06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.06.17 *Thu*

夢の階段 B


―「ここでキスのお題」―

1.朝の食卓
2.午後の屋上
3.雨の車中
4.夕方の公園
5.夢の階段

配布元:COUNT TEN.

お題最終作品になります。
「短文でさらっと」を心がけて書こうとしたお題シリーズ。
最終回のこの作品・・・、「長文でねっとり」になってしまいました(>_<)
も、申し訳ない!!って感じです・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



―琴子、おまえ、ほんまに入江でええんか?
―琴子、今やったら、まだ間に合うぞ・・・・。


今日はほんまやったら、おれの人生のパートナーになるはずやった琴子の結婚式や。
おれは二週間前に、人生最大の失恋をしてもた・・・。
ほんまに苦しい。
今もまだ苦しい。
だから今日は、入江と琴子の結婚式なんか、出とうなかった。
それでも今日、おれがこの結婚式に出席したんは、ほんま最後の望みで、琴子が入江に最後の最後で裏切られたりせーへんか、それを確かめるためや!
噂では急に決まった結婚式に、入江は相当不満やと聞いたさかい。
幸せになるはずの琴子が、幸せにならんかったら、おれは絶対入江を許さんからな!
だから今日は失恋で打ちのめされた身体を奮い立たせて、ここまでやってきたんや!

そしたら案の定!!
入江の野郎は、式の前からいつも以上に不機嫌な顔をしとるやないけ!?
こんな・・・・こんなきれいな花嫁もらうというのに、そのしけた顔は何やねん~~~!?
しかも式で、誓いのキッスの時!!
琴子からキッスしよったやないかいっ!!
こんなもん、ふつー男の方からするもんやろ?


・・・琴子、ほんまおまえは入江に愛されとるんか・・・?



教会での結婚式が終わり、参列者たちはみんなホテルの披露宴会場へと行ってもた。
今日はおれの企みを知ってか知らんか、じん子と理美の監視の目がホンマ厳しかった。
しかしおれは、必死であいつらをまいて、まだ教会に残っとる。

まだ琴子と入江もここに残っとるさかいな―。

さっき式を終えたばかりの教会で、琴子と入江は二人で座っとる。
式の関係者の男が二人に説明に来たのを、おれもしっかり聞いとった。
琴子がウエディングドレスのまま乗れるタクシーが、少し遅れとるからもう少しここで待ってろとのこと。
ええチャンスや。
今は周りに人もおらへんし、ちょうど琴子と入江を観察するのに最適な時間や。
何かここで入江のやつが、琴子を拒否するような本音をもらしよったら、おれは、おれは・・・・・。


―琴子を奪って、逃げたるからな!!



おれは教会の一番後ろの席に身体を隠し、興奮する心を抑えられへん。
琴子、おれはいつでもスタンバイOKやからな・・・。


しかし、さっきから観察しとるけど・・・、やはり入江のやつがしけた顔してるのがめっちゃ気に食わん。
琴子はうれしそうにしきりに入江に何か話しかけとるが、入江はそのたびに眉を顰めて、どう見ても琴子の方を睨んどる気がする。
何を話ししとんか気になって仕方ないから、おれは少しずつ席を前に、二人に気づかれんように進んで行く。


・・・清里がどうとか言っとるのう?
ん?
いつから好きだった?って?
琴子、おまえ、結婚するというのに、まだ入江にそんなこと確認しとる段階なんか?
入江は、おまえにまだ「好き」と言うてないんか~!?

琴子が必死で入江に何度も何度もそんな質問をしよる。
その度に入江のやつは、むすっとしてどんどんどんどんしけた顔をして、全然琴子の言うことに答えてやってない。

どういうことやねん、入江!!
こんなかわいい花嫁姿の琴子が横におるというのに、なんでおまえはそんなにしけた面しとるねん!!
おれやったら、こんなかわいい琴子をそんなしけた面で見ることは絶対せーへん!
こんなかわいい花嫁もらって、うれしいと思わへんのか!?

おれはだんだん、隠れていることにあほらしくなってきた。
気が付いたら、おれは立ち上がっていた。
少しずつ足が自然に前に踏み出して行くのに気づく。
あかん、もう止まらへん。
入江おまえが、もっと琴子のことを思って、琴子のことを好きで、琴子のことを幸せにするとしっかりわかったら、おれだってこんなことせーへん。
入江、おまえが悪いんや・・・。



「・・・・・・・・・」

おれは、急に足がすくんで思わず歩み寄る足を自分で止めてもた。
何か身体がふわふわして、夢でも見てるような気がしてきた。

「・・・・・・・・・」

おかしい・・・おれはとうとうおかしくなってもた。
おれの目に、あり得へん光景が映し出されとる。
琴子に恋焦がれ過ぎて、おれはとうとう幻覚を見るようになってしまったんかもしれへん。
あかん、おれ、完全いかれてきた・・・。


「おれは・・・今、夢見とるんよな・・・・?」

「夢じゃないわよ、現実よ」

ふいにおれの耳元で現実的な声がして、おれは振り返った。

「い、入江のおかん!!」

「しっ!金ちゃん静かにっ!!」

おれは入江のおかんに頭をぎゅっと押さえつけられて、無理やり座らされた。


(な、なんでおばはん、ここにおるねん!?ホテル行ったんちゃうんか?)

(金ちゃん黙って!お兄ちゃんに気づかれたら、この結婚式の隙間ビデオが台無しになっちゃうじゃない!!静かにして!)

またビデオか・・・、このおばはん、いっつもビデオばっか撮っとるのう。
・・・まて、ビデオ?
さっきからずっと撮影しとるんよな。


(おばはん、さっきの映像見せてくれ!)

(きゃあ、な、何よ。揺らさないでよ!)

(さっき、おれ、変なもん見てもたんや・・・。おれ、きっと琴子の結婚式というだけでおかしくなって、何か幻覚見てもたと思うねん。確認したいねん!)

(ああ、さっきって、お兄ちゃんが琴子ちゃんにキスしてたこと?)

(・・・・・・・・)

(お兄ちゃんったら、人目がなくなったら、ああしてね~。ふふっ///)


おれは入江のおかんの言葉に、失神しそうになった・・・。
あかん、入江のおかんにもしっかり見えてたんや・・・。
ということはあれは、あれは・・・いや、まてや!ただのキスちゃう、あれはただのキスちゃうぞ。


(・・・・・・っかいちゃうぞ・・・・)

(へ?)

(一回ちゃうって言ってんねん!!さっきから入江のやつ、ちゅっちゅっちゅっちゅっ、何回も琴子の顔中にやってたやろ!!あれが、現実のわけないやろっ!!?)

(ああ・・・・やってたわね何回も、ふふ///)

(・・・・・・・・)



「うおぉぉーーーーーーーーっ!!!」


おれは、堪えきれずでかい声をだして、立ち上がってしもた!
こんなこと・・・、こんなこと・・・・、入江が琴子にちゅっちゅっちゅっちゅっ・・・・、有り得へんやろーーーーっ!?


「き、金ちゃん!!?」

琴子がおれの声に気づいて、教会の前の席から立ち上がっておれの方を向く。

「琴子・・・・・琴子、おまえ、おまえ・・・・」

おれは少しずつふらふらと、また前の方へと歩き出して行く。

「琴子、おまえ・・・・、愛されとんのか・・・?」

「金ちゃん・・・・」

入江のやつ、式でもあんなにしけた顔ばかりして、誓いのキッスも琴子にさせといて。
琴子、おまえはそれでも入江に愛されてると思っとるんか・・・・!?


「うん・・・///」

琴子が頬を赤らめて、なんとも幸せそうな顔をしておれの方を見る・・・。
おれは立ち止まってもた。


「・・・そ、そっか。それやったら、ええわ・・・・ははは」

「金ちゃん・・・」

琴子の幸せそうな顔を見たら、急に力が抜けてもた。
その時、黒い服を着た男と女が教会に入ってきて、琴子と入江の方に向かうのが目に映る。

「お車の準備ができましたので、新郎新婦はこちらの方においでください」

女の方が琴子の長いベールを持って、二人を誘導しながらおれの横を通り過ぎていこうとする。
かなり急いでる様子や。


「金ちゃん、今日は来てくれてありがとうね・・・」

おれの横を通り過ぎる時に、琴子が少し涙を流しておれに声をかけた。

泣かすつもりはなかったやで、琴子・・・ただおれは・・・。

そしておれの横を琴子より少し遅れて入江のやつがすかした顔で通りすぎようとする。
こんな時も、こいつはほんまにいけすかん無表情な顔をしとる。



「むっつり」



入江がおれの真横を通る時に、そう声をかけてやった。
一瞬入江が立ち止まりよった。
ちらっと横目でその顔を見たると、少し目のあたりがぴくっと動きよったが、また何事もなかったように、入江はすかした顔で通り過ぎた。


「むっつり、むっつり、むっつりーーーっ!入江のむっつり野郎―――っ!!」


おれは振り返り、入江の背中に向かって教会に響き渡るくらいでかい声で叫んでやる。


「ようわかったわ!!おまえはむっつりを隠すために、そんないつもしけた顔してたんやろ!?おれもそれにだまされてもたわ!!ああー、ホンマ、むっつりの考えることはようわからんわ~!?」


負け犬の遠吠えと言われてもええ。
なんかもう、今は叫ばなやってられへん。
おれは教会から姿を消しかけようとする入江の後ろ姿に、しつこく罵声を浴びさせてやった。

そしてなんかやっと・・・、おれは目が覚めた気がする。
いや、ほんまは入江から琴子と結婚すると言うてきた時からわかっとったんや。
そやけどおれは、どっかでまだ信じたくなかったんやと思う・・・。
もしかしたら今日・・・・、まだしつこくどこか期待してたんやな、あほなおれは。
ほんで未練がましくやって来て、結局また入江のやつにガツンと頭叩かれてもたんや・・・。

でもまあ、とりあえず・・・、琴子だけの一方通行な結婚でなくてよかった。
それはほんま、よかったわ・・・。



「金ちゃん」

「なっ、ま、まだおったんか、入江のおばはん!」

おれは少し溢れかけた涙を、慌てて手で拭ってわからんようにした。

「はー、やっと琴子ちゃんとお兄ちゃん、夢への第一歩って感じよね」

「はあ?第一歩?もう、あいつらは夢叶ったって感じやろ~?」

そうやろ。
あいつらは今日で夢叶って、おれは今日で夢破れたんや。

「何言ってるの!?これからよー!そして金ちゃんも、こ・れ・か・らよ~~!」

そう言って、入江のおかんが、おれの背中をバンバン叩きやがった。

「うっ、おえっ!お、おばはん!きつく叩きすぎや!」

「残念だけど、金ちゃんと琴子ちゃんは道が違っていたのよね。でも、金ちゃんには他に必ず一緒に道を歩んでくれる女性がいるはずだから、しっかりこれからも歩いていきなさいよ!」

バンバン―。

「叩くなっちゅうねん!琴子以外にそんな女性おるわけないやろ・・・。ええねん。おれには料理人の道があるから。おれはそれでええねん・・・」

そうや、琴子を好きになって、おれは料理人への道を進んだんや。
琴子を好きになって、琴子には振られてしもたけど、おれにはしっかりこの道が残っとる。
これは琴子を好きになった証や。
この料理人への道が、琴子を好きになったことが無駄でなかったと証明してくれるはずや・・・。


「ほら、金ちゃんも披露宴行きましょう。琴子ちゃんのお色直しみたいでしょう?」

「・・・そ、そやな・・・。琴子のかわいい他のドレス姿も見てみたいわ。めっちゃ悔しいけど、こんな日しか見れへんさかいな」

「そうそう」

おれは入江のおかんに背中を押されて、気持ちを切り替え教会から出て行こうとする。
でもなんで恋敵やった入江のおかんにおれは付き添われてるねん。
どんな構図やねん・・・。


「しかし、お兄ちゃんも失恋した金ちゃんに対して、ほんとに失礼なことするわよね」

なんやねん、今さら。

「金ちゃんが後ろのいるのわかってて、あんな琴子ちゃんに何度もキスなんかしたりして、ホント、ひねくれているというか・・・・」

「な、なんやとーーーーっ!!?」

い、い、入江のやつ、おれが後ろから見てたんを知ってたんか!?

「だってお兄ちゃん、金ちゃんが立ち上がった時、ちらっと後ろ確認してたでしょ。気づかなかった?そしたらそのあと、あんな琴子ちゃんにキスを///。まあ、いいビデオが撮れて、あたしはうれしいけどねっ!金ちゃんのおかげって感じかしら?」

「・・・・・・・」




い、い、入江―――――っ!!!!




この、性悪むっつり鉄仮面男がーーっ!
琴子・・・おまえ、ほんま男を見る目ないで~・・・・。


しかしそれでも、琴子は入江に心底惚れとるんよな。
しゃーないな・・・。


―入江!!おまえも琴子と同じくらい心底琴子を愛せよ!


おれは、おれは・・・琴子がしあわせやったら、もうそれでええわ・・・・・。




**********

ここまで読んでくださりありがとうございますm(_ _)m
エセ大阪弁、かなり読みづらかったと思います・・・すみません(>_<)
関西弁も地域により微妙に言葉が違うので、多分いろんな関西弁が混じってると思われます(T_T)

金ちゃんの一人称を原作で改めて調べたのですが、この結婚あたりは「おれ」って言ってるのですが、その後は「わし」になっているんですよ。
これは新発見でした!!

タイトルの「夢の階段」は直接的に文章に表さなかった(表すことができなかった 苦笑)ですが、全体の雰囲気から感じてもらえたらな~と思います(^^;)


COMMENT

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by
2010/06/18(金) 09:24 [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by
2010/06/18(金) 12:30 [Edit
コメントありがとうございます(*^_^*)
ぴくもんさま

こんばんは。金ちゃん目線でした☆本当に大阪弁、難しかったですね(^^;)文章で意識すればするほど大阪弁がわからなくなってきて(>_<)「してるねん」?「してんねん」?、「しとうねん」とすると神戸弁だなとか・・・もう最後は感覚でみなさん読んでくださいって感じになってしまってましたが・・・(^_^;)そして「おれ」ってこの頃は原作でも金ちゃん言ってるのですが、やはり私的には「わし」の方がしっくりくるような気がして、書きながらもかなり違和感を感じてたりもしました。今回、本当にいろいろ勉強になりました。
よく私たちが言う、直樹の「むっつり」(笑)。今回はダイレクトに金ちゃんに言わせてみました( ̄m ̄*) 金ちゃんにならそれをいう権利もあるでしょう!?って感じで。でも、お題でいろんな人の視点を書けたのは、楽しかったです☆


藤夏さま

こんばんは。金ちゃん視点に、藤夏さんにこんなに熱烈歓迎(?笑)してもらえるとは!!私も今回この話を書いたのは、藤夏さんと同じく、たった二週間で金ちゃんが気持ちの切り替えをしようと思っていてもそう簡単にできるわけがないと思ってのことです。そして結婚式が終わるまではどこか「夢」を見てたのでは?という方向で書いてみました。結婚式を過ぎると、なんとなくもう整理するしかないという方向にいきそうですしね(^^;)この話を原作補完として見ていただいて、本当にうれしかったです。ちょっと強引な解釈でもあるかな~といつもながらに思いつつ、でも書いちゃってましたので(^^;)でも、原作でもそうですが、こんな辛い経験の後も、しっかりと料理人の道をがんばった金ちゃん。だからこそ、クリスという素敵な女の子にも巡り会えたのですよね(*^_^*)
そんな金ちゃんの辛かった気持ちを思えば、「むっつり」と言われるくらい直樹も問題ないでしょう?(笑)というか、本当に「むっつり」だと思いますし(^m^ )そしてそうそう!!「むっつりと言えば、あの方も思い出しますよね( ̄m ̄*)ムフ☆
by chan-BB
2010/06/19(土) 23:12 [Edit
拍手コメントありがとうございます(*^_^*)
まあちさま

こんばんは。そこに反応してくれましたか!?(笑)でも私も、他の方の作品ならそこに反応したと思います( ̄m ̄*)すみません、紛らわしくて(笑)。どうして琴子がこんな優しくて愛情たっぷりの金ちゃんになびかなかったのか?これって、金ちゃんと琴子ってどこか「気質」が似ているからかもしれませんよね?(あくまで仮説)それにくらべて、直樹・・・この嫌みなシーンは非難を浴びるかと密かにドキドキしていました(>_<)意味的には、まあちさんと同じですよ♪「琴子はおれが幸せにする(安心しろ?)+琴子はおれのもの」って感じでしょうかね(^^;)うんうん、前回のコメント同じくまたまた目から鱗ですが、男の子たちも本当に引き際はよかったですよね(T_T)常に相手のことを思いやるって気持ちが、私たちが原作を愛してやまない理由かもしれませんよね・・・。


繭さま

こんばんは。誰の視点か考えてくれてたんですね~。大阪弁に苦心した金ちゃんの回でした(^^;)今回は金ちゃんが「むっつり」とダイレクトに直樹に言っちゃいましたが、金ちゃんってかなりはっきりと直樹にものを言える、数少ないキャラでもありますよね?言葉に偽りがないから、どこか憎めなくて、そして「愛」を感じちゃうキャラでもありますよね。嫌みったらしい直樹のキスは、繭さんの解釈どおり、まさにどんぴしゃりの感覚で私は書きました!!「安心しろ」と「おまえにもうチャンスはない」ですね( ̄m ̄*) そして金ちゃんと紀子ママの絡みも、かなり珍しいと思いつつ、原作で金ちゃんが紀子ママをどう呼んでるかとかちょっと調べたら「おばはん」とかだったので(笑)、今回も「おばはん」「入江のおかん」とお行儀悪いですが、使わせてもらいました(^^;)。琴子にとっては夢のような一日、金ちゃんにとっては悪夢のような一日・・・、繭さんの言われるとおりです!あ~それ、そのまま文で使えば、もっと「夢の階段」ってタイトルにあってたのにな~と思わせてもらいました(*^_^*)
by chan-BB
2010/06/19(土) 23:30 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


プロフィール

千夜夢

Author:千夜夢

こんにちは。
素敵なイタキスの二次創作をたくさん読ませていただき、ついつい自身も二次創作なるものを書いてしまいました。
ここは、私の超個人的な妄想話置き場です。

原作者様、出版社様等とは一切関係ございません。
私の勝手な妄想話であるため、原作のイメージを大切にされる方、二次創作が苦手な方、二次創作が理解できない方は、ご遠慮ください。
また、ブログ内の全ての文章・いただきものを含む画像等の無断転載・転用を固くお断りします。

まだまだ拙い文章しか書けませんが、以上の注意をご理解いただき、読んでもいいかな~と思われた方のみ、ご閲覧下さい。
よろしくお願いします☆

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

リンク

●Swinging Heart(ぴくもん様) swingingheart
●のんきもののお家(わさこ様) no banner
●日々草子(水玉様) 日々草子
●kiss shower(幻想夢 影菜様) kiss-shower
●雪月野原~snowmoon~(ソウ様) snowmoon
●初恋(miyaco様) no banner
●HAPPY☆SMILE(narack様) HAPPY☆SMILE
●イタズラなkissの二次創作マナーを考えよう!(イタkiss創作マナー執筆者X様)
●みぎての法則(嘉村のと様) no banner
●Embrasse-moi(ema様) no banner
●φ~ぴろりおのブログ~(ぴろりお様)
●真の欲深は世界を救う(美和様)
●イタKiss~The resident in another world ~(九戸ヒカル様)
●むじかくのブログ(むじかく様) no banner
●つれづれ日和(あおい様) no banner
●Snow Blossom(ののの様) no banner

Copyright © こんぺい糖と医学書 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ( ブログ限定配布版  / 素材:hadashi )    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。