08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


2010.11.21 *Sun*

Promise~幸せの場所~


itakiss2010

結婚記念日当日ですね。

それに相応しいお話を藤夏さんにいただきました♪
琴子視点のお話だったので、思わず私が直樹視点を書いてしまいました(^^;)

ええ間に合いました(笑)なんとか、駄文ではありますが直樹視点書き上げました。(「星空」あとがき参照)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・


~~~ kotoko ~~~  BY 藤夏



入江くん、あたしは今日約束します 


あなたの傍を二度と離れないことを―――


◆       ◆       ◆       ◆       ◆


今日のあたしは世界で一番幸せなはずなのに どうしてだろう?
あふれそうになる涙が止められなかった


お父さんと一緒に ゆっくりと一歩ずつバージンロードを進む
少しずつ近づいてくる 世界で一番大好きな人

あたしが既に涙ぐんでいたからいつものように
「ばーか泣いてんじゃねえよ」 なんてからかわれるかな?って思ったけれど


今日のあなたは何も言わずに―――ううん

ほんの少し おばさまの辣腕ぶりに呆れながらも
あたしのことを「綺麗だ」って言ってくれたよね


その言葉とずっと夢に描いていた入江くんのお嫁さんになれることで
すっかりと舞い上がってしまったあたし


だってこれまでの数年間のことを考えたら 現実のことだって思えなかったんだもん



だからかな?

入江くんの「ぼーっとしてんじゃねえ」って お小言が何だかすっごく嬉しかったの
“あ、いつもの入江くんだ”って安心しちゃったんだよね


そうしてあたしは 嬉し涙で ちょっぴりはれたまぶたで
ザマァミロのKissと共に あなたとの永遠を誓ったの



眩しいくらい純白のドレスも とびきりのメイクも今日限りのものだけれど
左手の薬指にキラリと光る指輪 それはずっとあたしだけのもの


明日からの新婚旅行が終われば また入江家でいつもの毎日が始まる

だけど今までとは違う 新しい何かがきっと始まってゆくんだよね


ねえ――入江くん?



◆       ◆       ◆       ◆       ◆


「―――とこ?琴子っ」
「え、あはいっ」
「ったく――ぼーっとしてんな。不本意ながら披露宴会場に移動しないと」
「入江くん――逃げたい?」
「バーカ。今更何言ってんだ」


苦々しい表情で入江くんが話すのはあたしがぼーっとしていたせいだけじゃない。
きっとこれから始まる超ウルトラ大規模披露宴に戦々恐々としているから。

だってあのおばさま、じゃなかったお義母さんの企画だもんね。



「入江くん、あのね、ちょっと色々と考えていたの、あたし」
「なんだよ時間ないんだぞ」

「これから何十年か先になるかわかんないけど、もしあたしが先に亡くなったとしても、お願いだから、悲しんだりしないでね」

「――言ってる意味がよくわからないんだけど」

入江くんは呆れてものがいえないという感じ。


「あたし?入江くんに「お前と出逢えて幸せだった」 って思われるようにこれから、いっぱいいっぱい、入江くんに愛を注ぐからね」
「ま、今までも随分おまえには注いでもらってるけどな」
「そ、それはそうかもしれないけど」

そうあたしが口ごもった瞬間、あたしはぎゅっと入江くん抱き寄せられた。


「――先になくなる、なんて縁起でもねえこと言うな。おまえが離れていっておれが悲しまないわけないだろう――もうそんな思いはごめんだからな」

顔をあげるとちょっとだけ愁いを帯びたその表情 あたしははっとなった。

こんなおめでたい日に あたしったら何を言ってるんだろ―――


「ごめんなさいっ!あのあたし、そんな簡単に死んだりしないから心配しないで」
「ぷっ」
「な、なんで笑うの!?」
「確かにおまえの生命力はハンパないだろうから?余計な心配だな」


そういってニヤっと笑った入江くんの顔が あたしに近づいて2人の唇がそっと重なる―――


これで何度目かなんて もうとっくに数え切れなくなった イタズラなkiss――-


◆       ◆       ◆       ◆       ◆




入江くん大丈夫だから あたしは入江くんを残して どこかに行ったり絶対しないよ
これからずっとずっと あなたの傍にいるから そう約束する


だって幸せの場所はあなただから あなたなんだから



~~~ naoki ~~~   BY chan-BB



―「もしあたしが先に亡くなったとしても、お願いだから、悲しんだりしないでね」


結婚式は二人のはじまりを表す儀式。
そんな日に、琴子のやつはとんでもないことを言ってくる。

ったく、ホント縁起でもねーことを・・・。

やっとおれの世界に「色」がつきはじめたところだというのに。
おまえと出会って、見えなかったものが見え始めたところだというのに。
たやすく「死」なんて言葉を出すなよ。

おれは目の前の琴子の存在を確かめるように、ぎゅっと琴子を抱きしめた。
温かくて、柔らかくて、そして「生」を感じる。
そして安堵する。

でも・・・生まれた時から、おれたちは「死」に向かって生きているわけで・・・。
琴子のいうことが、非常に現実味を帯びていることも間違いない。
いつか必ずおれたちにも、別れというものが訪れてしまうのは確か。
そのいつかは、誰にもわからない。

もしおれが先に死んだら・・・琴子は泣いて泣いて泣いて・・・そして泣きながらも、あとの人生を琴子らしく必死で生きていくんだろうな。
もし琴子が先に死んだら・・・おれは・・・涙さえ出ないかもしれない。
ただあの時みたいに、雨の日に琴子を迎えに行く日までのあの何週間みたいに、仮面を被って心を閉ざして・・・色のない世界でただ一人、苦しい息だけをひっそりとして生き続けることだろう。
死んでいるも同然に・・・。


「ごめんなさいっ!あのあたし、そんな簡単に死んだりしないから心配しないで」

まるでおれの心の中を読み取ったかのように、琴子の弾んだ声が聞こえてくる。

バーカ

そしてまた「生」を確かめるように、おれと琴子はキスを交わす。


確かにおまえはそう簡単に死んだりはしねーよ。
そしておれも。
もっともっと、おまえがこのキスに飽きてしまうまで、おれがこのキスに飽きてしまうまで、おれたちは一緒にいなくちゃいけないんだ。
そしてそんな日は・・・生きている間には、永遠に来ない気がする。



「はいはいはいはい!仲が良いのは結構ですけど、披露宴会場に移動するハイヤーがずっと二人を待ってますよ~」

パンパンパンと手をたたいて、おふくろのやつが控え室へと入ってくる。
慌てて離れるおれたち。
琴子は少しとれた口紅を気にして、そっとわからぬように手で拭いていた。

ったく!昨日からおふくろはいいところでタイミングよく、おれたちの前に現れやがる。


「はいお兄ちゃん、琴子ちゃんはドレスで歩きにくいから、しっかりと手を繋いでエスコートしてあげてちょうだいよ!昨日の夜みたいにね?ふふふ~」

そしておふくろは、いちいちおれに指図をする。嫌みも含めて。
でも今日くらいは、きれいな花嫁の顔をたててやって、おふくろの言うことを素直にきいてやってもいいと思う。

おれは琴子の手を取り、外のハイヤーへと歩き出した―。



「ドレスが場所取ってしまって・・・入江くん窮屈だよね。ごめんね」

ハイヤーの後部座席は、琴子のドレスで溢れかえり、おれの脚さえもしっかり見えない状態だった。
でもふわふわとしたドレスの生地がおれにまとわりついているだけで、別に窮屈でもない。
むしろこの様子は、すごくきれいだと思った。


「結構いい眺めだ」
「なに?このドレス?」
「そう」
「こんなの着るの今日だけだもんね・・・。入江くんにもしっかり目に焼き付けておいてほしいな。さっき『きれい』って言ってくれたし・・・」
「きれいだ」
「入江くん・・・」
「ドレスが」
「もうっ!」


琴子が、手をあげて軽くおれを叩く。その琴子の手を、おれは笑いながら取った。
その左手には、さっき教会で交わしたばかりの指輪が見えた。
ドレスは今日だけのものかもしれないが、この指輪はずっとこれからも琴子の薬指で光っているのかと思うと・・・。


「わあ」


おれは琴子の左薬指にキスをしていた。
ずっと琴子の指で光り続けるのだろうと思うと、なんだかたまらなく指輪が愛しく思えた。


「ロマンチック」


琴子が目を輝かせておれを熱く見る。
そしてまた、その輝いた顔の琴子の唇にキスを一つ落とす。
この笑顔もなんだかたまらなく愛しい。


おれって、こんなにキスが好きだったんだ。
おれって、こんなに琴子が好きだったんだ。


見たことのないおれが、どんどん顔を出してくる。
ああそうだ。琴子と出会ってから、そんなことばかりだ。
琴子がおれの知らないことを、たくさん引き出してくれる。
そしてそれが、きっとこれからも永遠に続く。
どちらかが死ぬまで永遠に―。



―いっぱいいっぱい、入江くんに愛を注ぐからね


受け入れる覚悟は十分できているよ。
でもおれは、おまえがいつもおれの目の届く場所にいてくれたら・・・それだけで十分だから。


キスを交わしたあと、琴子は隣で頬を赤らめ、車外から入る光で指輪を照らして眺めていた。
その表情は、「しあわせ」を表している。
おれはその様子を、目を細めてじっと見ている。見ているだけでおれは「しあわせ」だから。

本当に今日の琴子はきれいだ――。



ああー
早く披露宴なんて終わってほしい
早く琴子を抱きてー・・・・・




**********

藤夏さん、素敵なお話をありがとうございます!!
これはちょっと前に藤夏さんにいただいたのですが、もう結婚式のエピとして琴子の心情がぴったり!!と感動してしまって、「結婚記念日にUPさせてください!」とお願いしていました。
このお話を藤夏さんは、ある歌を聴いてイメージされたらしく、私もその歌を聴きました。
結婚式ではよく歌われているらしく(最近結婚式に呼ばれることもなくなった私は、本当に知りませんでした・・・(^^;))まさにこのお話にぴったり!この歌をイリコトにあてはめると感無量!って感じで、歌を聴きながらうるうるしちゃいました(T_T)

navy&ivoryの「指輪」って歌なので、もしよかったら探してみて下さい(*^_^*)

そしてお詫びです。
直樹の方の最後の一文を入れるかどうかで、ものすごく悩みました(>_<)
もうそのセリフ一つで、藤夏さんのロマンチックなお話を台無しにしそうで・・・。
でも、結局入れちゃいました。入れたかったんです。
新婚旅行の最終日、「おれはもう平気じゃない」って名セリフをはく直樹がいるので、これもありかと・・・。
イメージ壊してしまってたら、ごめんなさいm(_ _)m

で、「結婚式前夜」「結婚式」ときたら、もう不発に終わったであろう(笑)「結婚式の夜」も書いてしまおうかと~~♪思ったりもしています( ̄m ̄*)
しかし、こんな夜更かししたのは、久しぶり。
イリコトの結婚記念日なので、がんばりましたよ♪

COMMENT

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by
2010/11/22(月) 12:33 [Edit
カメレオン琴子
こんにちは
さっき戻って来ましたら早々にお返事ありがとうございました。
ほぼ一緒の時間だったんですねぇ。なんだかぁ嬉しいなぁ~。

 藤夏さん お話ありがとうございます。 琴子はずいぶん先の事まで考えてるんですねぇ・・・。直樹も今まで色んな思いで たどり着いた今日という日・・・一日でも長く永遠に居たいよねぇ。先より今一日一日を二人で永くと よりおもっただろうなぁ。 ありがとうございました。

    chan-BBさん 遅がけ戻りになっちゃいました。昨日は昼~寝不足で生欠伸連発でした。

 色にどんだけの思いをこめてるのぉ 直樹は・・・。 琴子の色には一生飽きないだろうなぁ カメレオンのように変化を遂げる琴子だし。 ある意味 無色・・・死のような無の世界の直樹に シンプルだったり複雑だったり様々な色をこれでもかと降り注ぐもんね。生の世界を 無邪気に・・・飽きるハズがないよねぇ。
 
 少し書きましたが・・・直樹が抱きてー思う気持ち・・・ その通りだなぁ~と思ってます。
隙あらば 昨日~出没して それも良いタイミングで・・・速く速く二人っきりになりたくて その先にある気持ちが、抱きてー になったと思う。そりゃぁ~速く大勢の人目~琴子を遠ざけ 自分だけの琴子にしたい~
感じたい~抱きたいだろうなぁと思いました。
by 吉キチ
2010/11/22(月) 16:19 [Edit
追加
     こんにちは
 書き忘れましたが・・・結婚式の夜・・・いつでもよろしいですので その後をお待ちしてます。 
by 吉キチ
2010/11/22(月) 16:22 [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by
2010/11/22(月) 21:04 [Edit
今回のお話もとっても素敵なお話で…v
いつもいつも更新を楽しみにして待っています!
入江君と琴子ちゃんが本当に生きているかのようなお話で、いつも心を奪われます!!

これからも素敵なお話を楽しみにして待っております☆
Mamaのお話の続きもちょっと気になってます(笑)
また続きを書いて頂けらとっても嬉しいです*^^*
by ラブ入琴
2010/11/24(水) 16:59 [Edit
コメントありがとうございます(*^_^*)
コメントのお返事が遅くなってごめんなさい(>_<)


藤夏さま

この度は、素敵なお話をここに献上していただき、本当にありがとうございます。
私も藤夏さんとコラボできて、うれしかったです~(*^_^*)最後は間に合わないかも・・・と弱気になってしまってすみませんでした。でもなんとかやりました!!

何度もこれでいいのかと・・・結構いろんな箇所で迷いました。藤夏さんの書かれる琴子は、本当に純真で真っ直ぐでかわいくてたまりませんでしたから。それに合う直樹なのかと、本当に迷いました。
そして、結婚式に「死」を考えて口にしてしまうのも、とても琴子らしいし、先の人生を考えたら避けては通れないことなので、私は結婚式にある意味ぴったりだと思いましたよ。それだけ二人はずっと先まで一緒にいたいという気持ちも込められていると。

紀子ママは気がついたら登場してたんです(笑)。喜んでいただいてありがとうございます~♪
紀子ママが登場すると、どこか潤滑油のように話に柔軟性がもてますからね☆ちょっと私の描く今回の直樹は、かなりスピリチュアル的だったので(笑)紀子ママにちょっと助けてもらいました。

そして、最後の直樹の声・・・。
す、すみません・・・受け入れてくださって、ありがとうございます(>_<)事前にメールでお聞きしようかとも思ったのですが、聞けば優しい藤夏さんは「どうぞ」と言って下さる気がして、最後は自分で判断して決めてしまいました。
そう思ってたはずと言っていただき、本当にほっとしました。
今回、このイタKISS期間の最後に、藤夏さんと一緒にコラボできたことを心から感謝して、とてもうれしく思っています(*^_^*)とっても心に残る思い出になりました。
本当にありがとうございました。


吉キチさま

今回も早い時間での拍手と、またまたコメントまで・・・本当にありがとうございます。はじめの拍手コメは、すごい時間でしたよね?(笑)いや、本当に眠かったことだと思います。

今回は藤夏さんに結婚式にぴったりの、かわいくてきらきらと輝く琴子のお話をいただいて、うまくコラボできたのかと最後まで模索しながら、なんとか私も直樹サイドを仕上げていきました。

カメレオン琴子か~本当に琴子は色とりどりの世界を持つ女の子ですよね。それによって直樹は色のある世界をしっかりと見つめることになったと思います。
「抱きてー」直樹も“有り”と言っていただきありがとうございます。もうこの「抱きてー」直樹路線を突っ走って、「結婚式の夜」まで持って行きたいと思います(笑)。また読んでやってください~♪


ぴくもんさま

ありがとうございます!音楽の方もしっかり聞きながら読んでくださって、感激です!!きっと藤夏さんも喜んでくださっていることと思います。
藤夏さんのお話は、本当に歌にしっかりリンクしつつ、琴子らしい、ぴくもんさんのコメントにあるようにきらきらと輝く魅力的なな琴子でした(*^_^*)私の描く直樹は、いつもクセがありますからね・・・(^^;)その点で、これでいいのかと迷いましたが、直樹のモノローグにもグッときていただいたということで、私もホッとしました。ありがとうございます。

そしてそうです!藤夏さんの琴子サイドを読んで、「星空」に天国のお母さんを登場させたのもそのせいです。結婚式に「死」を考えてしまう琴子。これはやはり早くに亡くなったお母さんのこともあると思ってのことなんです。そこで対比的に元気でこれからもイリコトの傍で支えてくれるだろう紀子ママも登場させたのですが・・・ま、そこまで誰も私の拙い文章からは想像もできないはずで(笑)。ぴくやんが触れてくれて、とってもうれしいです~いつも深く読んでくださってありがとうございますm(_ _)m


ラブ入琴さま

お久しぶりです!いつも更新を楽しみにしていただいて、本当にうれしいです。ありがとうございます(*^_^*)
いや~もう自分ではどこか私の描くイリコトはずれていると自覚していたので、“生きているかのような”のお言葉はものすごく心に響きました。感激です(>_<)ありがとうございます。
そして「Mama」ですが、この話の続きの「結婚式の夜」を書いたら、やっと「Mama」の続きにかかろうと思っています(^^;)気がついたら完全放置になっていた「Mama」も覚えてくださっていてうれしいです!!がんばります!!
by chan-BB
2010/11/25(木) 08:49 [Edit
拍手コメントありがとうございます(*^_^*)
コメントのお返事が遅くなってしまってごめんなさい(>_<)

TOMさま

おはようございます。今回、本当に珍しい深夜UPでしたが、深夜にもかかわらず読んでいただいてありがとうございます。このイリコトの結婚記念日に、藤夏さんとのコラボが実現して、私も本当にうれしかったです。藤夏さんがお話を献上しださらなかったら、私何を書いていいかわからず、この日をスルーしてしまうかもしれませんでしたから(>_<)

そして原作では、なぜか式のはじめから入江くんは機嫌悪かったですよね。なぜそこまで?くらいに(笑)。でもそれは表面のポーズであって、いくら面倒でも絶対心はうきうき(入江くんらしくない表現ですが(^^;))していたはずと思っています!そしてそれはやはり・・・「抱きてー」もあったことだと( ̄m ̄*) ムッツリで本当に申し訳ない限りですが、TOMさんにも“有り”と思っていただき、私もホッとしました。うれしいです(*^_^*)そしていつもちょっとずれた私解釈の話ではありますが、「結婚式の夜」も書いてしまいました(^m^ )また近々UPしますので、まあそれもあり的に読んでいただけたらうれしいです♪


いずみさま

今回もしっかり読んでくださってありがとうございます!!いずみさんにも「抱きてー」は“有り”と言っていただき、本当に感謝です。「おれってこんなに・・・」の部分にも共感していただきうれしいです(^m^ )ちょいとキザではありましたが、そう思っているだろうな~と。だってさそり座だから・・・(またこのネタ・・・いったいいつまで引きずるやら・・・( ̄∇ ̄;) )でもまた爆笑させていただいたのは、入江くんが内心は「来世生まれ変わっても絶対巡り会ってやる」くらいの・・・いやホント!入江くんは見た目はクールですが、心はそれくらい愛情深い人だと私も思います!!そしてそんな入江くんに笑えます、いや訂正、萌えます~(☆w☆)


無記名さま(11/21 11:04)

ありがとうございます!!最後の一文にも「素敵」というお言葉、本当にうれしいです~~♪そして「結婚式の夜」も希望していただき、ありがとうございます。ハイ、調子にのって書いちゃいました~。かなり・・・な入江くんになってますが(^^;)よかったらUPした時に読んでやって下さい。


babaちゃま

こちらこそ読んでいただきありがとうございます。藤夏さんとのコラボ話で温かくなっていただいて、本当に私もうれしいです。最後の一文にも「正解」のお言葉・・・ううう、うれしいです。ちょっと直球ではありましたが、心のどこかでは必ず思っていただろうと、迷った挙げ句に入れてしまいました。そして続きも・・・またよかったら読んでやって下さい☆


紀子ママさま

おはようございます。深夜のUPでしたのに、読んでいただいてうれしいです。もう本当にコメントはいただくととてもうれしいですが、書いてくださる方にもかなり労力費やしてしまうことと思います(>_<)そんな中でのコメント、本当にありがたいです。無理だけはなさらないでくださいね。

そして藤夏さんとのコラボで、藤夏さんへのコメントもとっても素敵でした~いや~これは是非藤夏さんにお伝えしたいです(*^_^*)私も、投稿サイト様で藤夏さんのお話を楽しみにされていた方々に、喜んでいただけたのではないかと思っています。藤夏さんがここに献上してくださって、本当に幸せです。
そして直樹サイドですが、私は常々入江くんは琴子なしでは生きていけないと思っていました。琴子がいなくても表面上は変わらなくても、それこそ「色のない世界」で生きていくのだと・・・。琴子が入江くんの感情の中枢だという紀子ママさんのコメント・・・すごく深いです。しっかり同調させていただきます!!
ラストも・・・ふふ、笑っていただけてよかった~♪ありがとうございます♪
by chan-BB
2010/11/25(木) 08:52 [Edit
拍手コメントありがとうございます
くーこさま

しっぽブンブンありがとうございます~♪くーこさんのコメント、本当に楽しいですよ(*^_^*)
「抱きてー」の入江くん、人間になりました?(笑)ふふっ、そんな感じにとってくださってうれしいです(*^m^*)
そして先述のコメントからいったい「何熱に?」と思って気になっていたので、ここで書いてくださってすごくスッキリしましたよ!!なんと!そんなご趣味が!!す、すごいーーーーっ!!写メ下さいヾ(*´∀`)ノ☆って感じですけど(笑)うちは祖母がずっとそんな生活で、高齢になってからもTDLでそれで1日歩いても平気そうでしたもんね。イヤ~奥深いです。イタキスとはまた全く違うものですが、両立(って表現もなんか笑えますが)で「癒し」を感じてくださったらうれしいです(*^_^*)ぜひぜひこちらこそ、これからもかまってやってくださいね。
by chan-BB
2011/02/03(木) 12:33 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


プロフィール

千夜夢

Author:千夜夢

こんにちは。
素敵なイタキスの二次創作をたくさん読ませていただき、ついつい自身も二次創作なるものを書いてしまいました。
ここは、私の超個人的な妄想話置き場です。

原作者様、出版社様等とは一切関係ございません。
私の勝手な妄想話であるため、原作のイメージを大切にされる方、二次創作が苦手な方、二次創作が理解できない方は、ご遠慮ください。
また、ブログ内の全ての文章・いただきものを含む画像等の無断転載・転用を固くお断りします。

まだまだ拙い文章しか書けませんが、以上の注意をご理解いただき、読んでもいいかな~と思われた方のみ、ご閲覧下さい。
よろしくお願いします☆



カテゴリ



FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



最新記事



最新コメント



リンク

●Swinging Heart(ぴくもん様) swingingheart
●のんきもののお家(わさこ様) no banner
●日々草子(水玉様) 日々草子
●kiss shower(幻想夢 影菜様) kiss-shower
●雪月野原~snowmoon~(ソウ様) snowmoon
●初恋(miyaco様) no banner
●HAPPY☆SMILE(narack様) HAPPY☆SMILE
●イタズラなkissの二次創作マナーを考えよう!(イタkiss創作マナー執筆者X様)
●みぎての法則(嘉村のと様) no banner
●Embrasse-moi(ema様) no banner
●φ~ぴろりおのブログ~(ぴろりお様)
●真の欲深は世界を救う(美和様)
●イタKiss~The resident in another world ~(九戸ヒカル様)
●むじかくのブログ(むじかく様) no banner
●つれづれ日和(あおい様) no banner
●Snow Blossom(ののの様) no banner



素材拝借

 ミントBlue様               



Copyright © こんぺい糖と医学書 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ( ブログ限定配布版  / 素材: ふわふわ。り )