06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.08.24 *Tue*

爆ぜる音律 (後)


―夏の悪戯5題―

1.悪戯アイスクリーム
2.こわい夜
3.溺れあう熱帯魚
4.爆ぜる音律
5.冷たいイタイ甘いシアワセ

お題配布元:
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



「幹、花火」

「あ、うん」

同じく実行委員の啓太の促され、なんだかもめてる様子の琴子と入江さんが気になりながらも視線から離して、あたしは次の花火に火を付けた―。



それから予定通りに花火大会は進行し、イベントはクライマックスへと向かう。
今までは小さな花火を中庭にいる患者さんたちと一緒に楽しんだけど、最後は窓から眺めている患者さんにも一緒に楽しんでもらいたい。

―打ち上げ花火

市販のものでは、一番高価で豪華なこの一品。
予算の都合で、たった一つしか買えなかったけど、きっとこれは本格的な花火大会のようなフィナーレを迎えさせてくれると思わせる一品。


「け、啓太~、あたし、ドキドキするわ~」

「これを失敗したら、もうあとはないからな。おれが火を付けるから、幹はみんなをちょっと後ろに下げてくれ。これは今までと違って少し危険だからな」

少し神妙な面持ちの啓太の指示に従い、あたしは患者さんたちを一カ所に集めた。
啓太は中庭の少し離れた場所に花火を置きに行き、ギャラリーたちは息をのんでその一挙一動を見守っている。

どんな素敵な花火を見ることができるのか―。
果たして花火は無事打ち上げることができるのか―。

啓太が火を付けて、一目散にあたしたちギャラリーの場所に戻ってきた。


シューーーーー


初めは小さな音をたてて、花火が火を噴きはじめる。
ドキドキドキドキ


シャーーーーーッ


急に花火の音が大きくなり、辺り一面が一瞬昼のように明るくなる。


ポポポン ポポポン


小さいながらも、花火が打ち上げられはじめた。


「きゃああ~~~~たまや~~~~!!」

わ~~~、大成功よ~~~!!
うれしい~~~~っ!!
花火が花火が、昼のようにあたしたちを照らしてくれて、幸せを運んできてくれる~~~!

「・・・!!!!?」


―きゃあああああーーーーー
―わああああああーーーーー


ギャラリーからも一際大きい歓声が起き始める。
それは今日一番の大大大歓声!!!
その視線の先は・・・・。

花火の発光によって照らされた、花火の後ろの白いベンチ―。


「きゃああああああ////」


―そこには、今まさに、キス真っ最中の入江さんと琴子がいるじゃないのっ!!!?


琴子の両頬をしっかりと両手で覆い、しっかり唇と唇を重ねている二人!!
琴子は恍惚の表情で、花火に照らされていることもわからず、ただただ入江さんに身を預けている様子。
ス、ス、ステキーーーー///!!

一方入江さんは・・・・目が・・・目が・・・ひ~~~~っ!!
こっちを見てる、こっち見てる~~~~き、気付いてるわよ、しっかりと!!
・・・・でも、なんだかいまさら止められない感じの入江さん・・・・・。


―ぎゃあああああ~~~~
―やあああああああああーーーん
―うおおおおおおーーーー


さっきまでの大歓声の中に、なぜか男女問わずの悲鳴のような怒声のようなものが混じり始める。
それはさっき入江さんがはべらしていた女狐たちだったり、意外と多い琴子ファンの男性患者だったり・・・。


―ひゅ~~~~~~っ
―パチパチパチパチ


さらに、やたらとはやし立てる口笛の音や、感激の拍手のようなものも混じり始めた。
今中庭は、花火、歓声、悲鳴、口笛、拍手の混じり合った激しい爆音で包まれている~。

きゃーーーっ、今、斗南大病院は、最高の盛り上がり―――!!!
まさに、たまや~~~~~!!
この混じり合い爆ぜる音こそ、本日一番の、打ち上げ花火よ~~~!!


シューーーーー・・・・・


しかし盛り上がりに反し、だんだんと寂しい音をたてて、花火が小さくなり始める。
そしてあっという間に花火が消えると、周りは急に闇へとかわってしまい、まるで蜃気楼だったかのように入江さんと琴子の姿も見えなくなっていた・・・。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



「・・・ったく、琴子ったら、どこに行っちゃったのよ・・・」

花火大会もすっかり終わり、あれからみんな医療関係者は各々の持ち場へ、患者さんたちは病室へと戻っていった。
あたしも今はナースステーションで、すっかりお仕事モードに切り替わったというのに、琴子ったらあれから全く姿を見せず、帰ってきやしない。
仕事もしっかり始まってるというのに、いったいどこに行っちゃったのよ・・・。

しかし、さっきの中庭でのキスはびっくりしちゃったわね・・・。
ケンカした後は、「キッスで仲直り☆」って、意外に入江さんも天才なのに古典的なパターンなのね~・・・。


「・・・遅くなって、ごめんなさい」

「琴子!!」

静か~な声で、多少は悪いと思っているのか、琴子がナースステーションに戻ってくる。
周りのナースたちも、一斉に琴子の方を振り向く。

「もう琴子!あんたいったいどこに行ってたのよ!?主任もあんたがいないとさっきから・・・」

「ごめん・・・///」

小さく素直に謝る琴子のその顔を見て、あたしは思わず生唾を飲む。


―ふ、風呂上がり・・・///!?

琴子のその顔は、湯気がたちそうに赤く火照っていて、なぜかやたらとつるつると艶めかしい。
そして若干乱れて後れ毛が垂れている。
さらに、今から夜勤がはじまるというのに、気のせいかやたらとすでにくたびれて見えるナース服。
それに、で、伝線してるストッキング・・・。

・・・こ、これって、仲直りのキッスどころでは・・・。

きゃーーーっ!やだ~~~///!!
入江さんって、ケンカのあとは歯止め効かず燃えちゃうタイプなの~~~っ///!?


「入江さん!こんな時間まで、いったいどこに行ってたんですかっ!!?」

そこに清水主任が、ずかずかと怒り口調で現れる。
いくら見慣れているとはいえ、いつも以上にぴりぴりとしたその空気に、周りもいっきに清水主任に影響されてぴりぴりモードに変換してしまう。


「す、すみません・・・ちょっと入江くんの部屋(医局室)に・・・・・」

「!!!」


清水主任を筆頭に、思わずナースステーションのみんなの視線が琴子に集まる。
そして、そのやたらとつるつるぴかぴかした顔と、それに反してやたらと乱れた様子の琴子に、みんな絶句する。


―わ、わかりやすすぎるよ琴子・・・・そして、入江さん・・・・・


みんなさっきのキス事件を知ってるだけに、目がどこを見ていいかわからず泳いでいるのがわかる・・・。


「さ、ささっ!!みんな仕事に戻りましょう!お祭り気分はおしまいよ!」

パンパンパン―。
瞬時に空気を読んだ清水主任の、手を叩く音とやたらとハイテンションな声が、ナースステーションに響き、急に空気が仕事モードへと変わった。
琴子もそれに紛れて、こそこそと持ち場についた。


「桔梗さん、今日は花火大会大成功だったみたいね。さっき患者さんたちの部屋廻ったら、みなさんとっても興奮して喜んでたわ。お疲れ様」

清水主任があたしの肩をポンと叩き、ねぎらいの言葉をかけてくれる。


「あ、ありがとうございます・・・」

ハイ、大成功で、大盛り上がりでした。
きっとみんなにとってもある意味、最高に思い出深い夏の花火大会になったことだと思います。


でも、フィナーレの一番高価で一番豪華で、啓太が命がけで火をつけたメインの花火は、誰も見てませんでしたけどね・・・・・。




**********

夏の暑い日に、モトちゃんのテンションを保って書くのが、大変でした(^^;)
がんばったけど、それでもまだ、モトちゃんのテンションには及ばないような・・・。
でも、暑いから、これが限界です(笑)。

ちょっと長くなったので、前後編にしましたが、もともとあまり突っ込まず軽く書いていたので(^_^;)、ちょっとあっさりしててすみません。

でも「キッスで仲直り☆」(軌道修正)ってのは、原作でも入江くんの定番ですよね~♪



COMMENT

お願い
入江君視点のバージョンも読んでみたいです。
お願いします。
by 匿名
2010/08/24(火) 20:21 [Edit
 直樹ったら・・・
   chanーBBさん こんばんは
  どうなるか?色々想像していました。
 直樹が怒って泣かしちゃうかなぁとか、喧嘩とか色々(笑)なのにさぁ~見事に、想像と違い・・ 
 そうきたかぁと・・・ウワァ~(大爆笑)です。
  
          ぎゃぁぁぁぁぁ~~~の声は
 白いベンチで 濃厚すぎて止められないkiss 目撃者だったのねぇ。
 吉キチは 花火が暴発かぁ と一人ハラハラでした。 やられたぁ~。ですよぉ そうくるかぁ・・・。
  でも直樹らしい行動ですねぇ・・・止められない・・・。

 直樹ったら・・・ kissだけの花火だけで、満足できずに・・・
 啓太に抱きついたから・・・ お仕置きで? 琴子に盛大な花火打ち上げた?

 それとも 花火大会に尽力したご褒美ですかぁ?
  濃厚なぁご褒美ですねぇ。 羨ましい。
     
  5つのお題・・・お疲れ様でした。 それぞれに、楽しかったです。 ありがとう
by 吉キチ
2010/08/24(火) 21:57 [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by
2010/08/24(火) 22:53 [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by
2010/08/25(水) 16:27 [Edit
こんばんは。

不可抗力とはいえ、ねずみ花火から逃げるため啓太に抱きあげられた琴子。
そんな2人を見つめる入江君ですが、怖い怖すぎるよ入江君。
啓太を焦げ付かせるビームを放つなんて・・・

きっと、この後琴子は入江君にお仕置きされたんだと思うんですけど、お仕置きしている入江君も悪いんだよね。周りに女性をはべらかして登場するんだもん。

たまには、琴子から入江君にお仕置きしちゃえばいいのにね。

琴子が入江君にお仕置きしているところ見てみたい。(笑)
by りきまる
2010/08/25(水) 21:02 [Edit
コメントありがとうございます(*^_^*)
匿名さま

匿名さんのリクエストを読んで、入江くん視点を全く考えていなかったので、ちょっと妄想してみました。そしたら、なんだかとってもすごいエロコメが頭の中で浮かんでしまい、思わず慌てて消去してしまいました(>_<)まだ今の時点では、もっとまともなのが浮かんだら書くかもしれません?くらいしか言えませんが、このお話のリクエストしていただきありがとうございました♪うれしかったです(^^)/


吉キチさま

後編にも続けてコメントありがとうございます。いろいろ想像してくださったのですね~(^_^)。でも、今回は本当にオーソドックスに、よくあるパターンでまとめてみました。花火が周りを照らしている間のわずかな時間に、まるで夢のように映し出される二人のキスシーン♪・・・そう書くとすごくきれいですが、本当に騒がしい文章で、もう読んでる方々も、「しんど・・・」ってなっちゃったのではないかな~と思いつつ、私も高いテンション保ちながら書き上げました(^^;)その後、盛大な打ち上げ花火?になったかどうかは、ご想像にお任せします( ̄m ̄*)
夏のお題、なんとかコンプリートできて、ちょっとうれしかったです。全部読んでいただき、本当にありがとうございました。


ぴくもんさま

この日は二度も来ていただき、ありがとうございます~(^^)/本当に、よくあるパターンでまとめましたが、真夏の夜の蜃気楼として、斗南大病院でぜひ語り継いでいただきたいと思って(?)、こんな話にしました。ぴくもんさんは、いつも私の話をしっかり読んでくださってるから、即座に医局室で、ガッキーに買ってもらった黒いソファ(カッシーナなんですね?笑)を思い浮かべてくれたんですね( ̄m ̄*)「白い疑惑」から「黒い真実」へって、めちゃくちゃうまい言い方じゃないですか!!?(爆)
でも、啓太は可哀想でした・・・。今回も命がけで危険な火付けをやってのけたのに・・・。啓太はこの二人に関わると、いつもろくなことにはならないとこの日もきっと肝に銘じたことでしょう・・・(^_^;)


いいかげんママさま

こんばんは。お題なんとかコンプリートしました・・・お疲れ様のお言葉、とってもうれしかったです。ありがとうございます(*^_^*)なんとか仕上げると5題だけですけど、なんかホッとするもんですよね。どれも読んでくださって、ありがとうございました♪そしてそして、私はいいかげんママさんのイタキス談義がとっても興味深く大好きです☆直樹が「ミイラ取りがミイラ」的な感じ!!私も同意しますよ( ̄m ̄*)私の描くイリコトが「若いから当然」的な表現って書いてくださったのも、すっごくうれしかったです!!だって、もう私が若くないから(T_T)、いつもどこかおばさん臭が漂ってたらどうしうようと思ってたので(T_T)、イリコトだけでも若さを感じてもらえて感激です(>_<)!!いつも読んでくださってるというお言葉だけ、私は胸いっぱいです~♪コメントも気にせず、いつでも遊びに来て下さい~(^^)/


りきまるさま

こんばんは。入江くんのビームをしっかり描写していただいて、感じていただいて、ありがとうございます。りきまるさんの要点をついたコメント読んで、私も改めてビームのすごさにぞぞぞ~としましたよ(^^;)入江くんって、結構自分のことは放っておいて、琴子には要求厳しいところありますよね?(私だけですかね?そう思うのは?(`∇´))
入江くん視点をちょっと妄想してみたら・・・、まさにりきまるさんが書かれたように、琴子がお仕置きしてる場面が浮かんじゃったんです!!ええ、またそれが激しくエロコメで!!(爆)とりあえず消去しましたが、また浮き上がってきた時には、よろしくお願いします(^^;)どんなレスやら・・・。

by chan-BB
2010/08/26(木) 22:55 [Edit
拍手コメントありがとうございます(*^_^*)
愛結美さま

こんばんは。ステキのお言葉、ありがとうございます(^^)/やかましいお話でしたよね・・・(^^;)でも、こういうお話、愛結美さんには大好物とは、私、感激です~☆また書いちゃうかもしれませんよ。入江くん視点も・・・かなりどん引きされるかもしれませんが、脳内ではおっそろしいのが暴れていますので・・・。


まあちさま

こんばんは。また、朝に読んじゃいましたか?( ̄m ̄*)こんなお話でも、一日頑張れそうとおっしゃるまあちさんは、尊敬に値しますぅm(_ _)mもうはちゃめちゃなお話でしたが、前後編どちらにもうれしいコメントありがとうございました(^^)/


繭さま

こんばんは。前編にひきつづき、コメントありがとうございます♪今回、初めて啓太を登場させてみましたが、本当に脇役で(^_^;)申し訳ないくらいでしたね。でもまたいつか登場させてみたいな~と思ってます。直樹と琴子はけんかしながら、場所を移動して口論していたという感じに妄想していました。そして少しずつ誤解(?)が解けて・・・あんなことに・・・( ̄m ̄*)そして、繭さんもさすがによく読んでくださってるから、医局室=例のソファを思いだしてくださって!!冷静な繭さんのコメントの中の「着替え一式置いてたら」ってのに、妙にうけました!まるで医局室が彼氏の部屋みたいになってますもんね!?(笑)そして繭さんの最後のコメント、まさにこれがこのお話を書いた理由みたいなもんです。斗南大病院で、また伝説のようにこの二人の話を語り継いでほしいな~なんて♪幸せのおすそわけですね(^_-)
by chan-BB
2010/08/26(木) 22:58 [Edit
拍手コメントありがとうございます(*^_^*)
くーこさま

こんばんは。くーこさんいろいろとお忙しいのに、後半にもコメントくださって、ありがとうございます(>_<)無理だけはなさらないでくださいね。ふふ、でも後半では入江くんの激しさを楽しんでいただいた(?)みたいで、私もうれしいです( ̄m ̄*) やっぱ計算尽くですかね?琴子はいつもよくわからず、でもノってくれて、入江くんもさぞかしやりがい(?)があることだと思います( ̄m ̄*) 2学期始まりましたけど、行事の多い学期ですので、お互いうまく消化していきたいですね~♪
by chan-BB
2010/09/03(金) 23:05 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


プロフィール

千夜夢

Author:千夜夢

こんにちは。
素敵なイタキスの二次創作をたくさん読ませていただき、ついつい自身も二次創作なるものを書いてしまいました。
ここは、私の超個人的な妄想話置き場です。

原作者様、出版社様等とは一切関係ございません。
私の勝手な妄想話であるため、原作のイメージを大切にされる方、二次創作が苦手な方、二次創作が理解できない方は、ご遠慮ください。
また、ブログ内の全ての文章・いただきものを含む画像等の無断転載・転用を固くお断りします。

まだまだ拙い文章しか書けませんが、以上の注意をご理解いただき、読んでもいいかな~と思われた方のみ、ご閲覧下さい。
よろしくお願いします☆

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

リンク

●Swinging Heart(ぴくもん様) swingingheart
●のんきもののお家(わさこ様) no banner
●日々草子(水玉様) 日々草子
●kiss shower(幻想夢 影菜様) kiss-shower
●雪月野原~snowmoon~(ソウ様) snowmoon
●初恋(miyaco様) no banner
●HAPPY☆SMILE(narack様) HAPPY☆SMILE
●イタズラなkissの二次創作マナーを考えよう!(イタkiss創作マナー執筆者X様)
●みぎての法則(嘉村のと様) no banner
●Embrasse-moi(ema様) no banner
●φ~ぴろりおのブログ~(ぴろりお様)
●真の欲深は世界を救う(美和様)
●イタKiss~The resident in another world ~(九戸ヒカル様)
●むじかくのブログ(むじかく様) no banner
●つれづれ日和(あおい様) no banner
●Snow Blossom(ののの様) no banner

Copyright © こんぺい糖と医学書 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ( ブログ限定配布版  / 素材:hadashi )    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。