爆笑!入江くんの下半身・・・マジにどんな状況でも琴子以外に反応しなかったら、これはこれですごいことです!で、笑えます(*^m^*) この部分だけで、ショートエロギャグ書きたくなったりしました(笑)


くーこさま

くーこさんの笑い声が聞こえてきて、うれしいです~~♪ガッキー出てくるだけで笑えるレベル・・・グッドキャラってのに、私も爆笑しちゃいましたよ!
もう誰もが「お手並み拝見」って感じで失笑されているという・・・あまりに現実性がないガッキーの企み。もう私も書いていながらぷるぷる震えてきています・・・。今後も、可哀想なガッキーをぜひ楽しんで下さい♪(どんなお勧めなのか・・・)


まあちさま

なんと今度はまたまた台キスに?(笑)もうまあちさん、イタキス祭がずっと続いているじゃないですか~?
そしてガッキーの人物像について私も考えていました。原作のガッキーて、こんな私が二次で描くガッキーほどみじめな感じじゃなかったですよね。その「気」はありましたけど(笑)それでこれってまるで「コ○ッケ」が「岩○宏美」をものまねする時のような、まるでそれが本物みたいな錯覚おこしてるよなって思っていたんです!!(笑)
「むかノ」を書いているあたり、ガッキーはすでにみじめなんですが(^^;)、さてさて今後はどのようなことに巻き込まれいくのかは、まだ私も書いている途中なので、ひそかにみなさんのコメントからヒントも得ながら(おい!)がんばっていきたいと思っています。誰も入江くんの浮気を心配されていないので(笑)、安心しながらガッキーを見守ってやって下さい♪


あっこさま

ありがとうございます♪面白い話と言っていただき、ホッとしたりしてます(^^;)
無駄な努力をするガッキーが可愛いなんて、かなりツウのご意見ですよ~(*^m^*) 本当にあっこさんの言われるように、入江くんと琴子との関係をすごい洞察力でわかっているのに、なんでその先にあるものに気づかないのか・・・愚かとしかいいようないですが、ガッキーにはいろいろこのあとも仕事してもらわなくてはいけないので(笑)バカだな~と思いながら読んでやって下さい(^_-)~☆


藤夏さま

今年二回目ですかね?お疲れ様です(^^)/ほどよい疲労もありながら、胸いっぱいの楽しい思い出にリフレッシュされたんじゃないかと思っています(*^_^*)
そして藤夏さんもキリリクできるなら、この吉キチさんと同じ部類の話をと思って下さってたなんて・・・うれしいです。吉キチさんも喜んでくださると思います。
そしてガッキー、イリコトのことならすっごくわかっているんですよね。特に二人の夜の事情とか(笑)それなのになぜか無謀にこんな計画をたてる・・・これってもしかしたらイリコトになにかエッセンスをプレゼントするためにやっているような・・・?(笑)とりあえず、ガッキーに痛い目に遭ってもらわなくてはキリリクは達成できないので、まだまだその部分まで書いていないので、がんばっていきたいと思います。さりげなくみなさまのコメントを参考にしたりしてます(^^;)

by chan-BB
2011/06/29(水) 15:41 [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by
2011/06/29(水) 22:08 [Edit
コメントありがとうございます

吉キチさま

こちらこそ!いきなりオリキャラが目立つ冒頭部だったので、吉キチさんにどう感じてもらえるか心配でしたが、楽しいコメントにホッとさせてもらいました。
「ハピノ」サイコーですよ!!私だけが楽しませもらって、もったいないくらいです(*^m^*)
さらにこのお話、当然のように下ネタ満載になって申し訳ない限りなんですけど、いただいたリクエストを拾っていくと吉キチさんは何も下ネタ書いてないのに、ここにしか辿り着けなくって・・・(>_<)いろいろと許してくださってありがとうございます。
キリリクは確かに難しいですが、でもキリリクの魅力は、普段私が思いつかなかったことをリク主さんに先導していただくというところにもありますので(^_-)私にとっても本当にいい経験、勉強になる課題だと思います。
吉キチさんの意に添うにはなかなか仕上がらないでしょうが、温かい目で見ていただければ幸いです。
by chan-BB
2011/07/01(金) 16:18 [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by
2011/07/03(日) 09:09 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


プロフィール

千夜夢

Author:千夜夢

こんにちは。
素敵なイタキスの二次創作をたくさん読ませていただき、ついつい自身も二次創作なるものを書いてしまいました。
ここは、私の超個人的な妄想話置き場です。

原作者様、出版社様等とは一切関係ございません。
私の勝手な妄想話であるため、原作のイメージを大切にされる方、二次創作が苦手な方、二次創作が理解できない方は、ご遠慮ください。
また、ブログ内の全ての文章・いただきものを含む画像等の無断転載・転用を固くお断りします。

まだまだ拙い文章しか書けませんが、以上の注意をご理解いただき、読んでもいいかな~と思われた方のみ、ご閲覧下さい。
よろしくお願いします☆

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

リンク

●Swinging Heart(ぴくもん様) swingingheart
●のんきもののお家(わさこ様) no banner
●日々草子(水玉様) 日々草子
●kiss shower(幻想夢 影菜様) kiss-shower
●雪月野原~snowmoon~(ソウ様) snowmoon
●初恋(miyaco様) no banner
●HAPPY☆SMILE(narack様) HAPPY☆SMILE
●イタズラなkissの二次創作マナーを考えよう!(イタkiss創作マナー執筆者X様)
●みぎての法則(嘉村のと様) no banner
●Embrasse-moi(ema様) no banner
●φ~ぴろりおのブログ~(ぴろりお様)
●真の欲深は世界を救う(美和様)
●イタKiss~The resident in another world ~(九戸ヒカル様)
●むじかくのブログ(むじかく様) no banner
●つれづれ日和(あおい様) no banner
●Snow Blossom(ののの様) no banner

素材拝借

 ミントBlue様               

Copyright © こんぺい糖と医学書 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ( ブログ限定配布版  / 素材:hadashi )    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。